ピクシブ百科事典

マザコン

まざこん

マザー・コンプレックスの略称。子供の母親に対する強い愛情や執着を持つ状態。
目次[非表示]

概要

マザー・コンプレックスとは、子供母親に対する強い愛情や執着を持つ状態。またはそんな人物を指す。あるいは、女性観や劣等感も母親の影響によるマザコンも含まれる。
心理学者のフロイトユングによってこの心理状態が唱えられた。

ジャパンでは1980年代半ばからこの言葉が作られ、親離れできない、自己判断力が欠けた、甘えん坊のダメな子供(とくに野郎)に対するレッテルとして使われた。その人物の性別や年齢に基本際限はない。
長編古典源氏物語』で光源氏は亡き実母の面影を持った義母の藤壺に恋心を抱き、ついにはいけない関係を持った。しかも、藤壺の生き写しの姪の若紫を育てて正妻に迎えており、その後も光源氏は藤壺の姿を追い求めた女子遍歴を続けた。

イタリアではマンモーネ(mammone)、アメリカではママボーイ(mama's boy、mommy's boy)と表現されている。ただし、現代日本(昔の日本では親の傍にいて仕えるのは美徳だった)ほどネガティブなイメージはなく、単に親孝行や母親思いという意味で使われている。

そんなマザコンな子供が歳を幾つとっても公衆な面前でも、母親に対する呼び名はママママン)と決まって呼ぶのがお約束である。

代表例


史実におけるマザコン

実際のマザコンは実害がなかったのではないか…と思いきや、「史実は小説よりも奇なり」と言いたくなる面々が多い。

  • ネロ・カエサル・アウグストゥスローマ帝国第5代皇帝。キリスト教徒を迫害した暴君として悪名高いが、母・アグリッピナによる全面的画策で17歳で即位させられ、その後も母による政治介入を受け、永らく母の影響下にあった。
  • ルイ9世:フランス国王。早くに父君のルイ8世を亡くして母君のブランシュ姫が摂政になった。彼女への依存が強く、妻であるマルグリットとの逢瀬もままならなかったとされる。一方でキリスト教に深く帰依した名政治家で、十字軍を率いる知勇を持っていた。
  • 豊臣秀吉:母である"なか"(大政所)に殆ど女手一つで育てられたことから親子の恩情と絆は極めて強かった。彼女が死去した時は死に目に会えなかったため、秀吉は倒れてしまったとも言われている。
  • 徳川綱吉:母への愛着が異常に強かったことで有名。「生類憐みの令」も母とその親交のあった僧侶の進言を受けて作られた。綱吉は愛する母に高位を与えるよう朝廷に訴え、その勅使接待役が浅野内匠頭と吉良上野介であったため、彼のマザコンが元禄赤穂事件の一因という説もある。
  • スターリン:悪の独裁者として名高く、長男すら見捨てた彼も母であるケテワン・ゲラーゼには頭が上がらなかった。スターリンはカフカースの宮殿に母を訪ね、「お母さん、ボクはツァー(皇帝)のような仕事をしてるんだよ」と逐一報告に来るほどに畏れ、愛していた。

関連タグ

性格 ママ 母親 母子 母娘 親子 R-18
コンプレックス ロリコン ファザコン シスコン ブラコン
エディプスコンプレックス グレートマザー 母性は原初のエロス

pixivに投稿された作品 pixivで「マザコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221720

コメント