ピクシブ百科事典

マシュマー・セロ

ましゅまーせろ

マシュマー・セロ(Mashymre Cello)とは、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場人物。
目次[非表示]

ネオ・ジオンの将校で、ハマーン・カーンを心底崇拝している。19歳。
声:堀内賢雄さん。

「ハマーン様バンザァァァァァァァァァァァァァイ!!」

劇中での活躍

登場当初は宇宙巡洋艦「エンドラ」の艦長を務めるネオ・ジオンの「騎士」として登場。
グリプス戦役後のサイド3の譲渡と、ザビ家再興を狙うネオ・ジオンに協力させるために各コロニーへ進出していた。
その途中、先の戦闘で満身創痍のアーガマが寄港しているサイド1のコロニー「シャングリラ」に駐留。
マシュマーはシャングリラ内を視察中に、ファに付き添われた車椅子カミーユと遭遇し、その様子に多少の同情を示すが、彼がエゥーゴの要とも言うべきエースパイロットであった事には気付かなかった。
そしてアーガマを発見し、自らモビルスーツを駆って襲撃するが、成り行きでパイロットになったジュドー・アーシタの駆るZガンダムによって幾度となく退けられる。
その後、アーガマがシャングリラを発進してからは、準サイコミュ搭載のハンマ・ハンマを用いて、ついにΖガンダムの頭部を破壊するまでに至るが、あと一歩のところで新型として登場したZZガンダムに阻止される。

この頃のマシュマーは容姿容貌は美麗な貴公子である一方、主君たるハマーン・カーンへの極端な尊崇と恋慕の情の入り交じった思いを抱くあまり、三枚目的な珍行を繰り返す面白おかしい人物であった。
特に、ハマーン直々にたまわった薔薇については傷まぬようコーティング処理を施し、戦闘中を含め常に制服の胸に挿し大切にしていた程である。
また、「ハマーン様のお言葉」を思い出しては頬を赤らめてありがたがり恍惚状態になるシーンは、番組第1クールにおいて定番の“コーナー”と化していた
一方、ファ・ユイリイに一目惚れして勝手に「天使殿」などと呼んでおり、一事が万事大時代的なロマンチストな一面も見られる。
そんな調子であるため、部下のゴットン・ゴーにすぐ後ろで愚痴を言われたり、戦いに徹しきれない情があるなど、やる気空回り気味の憎めないライバルキャラでもあった。

しかし度重なる失敗の責任を問われるかたちで表舞台から遠ざけられ、後に強化手術を施された上で再登場。
その際には艦隊や新型モビルスーツ等を与えられるも、副官兼目付け役としてイリア・パゾムを付けられる。
性格は強化手術によって不安定ながらも冷酷非情に変化しており、ダブリンへのコロニー落としを実行。その後も宇宙に上がったジュドーたちを付け狙う。

グレミー・トト率いるニュータイプ部隊の反乱の際には、ザクⅢ改で先陣を切って出撃し、プルツーが搭乗するクィン・マンサに単機特攻を敢行。クィン・マンサの嵐のようなオールレンジ攻撃網を突破し(その際に4機のファンネルを破壊している)、更にはメガ粒子砲をもかわし切り、その勢いに乗じてビームサーベルで一太刀あびせる等圧倒し、正に鬼神の如き戦いぶりを見せた。
その後はグレミーの反乱に加担したラカン・ダカラン率いるスペースウルフ隊と戦闘。
乗機のザクⅢ改1機で性能的には同等のドーベン・ウルフ5機を相手に互角以上に渡り合う奮戦を見せる。
その暴走とも言える様は凄まじく、複数機から有線式腕部に絡めとられて電流を流し込まれ、四方からメガランチャーを浴びせられるもそれをはね返し、逆にドーベンウルフをたぐり寄せ頭部をねじ切るという怪物じみた力を発揮した。しかし、過度な強化処置を施されたマシュマーの精神は遂に臨界点に達し、ハマーンを称える絶叫にも似た断末魔と共にドーベンウルフ1機を巻き込み爆散、薔薇の花弁の如く命を散らした。
その最期はジュドーやキャラ・スーンに衝撃を与えるが、ハマーンと監視役のイリアからは「強化しすぎた」と言われ、惜しむとも哀れむともとれる淡白な反応をされただけだった。

小説版では、ZZガンダムに敗れた後ハンマ・ハンマの脱出ポッドがシャングリラに流れ着き、ゲモン・バジャックヤザン・ゲーブルらと共にMSゲゼに搭乗し、降下艦隊に合流。
降下後砂漠で旧ジオン軍残党のロンメル隊がガンダム・チームに敗れた後、何を思ったか「滅びの美学だ」と口走りZガンダムに襲いかかるが、グレネードランチャーの直撃を受け、死亡した。(この時、ロンメルの死に涙していたジュドーはマシュマーの攻撃に激しく怒っていた)
その際、ヤザンとゲモンという死を悼んでくれる友人に看取られている。

その他

当初こそオープニングのラストカットにも登場し、メインのライバルとなることが予想されたが、第12話冒頭において一時退場後、第36話まで出番が無く(グレミーの方が、出演機会もジュドー達との接点も多かった)、第37話より再登場後は性格のため、モビルスーツで出撃する機会が少なくなり、ハマーン軍とグレミー軍の最終決戦では、ジュドー達が戦力的に有利なグレミー側を先に倒そうとしたため、ついにジュドーとの再度の直接対決は実現しなかった。
このことから見ても、作品の路線変更の煽りを大きく受けたキャラと言える
それと同時に、憎めない二枚目半が狂気に満ちた戦闘マシンに変貌した様は、期せずして戦争の一面を象徴していた

主な搭乗機

AMX-101 ガルスJ
AMX-102 ズサ
AMX-103 ハンマ・ハンマ
AMX-011S(AMX-110S) ザクⅢ改
ゲゼ(小説版のみ)

主な搭乗艦

エンドラ

備考

コミックボンボン掲載の漫画版ではジュドーとの決戦に敗北、戦死する。

漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では、モウサで行われた式典パレードにて、警備を押し切ってハマーンに薔薇を渡すなど、この頃から熱心なハマーン信者だった。
また、番外編『或る日 -H.D.A.-』ではマシュマーとハマーンは、アクシズ内のゲームセンターのゲームで対戦したことがきっかけで出会っている。

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム0083カードビルダー』においてシナリオモードでジオン軍が勝利した場合、エギーユ・デラーズが勝利の演説を行うエンディングのひとつに、熱狂的な聴衆の中にマシュマーと思しき軍服の人物が画面隅に登場するものがある。


ジュドー・アーシタは第3話の次回予告でマシュマーをマシュマロと言い間違えかけたことがある。



関連項目

機動戦士ガンダムZZ ハマーン・カーン イリア・パゾム キャラ・スーン ジュドー・アーシタ 
ラカン・ダカラン 薔薇 騎士 ナイト 残念なイケメン
アンジェロ・ザウパー - 指導者たるフル・フロンタルに心酔し、ハンマ・ハンマ系列機のギラ・ズール及びローゼン・ズールに搭乗するなどの共通点を持つ。
ニムバス・シュターゼン - 同じくジオンの騎士を名乗るパイロット。
パトリック・コーラサワー…ある意味、似たようなキャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「マシュマー・セロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40333

コメント