ピクシブ百科事典

マッスルタッグマッチ

まっするたっぐまっち

『マッスルタッグマッチ』とは、バンダイによるプロレスアクションゲームの名称。
目次[非表示]

概要

正式名称は『キン肉マン マッスルタッグマッチ』(国外販売用のNES版では『M.U.S.C.L.E.』)。

ゆでたまごによるプロレス漫画作品『キン肉マン』を題材とし、1985年11月8日にバンダイ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータアクションゲーム

構成

登録されている8名の超人の中から2名を選択してタッグチームを結成し、パンチキックバックドロップなどを駆使して3ラウンド制の試合を勝ち抜き、ゲーム終了時点の踏破面数と獲得点数に挑戦するハイスコアゲーム。制限時間内にライフポイントが0になるKO、または制限時間後のライフポイント残量の判定で勝敗を決し、先に2勝するとステージクリア、2敗するとゲームオーバーとなる。

ステージは3種類のリングを順番に85回ループする全255面で、一定の面数に到達する毎に徐々に試合時間が短縮される形で攻略難易度が上昇する。エンディングが存在しない永久ループ制であり、255面をクリアすると0面(=256面)が、0面をクリアすると2周目の1面(=257面)が始まる。

試合の途中でリングサイドに現れるミートが放つ光球『』を取るとキャラクターが点滅を始め、全能力値の一時的上昇、ライフポイントの回復、電気リングでの感電無効化、さらに各キャラクターに設定された強力な必殺技が使えるようになる支援効果が発動する。

登場キャラクター

名称出身国必殺技
キン肉マン日本キン肉ドライバー
テリーマンアメリカブルドッキングヘッドロック
ラーメンマン中国空手殺法
ロビンマスクイギリスタワーブリッジ
バッファローマンスペインハリケーンミキサー
ウォーズマンソ連ベアークロー
ブロッケンJr. ※1※2西ドイツナチスガス殺法
アシュラマン魔界阿修羅バスター


※1.NES普及圏の欧米で「ナチスを連想させる危険思想因子」の表現規制に抵触し、代替措置としてジェロニモに差し替えられている。
※2.ジェロニモの必殺技は『Apache War Cry』(アパッチのおたけび)とされているが、実際にはトマホークを投げている。

リング

  • ノーマルリング:第1ステージ(1+3n面)に登場する、何の変哲も無い普通のリング。
  • リング:第2ステージ(2+3n面)に登場する、が滑りやすい全面氷張りのリング。
  • 電気リング:第3ステージ(3+3n面)に登場する、触れると感電する高圧電線を張ったリング。


※電気リングに限っては、表現上の都合で黄色と黒の明滅が激しく行われているため、光過敏性発作の危険性を考慮した後年の配信版では明滅表現を若干抑える処置が施されている。

余談

特別仕様版

本作には、赤色のROMケースの市販品とは別に2種類の懸賞用カートリッジが存在する。

グリーンカセット

正式名称は『集英社児童図書お楽しみプレゼント版』。

集英社が出版した児童向け書籍キャンペーン用の景品で、内容は市販品と同一だが緑色のROMケースに専用のラベルが貼付されている。

ゴールドカセット

正式名称は『ゴールデンタッグカートリッジ』。

本作の発売当時に全国8地区で開催された最終到達面数を競うハイスコアコンテスト宇宙一ゲーム超人コンテスト』の景品で、優勝賞品である証拠としてゴールドメッキを施したROMケースを用い、既存の超人1名を各地区の優勝者が希望する超人1名のグラフィックと差し替えた特別仕様。

各地区優勝者8名の第一位が記録した最終到達面数は2269面(=約8.8周)であり、現在までに下記の超人が登場する4バージョンが確認されている。

名称出身国必殺技差し替え元
モンゴルマンモンゴルレッグラリアートラーメンマン
ペンタゴンアメリカペンタバスターアシュラマン
ブラックホール英領バミューダ諸島ブラックホールバッファローマン
ザ・ニンジャ日本焦熱地獄ブロッケンJr.

同様のプレミアムソフトでは、『ロックマン4』の開発に際して行われた『ボスデザインコンテスト』入選者8名に送られたゴールドメッキROMケースバージョンに59万円の取引価格が付けられたことで話題となったが、「8本それぞれで内容が違う可能性が高い」という抜群の希少価値を持つマッスルタッグマッチのそれについてはいずれも75万円(ブラックホール版)、85万1000円(モンゴルマン版)、92万1000円(ザ・ニンジャ版)、100万100円(ペンタゴン版)という破格の取引価格が確認されており、名実共に『ファミコン史上最高のプレミアムソフト』として広く認知されている。

※ただし、NESも含めたファミコン全体の歴史で見た場合には『Stadium Events』(北米版『ファミリートレーナー ランニングスタジアム』)が2010年3月に記録した41300USドル(当時のレートで約367万円)がファミコン史上最高取引価格の頂点に君臨する。

ブロッケン禁止令

ブロッケンJr.の『ナチスガス殺法』は本作唯一の飛び道具であり、超長距離の射程範囲と起き上がり攻めの絶対的な強さが群を抜いていたために「ブロッケンJr.=卑怯」の構図が成り立ち、2人用での対戦時はブロッケンJr.の選択を禁止する暗黙のルールブロッケン禁止令』が広く提唱、承認されていた。

しかし、必殺技の性能に反してダメージは小さく、そもそもブロッケンJr.自体が8名中最弱の基本能力しか持たない致命的な弱点を抱えており、そこを突いて巧みに立ち回れば飛び道具の恐怖に脅かされる事は無いため、所によっては命中率と接触判定の強さに秀でたブルドッキングヘッドロックを持つ『テリー禁止令』、熟練者が行う一方的なハメ戦法を絡めた一撃必殺の『バスター禁止令』など亜種の禁止令を提唱する少数派も存在した。

移植作品

ゲームシステムのベースはそのままに、音楽や演出などに様々なアレンジを加えてボリュームアップを図った実質的なアッパーバージョン。

  • キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛』(PS2
キン肉マン キン肉星王位争奪戦』(FDS)と共にファンサービスのおまけ作品として収録。

関連イラスト

  • 大人げない大人の正しいマッスルタッグマッチ講座
俺たちのクルセイダーズ~もしもジョセフがゲームできたら~



  • ゴールドカセット出場超人

ドット絵06『黄金タッグ代表超人バトルロイヤル』



  • リメイク&IFキャラクター(色数制限なし)

ドット絵34『作品供養』
ドット絵17『マッスルタッグマッチ2009』



  • リメイク&IFキャラクター(色数制限あり)

マッスル悪魔超人マッチ
40超人タッグマッチ



  • ブロッケ…ん?!

ドット絵53『ブロッケン禁止令』



関連タグ

ファミリーコンピュータ バンダイ
漫画 ゆでたまご キン肉マン 超人
キン肉スグル テリーマン ラーメンマン ロビンマスク
バッファローマン ウォーズマン ブロッケンJr. ジェロニモ アシュラマン

pixivに投稿された作品 pixivで「マッスルタッグマッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58476

コメント