ピクシブ百科事典

マテバM2007

まてばえむにせんなな

イタリアのマテバ社が作った変わったリボルバー拳銃
目次[非表示]

アニメ『攻殻機動隊』の登場人物、トグサの愛銃。
 現実にあるマテバ2006Mを、9mmパラベラム仕様にしたもの。
 9課のほかの連中が、ツァスタバ(ユーゴスラビア)の9mmのオートマティックを使うのに対して、マテバに固執するトグサ。(バトーはバトーで.50口径のジェリコ942FSを使っているが)
 この「リボルバーがすき」「マテバという異色のリボルバー」というガジェットが、義体化が比較的少ない、元刑事であるというトグサの個性を深めるのに一役を買っている。
「オレはマテバがすきなの」「マテバでよければ」などは、彼とマテバに対する愛着を示す名せりふとして有名。
 原作漫画攻殻機動隊ではそこまでこだわりはないのか、少佐に言われてあっさりとマテバを使うのを辞めている。
 また攻殻機動隊SACではM2008(6 Unica)を愛用しているが、潜入の際や自宅に隠しているバックアップガンなどはスナブノーズ(短銃身モデル)の2006Mを使用している。
 なお、SACの方が知名度が高いためかM2007はM2008とよく混同されるが、オートリボルバーではない。
 INNOCENCE Ghost in the Shell:2ではS&WパフォーマンスセンターM29(M629)のようにバレル上部のウェイトが調整可能な構造になるなど、より競技用途向けにカスタマイズがされたM2007を使用している。
 ARISEではショートバレルのM2008を使用しており、M2007は登場していない。

現実のマテバ2006Mについて。

マテバ M2006M


 マテバ2006Mは、実際に存在していて、.357マグナムを使用する。
 イタリアのマテバ(マキナ・テルモ・バレスティック)社の製品で、この会社の競技用銃は独特な形状をしているのが特徴。
 この銃の特徴としては、上方にスイングアウトするシリンダー、普通のリボルバーとは逆方向の下部にある銃身が特徴。
 競技用として販売された銃の為に反動を抑えるため、このスタイルになったというが、おかげで他のリボルバーとはかなり違う奇妙な外観をもつ。
 リボルバーの銃身交換にはバイスで銃本体を冶具を用いて固定し、力をかけれる大きな工具を使う必要がある上に調整が非常に面倒と設備のある場所でないと交換が出来ないのだが、2006Mでは専用工具のみで簡単に銃身を取り外すことが可能で、射撃場などでも別の長さへの交換が簡単に出来るのが特徴。
 本記事で触れているマテバM2007も、ただ口径とバレル交換用工具のはまる穴が無い所が違うというだけで、2006Mの異形さはそのまま受け継いでいる。

 なお、2006MやModel-6 Unica等を手掛けたデザイナーであるアントニオ・クダッソとエミリオ・ジゾーニの2人は後に同じイタリアのChiappa Firearms社で同コンセプトのChiappa Rhinoを設計している。
 Rhinoは競技用ではなく隠し持つ自衛用途を重視しており、銃身長変更は出来なくなったが、多角形シリンダーを採用してリボルバーの厚みを薄くする工夫をしている。

マルシンのM2007『トグサの銃』について。

2007年、トイガンメーカーのマルシンが、マテバM2007をモデルアップ。
 あまりの異端ゆえ、製作、販売するメーカーはまずないだろうと言われていたが、カート式リボルバーを数多く、現役で出しているマルシンは、その技術を惜しみなく投入。
 実際に「弾が飛び出て、スウィングアウトし、排きょう」できるマテバは、現在のところこれだけ。
 初回購入特典には、映画『攻殻機動隊』で使われたマーカー弾を模したストラップがついた。
 木製グリップの限定バージョンもある。(別売りで木グリ、専用ホルスターも販売された。)
 9mmパラベラムはオートの弾なので、普通のリボルバーでエジェクターが行う「薬莢のへり(リム)を引っ掛けてエジェクトする」という方法が使えないと思われたが、マルシンは見事にそれをクリアしている。
 リムレス・・・つまりオートの空カートがリボルバーから出るさまは、なかなか新鮮。ちなみにこの薬きょうは、同社の排きょう式ガスガン「グロック21」にも使える。その辺がいかにもサイバーパンク風でいい。(使いすぎると、グロックのエジェクターをいためるので注意!)
 しかし、独特の上に跳ね上げるシリンダーは使い勝手が悪く、慣れが必要。
 また、銃身が下にあるだけでなくインナーバレルが改造対策に湾曲部分を持つスペリアルバレルであり、独自のホップアップシステムのLD2は(マルイのものと比べて)性能もあまり良くないことから命中精度は他のエアハンドガンに一歩譲らざるをえない。
 弾丸はマルシン専用の8mmBB弾を使うので、ポピュラーな6mmに互換性がない。また、大型の弾を打ち出すので、燃費も比較的悪い。
 銃の大きさも所謂.44マグナム銃より大きいので、携帯に不便。
 完全にコレクション向けの銃だが、独特のスタイルと使いこごちにファンも多く、短銃身に改造する事でインナーバレルの湾曲部分を除去したり、LD2を廃する改造するなどして、サバイバルゲームで使う猛者もいる。
 後に新型のXカートリッジ仕様が発売。
 旧型と違い実銃同様の.357マグナムサイズに変更され、薬莢部だけでなく弾頭部分も付いたカートリッジとなっており、8mmBB弾仕様だけでなく6mmBB弾仕様も販売されている。
 マテバ好きにはたまらない朗報。

オート向けリムレスカート使用リボルバーについて

 攻殻機動隊オリジナルのギミックと思われているが、現実にも同様の機構を持つリボルバーは存在している。
 米Phillips&Rodgers社製Medusa Model 47、米コルト社製Survivor.380-357MAG等。
 全て9mm口径の弾薬であり、ボトルネックを持たない薬莢の弾がクリップなしで使える構造となっている。
 弾薬によっては初速の低下や横弾等もあったが、リボルバー故に弾由来の動作不良はなく、良好な性能を持っていた。
 もっとも、複雑な機構故に非常に高価とあって普及する事はなかった。

 また、第一次世界大戦時に不足していたM1911の代用品として.45ACP弾を使用するM1917リボルバーがコルト(ニューサービス)とS&W(.44ハンドエジェクター)の二社により開発されている。(もっとも既存の製品を改造した程度であったが)
 こちらは軍で使用されていたという事もあってか比較的普及しており、太平洋戦争後間もない日本の警察でも米軍から貸与された余剰在庫品が配備され、ニューナンブM60へと完全に交代する昭和50年頃まで使われていた。
 しかし、コルト製のM1917では保持用のハーフムーンクリップを使用しないとまともに使えない、後にクリップなしでも使えるよう改良したものの不発が多くクリップが必要なことは変わらない、クリップを用いない場合は排莢用の棒が必要といった問題があった。
 S&W製M1917ではクリップなしで.45ACPを使えるものの、イジェクターが対応していない為に排莢用の棒を用意する必要があるなど、暫定的なものということもあってあまり洗練された作りでは無かった。
 ちなみに後に民間市場へも流れた際、リボルバー用にリムド化した(物によっては.45ロングコルトの薬莢を短く加工した).45Auto Rim弾が登場している。
また、S&W製M1917は9mm化したものが民間でも販売されている。
S&Wは他にも10mmオートと.40S&Wを使用できるM610、.45ACPを使用できるM625、M325等のオート用弾薬を使用できるリボルバーを販売している。
 すべてクリップを用いて保持する構造となっているが、シリンダー長も短いオート用弾薬に合わせた短いものとなっており、同口径のリボルバー用談薬を使用出来ない専用設計となっている。(共に既存のフレームを使いまわすため、銃身がシリンダー側に長く突き出た独特の構造となっている)

pixivに投稿された作品 pixivで「マテバM2007」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4482

コメント