ピクシブ百科事典

マホロアソウル

まほろあそうる

マホロアソウルとは、欲望に溺れた男の末路である。
目次[非表示]

ポーズ画面での説明

クラウンのもつむげんの力に
しはいされた、かなしきすがた…
もはやかれがクラウンそのもの。
ぞうおとしゅうねんにとらわれた
マホロアのたましいをときはなて!

概要


星のカービィWii』のエクストラモードにおけるラスボス。また「真・格闘王への道」でも、最後に戦うボスとして登場する。

マホロアEX同様、その攻撃は歴代作品のプレイヤーならニヤリとさせられるようなものが多いが、おそらく初見では歴戦のプレイヤーでも笑っている暇などないだろう。

歴代ラスボスの技

マホロアソウルの使う技の一種として、過去作品に登場したラスボスが使用した技を使ってくる。その一部が、今作のボス及び中ボスとも被る。

歪めた空間から刺を出して攻撃する。3回連続で攻撃してくる上に刺が出る位置は数パターンあるが、リバースワールド発動中は攻撃回数が1回になる。
異空間ゲートを開いての突進。想像以上に素早く、攻撃範囲もかなり広い。
中程度の幅のビームをワープさせてくる。二種類の固定パターンが存在し、どちらも一応安置は存在するものの、読みづらい。
また、ダークマインドの技に関しては「リバースワールド」も使用してくる(スフィアローパーも使用してくる)が、マホロアソウルの使うリバースワールドは操作が逆にならない。また、リバースワールド発動中は一部の技を使用しなくなる点が本家と異なる。
画面半分に達しようかという程の極太のビーム。高威力な上に連続ダメージまである。
マホロア砲と並ぶ最強・最凶の技。開幕発動は当たり前。ストーン・リーフの無敵状態を突破し、背景すら飲みこもうかという強大な吸引力で画面全体の物を引き寄せ、目の前を通過したトルネイドですら一呑みにしてしまう。

スーパー能力

今作で初登場したカービィのスーパー能力。しかしマホロアソウルは明らかにそれと思しき攻撃を放ってくる。オマージュしたのか、それともマホロアこそがオリジナルなのかは不明だが、画面全体に及ぶ、ガード削り攻撃は恐怖の一言。
なお、これらに関しては「ハンマー→ソード→ドラゴorビーム」という流れが確定している。

ギガトンハンマーを召喚し、画面中央に叩きつける攻撃。ノーマルでは使用してこない。衝撃で落ちてくる氷柱がかわしにくい上に、床一面が一定時間トゲ床になる
ウルトラソードを二本召喚し、斬りつけてくる。ノーマル時は端が完全安置だったのを克服しているほか、最後にダメ押しで両方振り下ろす。しかも、ギガトンスノーハンマーによって床が凍ってしまっているので、非常に動きにくい。
紫色の竜を上下から突進させる攻撃。ノーマルに比べて攻撃範囲が狭くなっているので、これに関しては弱体化したとも言われている。ただし、画面奥のマホロアの狙いと発生場所が必ずしも一致しないため、むしろマルチプレイ殺しと言える。
力を溜め、自ら巨大なエネルギーの玉となって突進する。チャージ中は完全に無防備であるため攻撃し放題だが、発生後は巨大なホーミング弾二つ同時に襲い掛かってくる

なお、この「カービィの能力を使う」という点は「ミラクルマターを参照しているのではないか」と言う説が一部のファンの間で流れている事を記しておく。
(もしくは、ギガトンスノーハンマー→氷、ドラゴストーム→炎、ミラクルビーム→雷という三種類の属性・マスタークラウンの『無限の力を引き出す』という点が、かのダークゼロを髣髴とさせる)

独自の攻撃

前述した攻撃に加えて更にオリジナルの攻撃も使ってくるが、パターンや攻撃範囲のつかみにくい攻撃もある。

画面奥で幾何学模様を描き、その形通りに描いた衝撃波が襲い掛かってくる。
ある種の初見殺しで、こともあろうにリバースワールドで画面が反転した状態で放って来ることもある。

これらのすさまじい攻撃に加え、マホロアEXから続けて戦闘する場合、スーパー能力を強制解除されすっぴん状態で戦うことになる。一応、ザコ敵を召喚する「コーリング・ショット」で、スーパー能力になる前の能力の敵を出してくれるが、ゴルドーや吸い込み耐性持ちの敵キャラも同時に発射してくるので回収しづらい上、地上に降りた敵キャラたちは短時間で消えてしまう。
更にエクストラモードでは最大ライフが半分という、壮大なハンデを負っているので、尚更に苦戦する。(「真・格闘王への道」では最大ライフが100%だが、戦闘に入るゲートがワープホールなので箱入りマキシムトマトを持ちこめない)

以上のことから、マホロア自身の動機も含めて「史上最強最悪のラスボス」という見方がされている。
またローアEX~マホロアソウルまでのボス戦の流れを「歴代ボスの集大成」として見る向きもある。

余談

出現時、大技発動時、倒された時の「口の中に一つ目」という姿がゼロツーを彷彿とさせる。また、ムービーシーンのアップ時に、形の変化したマスタークラウンの宝石の部分が目のような装飾になっているのが確認できる。

また、マホロアソウルは「マスタークラウンがマホロアの憎悪と執念を媒介にし具現化したもの」であるらしい。ポーズ画面の「もはや彼がクラウンそのもの」とはそういうことなのだろう。
ファンの間では「マスタークラウン」の正体について”ダークマター一族の力をため込んだ何か、もしくはダークマター一族の一員”ではないか、という説が有力。その根拠として、マホロアソウルの翼はマスタークラウンから生えていることや、マホロアソウルを倒すとマホロアが本来の姿に戻り、マスタークラウンが割れて消滅すること。さらに前述の通りマホロアソウルはマスタークラウンがマホロアの魂を飲み込み変化したものであること、などからそう推測できるのだが、カービィシリーズのお約束で真実は不明のままである。

また、本作で登場したハルカンドラについてエクストラモードで様々な話を聞くことができ、その中で古代人が作り出したものとして「天駆ける船ローア」の他に「夢を産む不思議なアイテム」や「機械仕掛けの星」と言う言葉が出てくる。
しかし、その時「無限のパワーを持つ」というマスタークラウンについては言及されていない。当然、手に入れるまではその存在自体を秘密にしておきたかったからという見方が自然なのだが、「古代人が作り出したわけではない=ダークマター一族など、そもそもハルカンドラの外に存在するものだった」という見解もあながち牽強付会ではないかもしれない。
もちろん、ランディアEXのスペシャルページの「こだいのひとびとがつくりあげたでんせつのアイテム」=マスタークラウンという解釈も存在する。

なお、ノーマルモードのラスボス及び「格闘王への道」の最後に登場するボスもマホロアがマスタークラウンで変化したものだが、あちらはマホロアソウルではない
たまに混同している人もいるので、要注意。
主な変更点として、攻撃の強化の他
・色だけでなく、装飾や体の形など外見も変わっている
・声が若干高くなっている
というのがある。

CROWNED

各レベルの名前の頭文字を繋げて
C「クッキーカントリー」
R「レーズンルインズ」
O「オニオンオーシャン」
W「ホワイトウエハース」
N「ナッツヌーン」
E「エッガーエンジンズ」
D「デンジャラスディナー」
となる。「CROWNED」という言葉は「王冠をかぶった」という意味であり、転じてマスタークラウンを手に入れ、変貌してしまったマホロアを示すという。

戦闘BGM「CROWNED」

ノーマルモードのマホロア第二形態、およびマホロアソウルの戦闘曲。
カービィ史上類を見ない荘厳なイントロに始まり、ナイトメアウィザード戦やローア船内BGMによって意気を高揚させつつ、ラストに差しこまれる「グリーングリーンズ」が切なさをや独特の哀しさを演出し、最後に「カービィ凱旋のテーマ」で締める非常に壮大なアレンジ曲となっている。

なお、その曲は「タッチ!カービィ スーパーレインボー」や「デデデ大王のデデデでデンZ」でもアレンジされて収録されており、特に後者はそのゲーム内におけるボス曲としても務めている。

断末魔

グラフィックや一部の攻撃方法の他、倒した時の断末魔もノーマルから変更されている。
ノーマルでは低く絶叫しているだけなのに対し、マホロアソウルは
カア゛ァァァァァビィィィ゛ィィィィィィ……!!!」と叫んでいる。
最後にカービィの名前を呼んだのは、マスタークラウンかマホロアか…
スタッフロールの最後にカービィとマホロアが出会ったシーンが写されるのもあり、どこか切なく感じた人は多いのではないだろうか。

関連イラスト

マホロアソウル
マホロアソウル


「キミにボクが倒せるカイ?」


関連タグ

星のカービィWii マホロア マホロアEX ラスボス
ドロシアソウル マルクソウル セクトニアソウル 星の夢.SoulOS
マイマイゴン←アニメキャラクター。ほぼ同じ状態。
ばいきん大魔王←アイテムを使用した事によりそのアイテムの力に呑み込まれ暴走してしまったという点が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「マホロアソウル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 472616

コメント