ピクシブ百科事典

ママは小学4年生

ままはしょうがくよねんせい

『ママは小学4年生』とは、サンライズ制作のアニメ作品。
目次[非表示]

概要

15年後の未来からやってきた自分の赤ちゃんを小学4年生の少女が育てるという、タイムパラドックスを設定としたホームドラマ。「天真爛漫な赤ん坊に振り回される子供たちと、その子供たちにさらに振り回される大人たち」というコメディタッチを基調にしつつ、親子の愛情や育児仕事の両立などのテーマが織り込まれている。
サンライズが女児向けに制作した作品はアイカツ!が製作されるまでの約20年間この作品のみだった。SF作品としての要素は薄いものの、1993年の日本SF大会で、「星雲賞」メディア部門に選出された。
本作の放送時間帯である金曜17時枠はサンライズ制作枠であったが、本作をもって同枠での制作を終了している。
本作のオープニングストーリーボード(絵コンテ)は富野由悠季が担当した。
また、同名の漫画版が「ぴょんぴょん」1992年1月号から、アニメ放映と時期を合わせて連載されていた。作者は中森衣都。ストーリーは漫画版のオリジナル。単行本は小学館「ちゃおフラワーコミックス」より全2巻で発刊された。
1992年1月から12月まで全51話が放送された。

あらすじ

1992年、水木なつみは夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。両親の都合でロンドンに引っ越すことになったが、急な都合で両親は先にロンドンに向かわなくてはならなくなり、なつみは1人で夜を過ごすことになる。
雷が鳴る嵐の夜の中、震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともにテレビの画面から赤ちゃんが現れる。
慌て驚いているところに、一緒に現れたコンパクトから母親らしき人からの声がする。
翌日再び聞こえてきたその声の話によると、何と彼女は15年後の2007年のなつみ自身であり、赤ちゃんは未来の自分が産んだ娘だというのだ。
不思議な出来事だが、なつみは赤ちゃんに「みらい」と名付け、無事に未来に帰れる日まで、日本に残って育てることを決心する。
こうして赤ちゃんと小さなママの成長ストーリーが始まった。
みらいちゃんが起こす騒動に振り回されるなつみだが、喧嘩仲間の大介や親友のタマエとえり子、未来から来た育児アイテム、文句を言いながらも根は優しいいづみおばさんなどの助けもあって、経験のない育児の中でいろいろなことを学んでいく。
だがある日、週刊誌ライターに赤ちゃんの存在を嗅ぎ突かれてしまう。
マスコミに「10歳のママ」として取り上げられ、なつみの周辺に危機が迫る。折しも自称天才科学者江地さんのタイムマシンが完成間近となり、タイムスリップが起こるのはクリスマスの夜であることが判明した。
マスコミや周囲の大人たちの悪意の中、なつみたちはみらいちゃんを無事に未来に返せるか。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ
「愛を+ワン」
作詞 - 岩谷時子、作曲・編曲 - 樋口康雄、唄 - 益田宏美

エンディングテーマ
「この愛を未来へ」
原曲 - モーツァルト作曲《ピアノソナタK.545》、作詞 - 岩谷時子、作曲・編曲 - 樋口康雄、唄 - 益田宏美

pixivに投稿された作品 pixivで「ママは小学4年生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175194

コメント