ピクシブ百科事典

マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア

まりあんぬびぃぶりたにあ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

CV:百々麻子

人物像

神聖ブリタニア帝国皇妃の一人で、ルルーシュナナリーの実母。本編時間軸では既に故人。

好きキャラが次々と退場するんだ


庶民出身だが、ガニメデテストパイロットとしてアッシュフォード家のKMF開発計画で重要な働きを示し、この功績により騎士候に叙せられた後、ブリタニア皇帝シャルルへと嫁いだ。

閃光のマリアンヌ


現役時代はその卓越した操縦技術により「閃光のマリアンヌ」の異名を持ち、ナイト・オブ・ラウンズ第6位の冠(アーニャと同じ『ナイト・オブ・シックス』)を戴いていた。
その実力は、現ナイト・オブ・ワンであるビスマルク・ヴァルトシュタイン未来予知のギアスをもってしても苦戦する程である。
コーネリアジェレミアを筆頭に軍部には彼女を慕う者も多かったが、逆に皇族貴族などは快く思わない者が多くいた(ギネヴィアとカリーヌは最もマリアンヌを、引いてはその子であるルルーシュとナナリーを特に嫌っていた。また、それぞれの母親もマリアンヌを殊の他嫌っていた)。

シャルルとは単なる皇妃の一人というだけではなく、「嘘のない世界」を創生する『ラグナレクの接続』計画で繋がった同志でもあるため、他の皇妃たちよりもより近く密接な関係であった。
C.C.と契約したがギアス能力が発動しなかったために持つ事は叶わなかったと思われていた。………が、ルルーシュが10歳の時、V.V.によって銃撃を受け、肉体が死亡した時に「他者の心を渡るギアス」が目覚め、そこに居合せてしまったアーニャ(行儀見習いとして訪れていた)へと意識を転送していた。その死は公式にはテロリストによる犯行として片付けられる。

アーニャの中に宿った後も、意識を表層化することでC.C.と交信が出来、コードをシャルルに渡すよう度々説得を行っていた。この時のことは、アーニャ本人には記憶がなく、この事が彼女が己の記憶の欠落に悩み、『記憶』や『記録』、『思い出』というものに執着し、携帯に記録するという行為を行うようになる原因となった。

ルルーシュの黒の騎士団放逐後に本格的に覚醒し、C.C.のコードと記憶を蘇らせ彼女と共に神根島へと向かい、ルルーシュと再会し全ての真実を語った。
しかし、ルルーシュに「あなたとシャルルが作り上げる世界は『他者ではなく、自分に優しい世界』である」と喝破、拒絶されて最期はシャルルと共に消滅した。

小説版

アニメ以上に彼女の恐ろしい本性が判明。
ルルーシュにとっては再会するまで純粋に母親として慕っていたが、マリアンヌ自身はナナリーも含めて二人を計画の為の保険としか見ておらず、親としての愛情は持ち合わせていなかった
しかもギアスの適合を高めるために兄妹を近親婚させようと目論むなど、自らの計画のためならば倫理すら厭わぬアニメ以上に冷酷な女性として書かれている。
逆にシャルルの方がマリアンヌとの間に生まれたルルーシュとナナリーに愛情を抱いていたため、マリアンヌも流石にシャルルの機嫌を損ねる訳にはいかず、二人の子どもに対して表立ったことは出来なかった様子。
しかし小説版は、「公式小説」としながらも、監督である谷口悟朗が没にした設定やアニメと違う展開(フレイヤの開発者、枢木家関連他)など、小説版執筆者独自の設定が多く見られ、公式準拠と見るには少し疑問が生じるものとなっている。

関連タグ

コードギアス 反逆のルルーシュ コードギアス 反逆のルルーシュR2

関連人物

夫:シャルル・ジ・ブリタニア 義兄:V.V.
息子:ルルーシュ・ランペルージ 娘:ナナリー・ランペルージ

計画の同志:ビスマルク・ヴァルトシュタイン
ギアスの契約者:C.C.
身体を乗っ取っていた、彼女の被害者:アーニャ・アールストレイム
彼女を尊敬していた者:コーネリア・リ・ブリタニア ジェレミア・ゴットバルト

pixivに投稿された作品 pixivで「マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34766

コメント