ピクシブ百科事典

マロン

まろん

マロニエ(セイヨウトチノキ)に生る実のこと。他にもさまざまな人名などで使用されている。
目次[非表示]

フランス語でマロニエ(セイヨウトチノキ)に生る実を表す。
一般的には『マロン=』のイメージが強いが厳密にはこれは誤りである。

曖昧さ回避

  1. アダルトゲームのブランド → Marron
  2. クイズマジックアカデミー』のアニメ&ゲーム担当の教師→マロン先生
  3. カードファイト!!ヴァンガード』のユニット小さな賢者マロン
  4. ToLOVEる』に登場する犬
  5. 変人偏屈列伝』の登場人物→メアリー・マロン
  6. フルメタル・パニック!』の都立陣代高校の登場人物
  7. 一本道迷宮』のネイビーのペット
  8. メイプルストーリー』の登場キャラクター
  9. チロリン村物語』の登場人物→機関士マロン
  10. サラダ十勇士トマトマン』のサラダの国の登場人物→マロン麿
  11. YAT安心!宇宙旅行』第2期の登場人物
  12. ゼルダの伝説シリーズ』の登場人物→マロン(ゼルダの伝説)
  13. セブンスドラゴン』に登場するプリンセスの通称
  14. イレギュラーズ・リベリオン』のヒロイン→マロン=マーマード
  15. ファンタシースターオンライン2』に登場するペット。

ここでは、太字で書かれたキャラクターについて説明する。

マロン(YAT安心!宇宙旅行)

テレビアニメ『YAT安心!宇宙旅行』第2期の登場人物。声優は丹下桜
テレポーテーションの能力や回避時に体をボールに変化させる能力をもつ謎に満ちた宇宙獣人の少女。宇宙を漂流しているところをノート博士に発見され、助手となる。博士とともに故郷の星を探している。

瞬間移動マシーン不使用の場合当初は自分より重い物や自身を含めた生物を瞬間移動させることはできなかったが、次第に練習を重ねて上達する。
そしてそれを生かしてガノン帝国と戦うようになる。

上記のテレポーテーションを持っているため、ノート博士と共にガノン帝国に追われている。
一度はノートと共にガノン帝国に連れ去られそうになったが、彼によってYATに託される。

ケモノプロファイル:01 マロン



マロン(セブンスドラゴン)

ニンテンドーDS用ゲームソフト『セブンスドラゴン』に登場するプリンセスのうち、ピンクの髪と太い眉毛が特徴のキャラクターに対する通称。
『セブンスドラゴン』では元々プレイヤーの操作するキャラクターには特定の名前がつけられていないが、公式サイトでこのキャラクターに「マロン」の名前が用いられていたため、このキャラクターを指す便宜的な通称として「マロン」の名が用いられるようになった。

マロン
【14】 Princess_1



マロン(ファンタシースターオンライン2)

ファンタシースターオンライン2』に登場するペットの1種。
胴体よりも大きい尻尾と耳を持ち、ぬいぐるみのようなかわいらしい見た目である。アホ毛も完備。
見た目から予想も付かない物騒な特性があり、敵に投げつけて爆発させるという手榴弾(爆弾)タイプのペットである。

敵から攻撃を受けると膨らんでいき、胴体が大きくなり耳と尻尾が小さくなる。最大まで膨らむとさらに発煙もする。
最大まで膨らませた状態で専用技マロンストライクで敵にヒットさせると、広範囲に10万や20万というぶっ飛んだダメージを出すことができる。条件さえ整えれば500万超えも可能。
ただしマロンストライクをヒットさせた後や、最大まで膨らんだ状態で15秒経過すると自爆してしまい気絶してしまう。(60秒後に復活)
プレイヤー自身の近くにいる時に自爆してしまうと自分だけ巻き込まれて大ダメージを受けるというデメリットがあり、マロンストライクがヒットしなかった場合は手元に戻ってきてしまうので巻き込まれるリスクもある。
自爆に巻き込まれてもプレイヤーのHPが0になる事は無く最低でも1だけ残るが、大体は敵の追撃を受けて死ぬまでが予定調和である。

とまあこのペットが実装されてからサモナークラスの見方どうなかったか言うまでもない

なお亜種として特性が同じで性質が異なるメロンがいる。

マロクーナ


おっぱいに挟まれ興奮するいやらしいリリーパ族



関連タグ

セブンスドラゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「マロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1576711

コメント