ピクシブ百科事典

マンコ・カパック

じんめいだからしょうがない

インカ帝国初代皇帝である。人名じゃしょうがない。

タワンティンスーユ(インカ帝国)の初代王。

ほぼ全てのクロニカでタワンティンスーユの始祖とされ、アカママ村の4分割、クスコ王国建国など逸話は多い。
しかし、文字を持たなかったとされるタワンティンスーユの情報は多分に西洋側の視点が盛り込まれたクロニカが伝えるのみであり、こうした文献情報を無批判に受け入れることは難しい。インカ側が文字情報を残した可能性としてキープ(結縄)が挙げられるが、仮にキープから文字情報が得られた場合でも、キープはキープカマヨックと呼ばれる極めて高位のインディオが残した国家の記録であり、マヤの碑文と同じく情報の取捨選択がなされている可能性が高い。
こうした文字情報の曖昧さはタワンティンスーユに限らず歴史学が常に直面する困難な壁であり、こうした障壁を乗り越えるため文化人類学や考古学との連携が期待される。

現在までの考古調査から、歴代王で実在したとする物証が見付かっているのは第9代王(シエサ・デ・レオンの記述では第10代王)パチャクティまでであり、初代からパチャクティの先代の王(インカ・ビラコチャとするクロニカが多いが、パチャクティの兄インカ・ウルコを王とする記述もある)までは伝説上の人物で実在しないとする説が古くから提唱されている。もっとも、クスコには後期中間期から定住が始まっていた事を匂わせる遺構が見付かっており、マンコが実在しなかったとしても、クスコの地で人々が定住を始めた時期はインカ帝国以前まで遡る事が出来ると思われる。

マンコの実在やクスコの歴史変遷を解明するためにはクスコ周辺の大規模な考古発掘が必要とされるが、現在も都市として、また観光地として機能しているクスコ周辺でそうした調査を実施することは難しく、これらの問題に結論が下される日は遠いだろう。

と、長々と書いてきたが、インカ帝国に関する歴史学の変遷や考古学の現在は日本人である私達にも興味深いテーマであると思われるので、時間がある方はぜひ図書館にでも足を運んで欲しい。
勿論私もおま○こは大好きである。

また東海地方で活躍するシンガーソングライターの「つボイノリオ」はこのマンコ・カパックの偉業を讃えた歌『インカ帝国の成立』を歌っている、その内容は・・・史実だからしょうがない

pixivに投稿された作品 pixivで「マンコ・カパック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72755

コメント