ピクシブ百科事典

マンマシーン

まんましーん

モビルスーツの進化系、宇宙世紀0200年代に発展を遂げた兵器である。
目次[非表示]

概要

宇宙世紀200年代に於いてモビルスーツが発展を遂げた兵器。
基本的なテクノロジーや機体構造はモビルスーツと変わらないが、ミノフスキー・フライトによってサブフライトシステムや可変機構に頼らずとも飛行可能な点が特徴として挙げられる。
これは、それまで艦船や一部の機体にしか使われなかったミノフスキー粒子を利用した飛行技術が、試作機には従来の小型で高出力のジェネレーターを大型にすることによって標準的に組み込まれており、量産機には障害となりがちなコスト高とメンテナンスの煩雑さを解決するため開発された、飛行用オプション装備が用意されているためである。
また、一般人でも操作可能(ドラマCD版では不可、あるいは使用によって精神に異常をきたすという設定上の差違がある)なサイコ・コミュニケーターによる操縦系統とそれに連動したファンネルビット系の兵装を搭載することも可能となっている。
これらの技術によって運用方法が従来のモビルスーツとは大きく変わり、人型の機動兵器はマン・マシーンと呼ばれるようになった。

試作機はシステムを大部分共有できるミノフスキーバリアーを同時に装備していることが多い。フィン・ファンネルタイプの兵器を搭載した機体はIフィールドを形成することも可能であるが、その機能はミノフスキーバリアーにより補われている。一部の高級機は飛行形態への変形機構を持ち、単独での大気圏突入もこなす。

一方で、機体のサイズがザンスカール戦争時の15m級から20~24mにまで大型化している。
これは、量産機がオプションに規格を合わせた結果であると言われている。しかし、強力な武装やペイロードの拡充などのメリットが見受けられた為、開発時に特に問題はなかったとも言われている。

作品内マンマシーン一覧

ゾーリン・ソール
ガイア・ギアα
ガイヤス
ドハディ
ガウッサ
ブロン・テクスタープロダクション0
ブロン・テクスター量産型
ブロン・テクスター改修型
ギッズ・ギース

関連項目

ガイア・ギア モビルスーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「マンマシーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42658

コメント