ピクシブ百科事典

ミッキー・サイモン

みっきーさいもん

ミッキー・サイモンとは、『エリア88』のキャラクター。

概要

CV:富山敬(OVA) 関智一(TV)
アメリカ海軍所属。パーソナルマークはプレイボーイのラビットヘッド。
アナポリス海軍兵学校卒業後、エンタープライズの飛行隊に所属しベトナム戦争に参加しており、当時は火の玉(ファイアボール)・ミッキーという呼び名があった。
ゲイリー・マックバーンを初めとするプロジェクト4のメンバーや、ベトナム戦争当時敵側であったグエンも彼の名を知っていたことから、相当有名なエースパイロットであったと思われる。
実家は大企業の社長一家で婚約者もいたが、復員後平和になじめず外人部隊に入隊した。
血液型はA型で、反政府軍に玉砕覚悟で突っ込んだ際にサキの弟・リシャールに助けてもらった恩があり、リシャールと血液型が同じだったことから彼の手術の際には輸血に協力した。
シンとは衝突も度々あったが、戦いの中で互いに背中を任せられるほどの深い信頼関係を築く。腕はシンとサキに並び、撃墜数ではシンに次ぎエリア88のナンバー2。
ただし地上攻撃はやや苦手。空戦では一撃離脱を信条としている。
プロジェクト4所属のマックバーンとは米海軍で共に戦っており、旧知の仲である。
ベトナム戦争後、ブルー・エンジェルスに配属されたマックバーンを羨ましく思っていた。再会後は様々な場面で好敵手として戦いを繰り広げる事となる。
明るい性格でムードメーカー的存在。国を捨てた身でありながら、アメリカ合衆国独立記念日の際には、米国出身のパイロットを集め、率先してパーティーを開いていた。
プロジェクト4の攻撃により、アスランの首都が陥落した時には、エリア88のパイロットを代表してラウンデルと交渉し、パイロットを脱出させるよう要求するなど、パイロット達からの信頼も厚くリーダーシップを発揮している様子が伺える。
アスラン内戦終盤にセラ(セイレーン・バルナック)と恋仲になり、戦後共に生きる事を約束するものの、最終出撃時にマックバーンとの交戦でセラを庇って被弾した愛機F-14が着陸中に爆発炎上。
セラが駆けつけるも既に意識はなく、そのままセラと共に爆死。

乗機

F-100A-4クフィールF-14F/A-18(地上空母の搭載機) → F-100 → A-4 → F-14
ベトナム戦争での愛機だったF-14戦闘機を「こいつが一番気に入ってる機体」と語っている。海軍出身者であるにもかかわらず空軍機であるF-100を使う事が多いが、海軍機であるF-8の方が性能は高いはずであり、思う通りの機体を入手できない苦しい事情をうかがわせる。
新谷の作品『ふたり鷹』にカメオ出演しており、鈴鹿8耐で88番車に搭乗した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッキー・サイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24377

コメント