ピクシブ百科事典

ミドリマキバオー

しろいきせき

「みどりのマキバオー」の主人公。
目次[非表示]

概要

声:犬山イヌコ

競走馬。1993年4月4日生まれ。
本名はうんこたれ蔵
タグとしてはマキバオーが使われることの方が多い。

基本真面目な性格だが、お調子者の面もある。
口癖は「んあー」「~なのね」

※以下、レース中では「マキバオー」、レース外では「たれ蔵」と表記する。
※馬齢・レース名は連載当時(旧表記)に準じる。

来歴

誕生からデビューまで

1993年4月4日北海道鵡川町(現・むかわ町)のみどり牧場にて、父・タマーキン(名前の由来はトニービン) 、母・ミドリコの仔として生まれる。
父タマーキンは凱旋門賞馬で、母ミドリコは桜花賞馬という良血の持ち主だが、生まれた姿は普通の馬とは似ても似つかない、カバのような姿だった。

みどり牧場はこの時点では1億円の借金を抱えており、牧場主の飯富源次郎はミドリコの産駒にすべてを賭けていたため、これでは使い物にならないと落胆する。
そこに、ひげ牧場のオーナー・堀江信彦が現れ、借金のカタにミドリコを取られてしまう。
必死で母を追いかけるたれ蔵(この時はまだ名前がない)だったが、森の中に迷い込む。
この森の中で、小さな親分ことネズミのチュウ兵衛と出会い、子分となるが、途中で腹を空かせた野犬に遭遇するものの、尻を噛まれた際に馬糞を口に流し込んで撃退する。
この出来事からチュウ兵衛よりうんこたれ蔵と名づけられる。(ちなみに仮名は「キンタマくさ男」だった。)

どうにかひげ牧場に辿り着き、母ミドリコと再会するが、母は仔を想い、冷たい態度で突き放す。
たれ蔵はこれにショックを受けるが、傍にいたリスの兄弟を見て、自分は立派な競走馬になる決意を固めた。
みどり牧場に帰ったたれ蔵だったが、源次郎によって鎖に繋がれる。しかし、源次郎の兄で調教師飯富昌虎の取り成しによって、危うく馬肉にされることを免れた。

年が明けて2歳になったある日、本多リッチファームにやってきたたれ蔵は、ここで生涯のライバル・カスケードと出会う。
カスケードと1対1で競走したが、想像以上の馬力の差と心房細動を起こし、たれ蔵は完敗した。
この敗北によって、たれ蔵は「負けたくない気持ち」を学んだ。

みどり牧場内で力を付け、順調に競走馬としての素質を伸ばすたれ蔵だったが、大きな問題点が生じた。馬体が小さいために、乗れる騎手がいなかったことだった。
そこで昌虎は騎手の中でも特別小柄な山本菅助を呼び寄せる。菅助は、前の相棒が予後不良になったことで騎乗することにトラウマを抱えていたが、たれ蔵の励ましで自信を取り戻した。
そしてデビューを前に源次郎は、「みどり牧場の王様になれ」という願いをこめ「ミドリマキバオー」の名を与えた。(アニメ版では、源次郎の息子・飯富勝が名付け親になっている。)

1995年(3歳)

3歳新馬戦

1995年6月。札幌競馬場にてマキバオーはデビューを飾る。その奇妙な姿は場内の耳目を集めるのに十分だった。
しかし、パドックで母の仇・堀江の姿を見ると、マキバオーはイレ込んでしまう。
レースは1000mの短距離で、出遅れは命取りとなる。

絶好のスタートを切ったマキバオーだったが、イレ込みは止まらず、外ラチに一直線に突き進んでしまう。
と、そこに源次郎が体を張って止める。自分の牧場経営がいい加減だからとマキバオーに詫びる源次郎の姿に、ようやくマキバオーは自我を取り戻した。

先頭を走るのは、ひげ牧場所属の馬・ヒゲサンダー。
しかしマキバオーはチュウ兵衛の指示で馬の下を走り抜けるという無謀な作戦に出た。馬の腹にぶつかり続け気を失う菅助だったが、手綱は手放さず、課題だった落馬を克服した。
そして、ゴール直前でヒゲサンダーに並びかけるマキバオー。ここで事件が起こる。
ヒゲサンダーが悪質な進路妨害を行ってきたのだ。
しかしこれを見事にかわし、無事1着でゴールイン。
マキバオーは見事デビュー戦を勝利で飾り、ヒゲサンダーは進路妨害で失格処分となった。

函館3歳ステークス【G3】

菅助が負傷したため、次走は9月の函館3歳ステークスとなった。
しかし、ひとつ問題点が浮き彫りになる。たれ蔵は他馬よりもが大きいために、雨のレースでは滑りやすいという難点を抱えていたのだ。
さらに、レース当日は予報で、そこに重馬場を得意とするニトロニクス(鞍上:木曽政義)も参戦という、マキバオー陣営にとっては不利な戦いとなることが予想された。

レース当日は予報通り雨で、さらにインコースはそれまでのレースで激しくぬかるんでいた。
マキバオーは1枠1番のスタートとなった。
他の馬たちが、ぬかるみを嫌い外側を走る中、敢えて泥まみれのインコースを走るマキバオー。
マキバオーは本番までに泥の中を走るトレーニングをしていたのだ。

そして勝負は残り100m。外側から追い込んできたニトロニクスが、マキバオーの前を塞いだ。
観衆の誰もがニトロニクスの勝利を確信していたが、なんと、マキバオーが残り50mで外側から抜き去ったのである。
前につんのめるような走法で見事逆転勝利を飾ったが、レース後に軽い裂蹄を起こした。

京成杯3歳ステークス【G2】

11月11日。前走での裂蹄も癒えて、陣営は朝日杯3歳ステークスの前哨戦、京成杯3歳ステークスに照準を絞る。
前走に続き、ニトロニクス(鞍上が木曽から滝川正和に交代)とアンカルジアが出走し、早くも再戦ムードが漂う。

レースはアンカルジアが逃げ切りを図り、マキバオーとニトロニクスは後方から攻めるというパターンを見せた。
しかしここでも、ひげ牧場の刺客が立ちはだかる。ヒゲサイクロン・ヒゲトルネード・ヒゲノロマンの3頭が、前と左右を塞いだのだ。
しかしマキバオーは、前を塞ぐヒゲサイクロンに後ろから追突。シフトが崩れた隙を狙って一気に抜き去った。
そして、先頭争いをしていたニトロニクスとアンカルジアを大外から抜き去り、見事1着でゴールイン。デビューから3連勝を飾り、人気先行ではないことを証明して見せた。
レース後、敗れ去ったヒゲトルネードとヒゲノロマンに、正々堂々と戦えと諭した。(なお、ヒゲサイクロンは競走中止となった。)

朝日杯3歳ステークス【G1】

Rivals


いよいよ、マキバオー自身初のG1レース。若駒王者決定戦・朝日杯3歳ステークスに挑戦する。
カスケードとの初の公式戦、そしてピーターⅡの弟・アマゴワクチンが参戦し、後に三強と語り継がれる3頭の第1ラウンドとなった。

朝日杯3歳S



戦績

年月レース名(グレード)距離騎手着順1着馬(2着馬)
'95年6月3歳新馬芝1000m山本菅助1着
'95年9月函館3歳ステークス【G3】芝1200m山本菅助1着(ニトロニクス)
'95年11月京成杯3歳ステークス【G2】芝1400m山本菅助1着(ニトロニクス)
'95年12月朝日杯3歳ステークス【G1】芝1600m山本菅助3着カスケード


関連イラスト

マキバオーとカスケード



関連タグ

マキバオー みどりのマキバオー

pixivに投稿された作品 pixivで「ミドリマキバオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6921

コメント