ピクシブ百科事典

ミュール(アルトネリコ)

みゅーる

ゲーム「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」の登場人物。

CV:宮崎羽衣

概要

アルトネリコのラスボス。
第二期最後期に生み出されたレーヴァテイルの1人で、最高の能力を持つβ純血種。ヒュムネコードおよび本名は「MULE_TEIWAZ_ARTONELICO」だが、本人曰くセカンドネームは偽名であり、正しくは「MULE_FEHU_EOLIA_ARTONELICO」となっていて、この場合のセカンドネームの「FEHU_EOLIA」には「エオリアに従属する」という意味があるとのこと。実際はどちらのヒュムネコードも有効らしい。

条件次第ではレーヴァテイル・オリジンの1人であるシュレリアすらも凌ぐ能力を発揮する事も可能である。人間への反抗を防ぐため、自我を持たない状態で生み出されたが、コスモスフィアの成長に伴って自我に目覚める。悲惨な人体実験の果てにシルヴァホルンの中に幽閉され、無気力に求められるままに詩を紡いでいたが、ただ1人の友達であったオリジナルの「アヤタネ」の死を切っ掛けに「効率良く詩魔法を生み出す道具」として扱われている状況を自覚して、人間を憎悪するようになった。

そして、レーヴァテイルだけの理想郷「レーヴァテリア」の創造を掲げ、多くのレーヴァテイルと共に人間達に対して反乱を起こす。その際、シュレリアとタスティエーラによってクレセントクロニクルに封印されるが、その後もウイルス生命体となって活動を続け、塔にウイルスを送り込んでいた。

彼女の末路はプレイヤーの選択によって変化するが、ドラマCD及び続編アルトネリコ2では、最終決戦の後ソル・シエールを離れて、メタ・ファルスへと旅に出たこととなっている。アルトネリコ2では、彼女はジャクリと名乗っており、アルトネリコ2のヒロインの1人でもある。

余談だが、ドラマCDや公式ファンサイトでは、引きこもりでオタク趣味、常に全裸でいることがポリシーという奇妙なキャラ付けがされている。

関連タグ

アルトネリコ アルトネリコ2 ジャクリ シュレリア ライナー・バルセルト 絢胤箕嵩 ヤンデレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュール(アルトネリコ)」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13606

コメント