ピクシブ百科事典

ミライ・ヤシマ

みらいやしま

ミライ・ヤシマとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」の登場人物である。

「良くも悪くも人間は変わるわ…あなたはどうかしら?」
CV:白石冬美/藤村歩(THE ORIGIN)

人物像

地球連邦の元高官にして、ヤシマ重工社長シュウ・ヤシマの娘。
一年戦争の最中、スペース・コロニーサイド7がジオンの襲撃を受けた際、アムロ・レイらと共にホワイトベースに避難し、負傷や戦死した正規クルーに代わり艦の操舵を名乗り出た。
育ちの良さもあって穏和な性格を持ち、家庭的な一面も覗かせる一行の「お袋さん」的存在であり、常に皆に慕われているが、それ故に「ニュータイプ部隊」の実験台として自分達を見ている連邦軍上層部に対して不快感を露わにすることも多い。
鋭い洞察力や観察力の持ち主であり、個性的な一行の特性を見抜いているが、その一方で事件の起こる前にその予兆を察知するなど、アムロよりも早くニュータイプとしての素養を発現させている。

ホワイトベースの艦長として多忙を極めるブライト・ノアの補佐としてサポートや相談を受け持ち、過労に倒れた彼の代わりに艦長代理を一時的に務めたこともあるが、本格的な部隊指揮には向かない為、敵の作戦で後手に回ってしまう局面も見られた。

また、複数の男性に言い寄られる恋多き女という意外な一面も持っており、サイド6の監査官カムラン・ブルームとは婚約関係にあったが、戦争を他人事として捉えている見る彼に対して距離を感じ離縁。それと前後してジャブローでホワイトベースのクルーになったスレッガー・ロウと互いに惹かれ合う。しかし、後にソロモン攻防戦でスレッガーとは死別し、涙を流した。

戦後はブライトと結婚し、彼との間に長男のハサウェイ、長女のチェーミンと2人の子を授かり、ホンコン・シティに居を構える。
グリプス戦役時にはブライトやアムロ達と対立関係にあるティターンズに人質とされるなど、戦乱に巻き込まれる一方で、7年という年月を経て大人の女性としての貫禄に磨きをかけている。
第二次ネオ・ジオン抗争の際には隕石落としを強行するシャア・アズナブルの心境に多少ながらも理解を示す一方で、隕石落としから避難する際にアデナウアー・パラヤの割り込みによって宇宙へ上がれなくなった際には、空いた席をハサウェイに託し、彼の成長を期待して送り出した。
その後は宇宙へ上がり、ロンデニオンに居を移し、最後の任務に向かう夫を見送ったが、その後の彼女の動向については語られていない。

関連項目

機動戦士ガンダム
アムロ・レイ カムラン・ブルーム スレッガー・ロウブライト・ノア ハサウェイ・ノア チェーミン・ノア

pixivに投稿された作品 pixivで「ミライ・ヤシマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188756

コメント