ピクシブ百科事典

ミラクル・フリッパー

みらくるふりっぱー

ミラクル・フリッパーとは「遊戯王GX」及び、遊戯王OCGに登場する光属性魔法使い族効果モンスター。
目次[非表示]

概要

ブラックマジシャン」や「黒の魔法神官」に似た服装をした魔法使いの少年。
似たような立場のカードに、「ブラックマジシャンガール」に似た服装をした魔法使いの少女である「カードエクスクルーダー」が存在する。

効果は大きく分けて4つ。

1つ目は既にミラクル・フリッパーが自分フィールド上に表側表示で存在する場合、このカードを召喚・反転召喚・特殊召喚できなくなるという召喚制限。この制限により、このカードを同時に2枚並べることによって2つ目の効果によるロックを形成することが難しくなっている。

2つ目は表側表示で存在する限りこのカード以外の味方モンスターが相手モンスターからの攻撃対象に選択できなくなる永続効果。マジシャンズ・ヴァルキリアをこのカードと共に並べることで、魔法使い族であるこのカードも攻撃対象に選択できなくなるため直接攻撃以外の攻撃を封じることができる。

3つ目は戦闘で破壊された場合、このカード自身を相手フィールド上に特殊召喚する効果。この効果は裏側で戦闘破壊された場合でも問題なく発動する。また、1度この効果を使用するなどして相手フィールド上に送りつけたこのカードを自分のモンスターとの戦闘で破壊した場合でも、このカードは再び相手フィールド上に特殊召喚される。ただし、この効果はカードテキストで明言されていないもののこのカードが戦闘で破壊された瞬間ではなくそのバトルフェイズの終了時に発動するため1ターンで複数の相手モンスターを攻撃可能なモンスターと併用して1ターンに何度も相手プレイヤーにダメージを与えるといったコンボは不可能となっている。

4つ目は魔法・罠の効果によって破壊された場合、相手フィールド上のモンスター1体を破壊する効果。この効果を使用する場合にはこの効果が破壊された後に送られる場所(基本的には墓地)で発動するため3つ目の効果等で相手のフィールドに存在しているときに破壊された場合でも「相手フィールド上のモンスター1体を破壊する」のはこのカードの元々の持ち主である点と、モンスター効果で破壊された場合にはこの効果を発動できない点に注意が必要である。

なお、3つ目と4つ目の効果に関しては似たような発動条件を持つ効果モンスターの大部分とは異なり、墓地へ送られるという条件がないため次元の裂け目などによってゲームから除外された場合でも効果を発動できる。

カードテキスト

効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 300/守 500
「ミラクル・フリッパー」が自分フィールド上に表側表示で存在する場合、このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は他の表側表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードが戦闘によって破壊された場合、このカードを相手フィールド上に特殊召喚する。
このカードが魔法・罠の効果によって破壊された場合、相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

アニメでの活躍

遊戯王GX第4期における遊城十代VS斎王琢磨戦(第2期クライマックス以来の再戦)にて、十代の使用カードとして登場。
直前に斎王が不正な手段によって十代のデッキに「アルカナフォース0-THEFOOL」を勝手に入れていたことによる窮地に対し、その効果を駆使して状況の打開に貢献した。
なお、アニメでは4つ目の効果の処理に対する解釈がOCGと異なるため、OCGではアニメでの活躍をそのまま再現することは不可能となっている。

関連項目

遊戯王OCG 魔法使い族 カードエクスクルーダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラクル・フリッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15854

コメント