ピクシブ百科事典

ミラボレアス

みらぼれあす

「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスターである。「伝説の黒龍」などと称される、圧倒的な体力と攻撃力を持つ非常に強力な古龍。
目次[非表示]

概要

ミラボレアスとは「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスターである。

古龍種に分類され、作中ではある条件を満たすとクエストを受けられる。
老山龍はこの古龍から逃げているという説がある。
黒龍」または「邪龍」とも呼ばれ、第1作から登場している。

その存在は「伝説」と呼ばれ、数多の飛竜と老山龍を駆逐した者の前に現れるとされている。
全体が紫がかった黒色で、大きな翼と長い尾を持つ。足あるいは四足で歩く飛竜や他の古龍と異なり、
直立姿勢で歩くことが多く、突進などは4足で地を這うように移動する。
シリーズに多くの竜が恐竜翼竜に近い姿をしているのに対して、ミラボレアスは我々が知る一般的な怪物としてのドラゴンに限りなく近い姿をしていると言えよう。

シュレイド地方に存在する巨大な廃墟と化したシュレイド城に出現し、多くの凄腕のハンターが戦いを挑んだ。
しかしその後の真意は不明であり一説ではハンターを焼き払い防具をねぐらに持ち帰るらしい。
持ち帰った防具は体温で溶かされ甲殻と一体化し、黒龍の甲殻を強固に成長させているとのこと。
またミラボレアスとは古い言葉で「運命の戦争」を意味し、運命や宿命なども同様である。

ちなみに、名前の由来はギリシャ語。ギリシャ語のミラ(Moira 運命の女神)から運命、同じくボレアスは北風の神で暴力なども象徴するため、そこから「運命の戦争」ということだろう。

無印 ~ MHP2G

無印、MHGMHPでは集会所でラオシャンロンを撃退すると戦えるようになる、真のラスボスとしての扱いを受けていた。

ラスボスだけあって攻撃力は最高クラスで、最高クラスまで固めた剣士防具でも、うっかりブレスや這いずりに被弾しようものなら問答無用でキャンプ送りにされる。特に、這いずりは龍属性を帯びていたため、龍耐性をかなり意識した装備でないと基本的に一撃でノックアウトされる事になる。

一方で、ミラバルカンのメテオやミラルーツの全体落雷のような、広範囲を一度に攻撃できる技を持っておらず、動き自体も単調なので、ガンナーにとってはブレスや這いずりにさえ気をつければ完全に動く的のようなものであった。その為、遠くから安全に攻撃できるガンナー、特にボウガンで拡散弾や毒弾を現地で調合しながら撃ち続ける戦法(通称・拡散祭り)が好まれている。拡散弾の雨で絨毯爆撃並に、ただひたすらに陵辱し尽される黒龍の姿は哀愁が漂う。様々な攻略戦法開発により、超上級者ハンターにとってはカモ扱いされる事も多く、レア素材狙いやタイムアタック狙いで、多くのミラボレアスが乱獲された事だろう…。

MH4 / MH4G

MH4

黒龍 ミラボレアス


裏ボスとして復活。
今作では多数の旧大陸組のモンスターが復活しているが、まさかミラボレアスまで復活するとは誰も予想しておらず、復活が判明した際にはファンの間で喜びと驚きの声が上がった。
ただ、HR70以降にならなければクエスト「伝説の黒龍」が出現しないため、実際に闘えるようになるのはかなり後である(イベントクエスト「よみがえる黒龍伝説」ならばHR8から受注が可能)。

P2G以前に比べると尻尾を除く肉質が全体的にかなり柔らかくなった。また攻撃力の大幅な引き下げが行われ、鎧玉をつぎ込んだ装備で身を固めていればそうそう即死する事はなくなった。
また、本作では乗り状態が実装されているため、ジャンプ攻撃から乗り状態に持ち込んでダウンさせることができれば、剣士でも角や翼を破壊することが容易に行えるようになっている。

一方で、これまでバルカンやルーツしか使えなかった滑空や前方引っ掻きを習得し、さらにはMH3Gグラン・ミラオスのモーションを多数継承し、超射程薙ぎ払い火炎放射や直線粉塵爆破を習得するなどモーションは洒落にならないほど強化されている。おまけに遠距離対応技は全てガード強化が必須。以前と同じ感覚で挑むと、粉塵爆破で爆殺され、這いずりと滑空で轢殺され、ブレスと火炎放射で焼殺され、チャージブレスで消し炭にされる。決して油断しないように。

なお、これらの調整により、これまでの「ガンナーで挑まなければまともに戦闘できない」「戦闘自体が単調でつまらない」という事態が払しょくされたため、ファンの間では今作のミラボレアスはかなりの良モンスターになっていると評価する声は多い。

そして、2014年2月21日についに亜種も復活することになる。

MH4G


G級個体がまさかの常駐クエスト不参戦。
このため、発売からおよそ5か月にわたってG級黒龍の素材が入手できず、武具の強化が行えなかった。
その後、2015年3月13日にイベントクエスト「運命の黒龍」が配信されたことで、ようやくG級個体との戦闘が可能となった。

ミララースと同様、チャージブレスの反動を利用して後方に飛びずさり、そのまま一気に滑空へとつなげるコンボを習得している。他にも中~遠距離の相手に対しては這いずりではなくブレスや火炎放射で攻撃するようになるなど、若干行動パターンに変化が生じている。ただ、変更されているのはこれくらいであり、あとは上位までとそれほど変わらない感覚で戦うことができる。

MHF-G

アナログ絵2



2014年1月8日、MHF-Gの極限征伐戦にもリニューアルされたミラボレアスが登場。
外見もかなり変化しており、頭部の角が増えたほか、胸部に謎の青い炎が燻っているのが特徴。一定ダメージを与えると覚醒し、胸部だけでなく頭部や手足も青白く輝くようになり、どこぞのメガシンカポケモンを髣髴とさせる外見に変貌する。


従来のミラボレアスの攻撃モーションの他、ドラギュロスジンオウガ亜種のような赤黒い龍属性の雷を落とす、上空に浮かぶ謎の巨大なエネルギー球をフィールド上に落下させ、ハンターたちを一網打尽にするといった攻撃を繰り出す。

亜種

対峙する災厄



ミラボレアスには2種類の亜種が存在しており、そのいずれもが原種を遥かに凌駕する極めて高い戦闘能力を誇っている。

ミラボレアス亜種(ミラバルカン)

紅龍 ミラバルカン


「紅龍」ともよばれる、『モンスターハンターG』(MHG)から登場した個体。

ミラボレアス亜種(ミラルーツ、ミラアンセス)

別名は「祖龍」。『モンスターハンター2(dos)』(MH2)から登場した個体。

祖龍




黒龍伝説

遡ること約1000年前に存在し、シュレイド地方で栄華を誇った古シュレイド王国。しかし突如として国は東西に二分され、滅亡。王城であるシュレイド城は瞬く間に朽ち果ててしまう。
様々な憶測が飛び交う中に、この歴史の中に黒龍との戦いがあったと推測されている、そして古シュレイド王国の建国者が裏切りによって命を落としたとき、何処からか「赤衣の詩人」が現れある詩を詠んだといわれている、これがその時に詠まれた詩である
             数多の飛竜を駆逐せし時 伝説はよみがえらん
               数多の肉を裂き 骨を砕き 血を啜った時
                    彼の者はあらわれん
                      土を焼く者
                    【くろがね】を溶かす者
                     水を煮立たす者
                       風を起こす者
                      木を薙ぐ者
                    炎を生み出す者
                  その者の名は ミラボレアス
                  その者の名は 宿命の戦い
                  その者の名は 避けられぬ死
                       喉あらば叫べ
                       耳あらば聞け
                       心あらば祈れ
                       ミラボレアス
                     天と地とを覆い尽くす
                       彼の者の名を
                     天と地とを覆い尽くす
                       彼の者の名を
                       彼の者の名を

これが記録に残る最古の「ミラボレアス」という単語を著した詩である。あたかも黒龍によって王国が滅亡することを示唆しているようである。そして実際に王国末期には謎の大混乱があったといわれている。


その他

  • 公式ガイドブックやオフィシャルサイトでは徹底された情報規制が成されており、これらに「ミラボレアス」という単語が載せられた事は一度も無い。武器や防具そのものに関しては例外のようだが、ミラ系の素材は全て「????」と表記されている。そんな中、ハンター大全の中で語られている唄とその考察の中にだけ、その名を確認する事ができる。
  • クエストの依頼主では「赤衣の男」が依頼することが多い。この男はMHP2Gラージャン2頭相手のクエスト「最後の招待状」を依頼したり、MH3ではアルバトリオンの強化個体を相手する「神への挑戦」を依頼したりしている。この男は何者なのだろうか?
  • MH3Gにて体形のよく似たグラン・ミラオスという古龍種が登場。「煉黒龍」という通称、硬化状態、「ミラアルマ」の名が付く防具から、ミラボレアスと何かしら関係があるのでは…という説がある。実際、MH4で再登場したミラボレアスおよびミラバルカンには、グラン・ミラオスと共通するモーション(正確には流用されたモーション)がいくつか存在することから、両者が生物学的に近しい関係にある可能性は極めて高いと思われる。


戦闘曲



曲名は「舞い降りる伝説」。ミラボレアスおよびミラバルカンとの戦闘ではこの曲が流れる。
森丘での汎用戦闘曲(&リオレウスのテーマ曲)である「咆哮」にコーラスをつけたもの。
コーラスの中で歌われているのは、上記の「黒龍伝説」だとされている。

関連イラスト

黒龍
【MH】モンハンイヤー!【擬人化】



関連タグ

モンスターハンター ミラバルカン ミラルーツ
グラン・ミラオス
黒龍 隠しボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラボレアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269741

コメント