ピクシブ百科事典

ミリアム・ポークゥ

みりあむぽーくぅ

『ミリアム・ポークゥ』は、境界線上のホライゾンの登場人物。
目次[非表示]

基本情報

名前ミリアム・ポークゥ
襲名なし
字名不明
HN不明
契約神旧派
役職なし
CV又吉愛


人物像

車椅子の少女で、三年梅組の生徒であるが自室学習をしている。
クラスメイトがよくプリントなどを届けているようだ。

が還俗し寮に入ってきた際、なぜか同室になった。
ルームシェアは初めてではないが、異性が来たのは初めてとのこと。

東に懐いた半透明の幽霊の少女からはママと呼ばれ
巻が進むごとに幽霊の少女へのお母さん度が上がり
東に対する難度が下がってきている様子がうかがえる。

『女の子の点数は一緒にいる男の子の点数』らしい。


名(迷)台詞・名(迷)口上など

1<下> アニメ版では端折られたミリアムと東のピロートークにて
「女の子の難度なんて、聞いたらぞっとするわよ? 世の彼女持ちの男の子達は、相手の女の子を攻略したつもりになってるかもしれないけど、――頑張る男の子を見て、女の子が自分から難度を下げたなんて、夢にも思ってないのよね」

「参った。難度が下がり掛けてるかしら」

4<中> 三七九頁 順調に下がっているミリアムの東に対する難度がうかがえる台詞。
「い、いや、駄目じゃないけど……」

「駄目――。今、すごく弱気だから流される――」

アニメ版BD3巻でも言及されていたが、実に順調に夫婦化が加速している。

関連イラスト

【設定】ミリアム初期設定



関連タグ

境界線上のホライゾン 武蔵アリアダスト教導院 車椅子

pixivに投稿された作品 pixivで「ミリアム・ポークゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69968

コメント