ピクシブ百科事典

ミリアリア・ハウ

みりありあはう

『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場キャラクター。
目次[非表示]

人物

プロフィール

生年月日C.E.55年2月17日
星座水瓶座
血液型AB型
年齢16歳(SEED)→18歳(DESTINY)
身長159㎝(DESTINYでも変わらず)
体重52kg(SEED)→47kg(DESTINY)
人種ナチュラル
階級二等兵(SEED)→不明→三尉(DESTINY45話以降)
好きな食べ物ヨーグルト
CV豊口めぐみ


主人公キラ・ヤマトの友人で、彼と同じ工業カレッジに通うナチュラルの学生。
続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では戦場カメラマンとなっている。

利発で友好的な性格で、コーディネイターに対してもそれほど激しい差別や嫌悪感は露わにせず、キラがコーディネイターであることもそれほど気にしていない。

機動戦士ガンダムSEED

キラ達と同じくザフトのヘリオポリス侵攻に巻き込まれ、ヘリオポリス崩壊によってアークエンジェルの避難民となる。
その後、友人であるキラのために自分たちにも出来ることはないかと、恋人のトールが志願したこともあって、アークエンジェルのクルーに志願する。
当初の担当はMSMA管制であり、後にオペレーター席に移した。

中盤でトールの死を目の当たりにし、すぐには受け入れられず、茫然自失としたまま、自分の恋人を死に追いやったかもしれないザフトの捕虜・ディアッカ(実際にトールを殺したのはニコルをキラに殺され逆上したアスランであったが)に挑発され、
錯乱状態で彼を刺殺しようとするまでに精神的に追い詰められてしまう。
しかし、フレイが同じように憎しみをあらわに銃を向け、撃とうとするのを目にした瞬間、『今の自分やフレイのような憎しみの連鎖こそ、この戦争の原因なのではないか』と気付き、咄嗟にディアッカを庇った。

その後もアークエンジェルのクルーとして、最終戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦を戦い抜いた。また共に戦うことになったディアッカのことも少しずつ受け入れられるようになった。

終戦後は兵役を引退し、トールを偲ぶ日々であったことが後日談で描写されている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

軍人として戦うのとは違う方法で平和に貢献できないかと、戦場カメラマンとなって世界を駆け巡っていたが、情勢が悪化したのに伴い、再び、管制官としてアークエンジェルに搭乗する。
スペシャルエディション版では、オーブの出立時からアークエンジェルに搭乗していた。

またトールを殺したアスランを許し、キラやカガリに会えるよう取り計らった。
ディアッカのことは「振っちゃった」らしく、作中一度も2人が顔を合わせることはなかった。

関連イラスト

キラと仲間たち
私服ミリィ



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
トール・ケーニヒ ディアッカ・エルスマン
キラ・ヤマト サイ・アーガイル カズイ・バスカーク

pixivに投稿された作品 pixivで「ミリアリア・ハウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74058

コメント