ピクシブ百科事典

ミレーのオフィーリア

みれーのおふぃーりあ

1851年から1852年にかけて制作されたジョン・エヴァレット・ミレーによる絵画。ロンドンにあるテート・ブリテン美術館に所蔵されている。
目次[非表示]

概要

オフィーリアとは、シェイクスピアの戯曲『ハムレット』に登場する悲劇のヒロインである。
発狂に至り溺死するというドラマチックな最期を遂げることから、多くの画家が彼女を題材とした作品を描いているが、その中で最も有名な作品が、このサー・ジョン・エヴァレット・ミレー(Sir John Everett Millais)による絵画『オフィーリア』である。ラファエル前派を代表する名画である。

現在もこの絵の人気は非常に高く、多くの小説ドラマで取り上げられていることから知名度も高い。「花に囲まれながら水に浮かび死にゆく美女」という美しくも強烈なインパクトから、中二病的な観点で惹かれる日本人も多い。

背景

『ハムレット』第4幕7章の一場面、オフィーリアが溺れる前、歌いながらに浮かんでいる姿を描いている。
この場面を再現するため、ミレーはバスタブの中でモデルにポーズをとらせてこの作品を描いた。長時間バスタブに浸かり続けたモデルがひどい風邪をひき、モデルの父親から慰謝料を請求されたという逸話が残っている。
背景の中に描写される草花には象徴的な意味が込められている(ヤナギは見捨てられた愛、イラクサは苦悩、ヒナギクは無垢、パンジーは愛の虚しさ、首飾りのスミレは誠実・純潔・夭折、ケシの花は死を意味している)。

pixivでは

“水面に仰向けに浮かぶキャラクター”をモチーフとしたイラストに付けられるタグとして扱われている。
pixivで単に“オフィーリア”と検索すると、ゲーム『pop'n music』の登場人物であるオフィーリアがヒットしてしまう為、このタグが付けられる。

関連イラスト

オフェリア
オフィーリア



関連タグ

アート / 芸術 / 絵画
ジョン・エヴァレット・ミレー / ミレー

オマージュ パロディ 名画オマージュ
水葬 水面 漂う 浮かぶ

オフィーリアな本田 和フィーリア

pixivに投稿された作品 pixivで「ミレーのオフィーリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1314035

コメント