ピクシブ百科事典

ムックル(虎)

むっくる

ムックルとは、うたわれるものに登場したキャラクターである。 その名前は、アルルゥが付けたもの。
目次[非表示]

概要

白い虎のような外見でムティカパと呼ばれる種族。
親は主人公たちが住むヤマユラの民から「森の主」と称え恐れられていたが、ある事件がきっかけで退治され殺される。その時まだ赤ん坊だったムックルはアルルゥに拾われ彼女(とハクオロ)の子供として育てられる。ムックルという名前はこの時付けられている。

猛獣そのものだった「森の主」と異なり、人の手で育てられたためかかなりの甘えん坊。霊獣ミキュームのガチャタラが加わった際には嫉妬する姿も見せる。
育ち盛りの大食漢であっという間に巨体となり、ハクオロが起こした叛軍と朝廷との戦いの最中、アルルゥと共に戦線に参加する。

巨体相応の膂力と人の腕をたやすく喰い千切る牙と爪、そしてムティカパ特有の刃や矢を一切受け付けない強靭な体毛を有し、敵兵にとってはあまりにも恐ろしい存在となる。
だが、水に濡れるとその防御力が失われてしまう弱点も親と同じ。また、アヴ・カムゥの攻撃が直撃した際は流石に盛大に吹き飛ばされていた。

戦場では普段の姿から一転、本来の野性を剥き出しにして敵を尽く殺戮してゆく。ゲームの都合などという生易しいものはなく、戦場では敵を喰い殺していることがハクオロの口からはっきりと明言されている。
特にアルルゥに危害を加える者には一切容赦せず、非道を働いたある敵兵に至ってはじわじわと時間を掛けて惨殺されている。恐怖と激痛で奇声を上げながら絶命する様は自業自得とはいえ余りにもむごい。

ムックルの名誉のために言っておくが、これは敵兵が余計な下心を出して約束を反故にした上、アルルゥの能力を知り血相を変えたトウカ(この時点では敵兵と同陣営であり自分たちの大義の象徴である)の制止も無視しており、このような結末を回避するチャンスは幾度もあったことを明記しておく。

このシーンは全年齢版では削除…どころかCVがついたことで余計にグロくなった

後の時代でも敵に回した際の恐ろしさは健在であり、とあるシーンでアルルゥの命令によって残虐ショーを繰り広げた。アルルゥが「大人」になった分、かつて以上に敵に回したくない存在になったと言えるだろう。

…が、そんな恐るべき銀色の巨虎も辺境の女にはまったく頭が上がらないのであったとさ。

アニメ版

流石に幼女を乗せての人喰いは無理だったのか、戦闘シーンでは敵兵に体当りする程度で敵を殺害する姿は描かれていない。この辺の扱いは後輩にも受け継がれており、凶暴化の下りやその状態で放っておけば人を殺しかねないことを匂わせる台詞などがカットされている(凶暴化自体はしているが完全にギャグシーンとして描かれている)。
また、うっかり侍がうっかりしなかったために件の惨殺シーンがフラグの段階から折られている。
やはりアヴ・カムゥの攻撃には流石に耐えられなかったようで、再登場時には腹に包帯を巻いていた。

別名・表記ゆれ

ムックル: むくどりポケモン。鳥と比べては虎が少数。

関連タグ

うたわれるもの アルルゥ ハクオロ ココポ

pixivに投稿された作品 pixivで「ムックル(虎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26189

コメント