ピクシブ百科事典

メビウスの輪

めびうすのわ

表と裏が、縁を乗り越えずにつながっている環。手軽に作れるが不思議。
目次[非表示]

「メビウスの帯」ともいわれる。細長い矩形の紙片リボンを一度ねじってを貼り合わせることで生じる表裏のない面で、位相幾何学上重要なものである。

概要

「メビウスの帯」の形状を決定するのはエネルギー密度がそれぞれ異なる場所だという。
「エネルギー密度」とは、蓄積された弾力性エネルギーのことで、「メビウスの帯」を作るときにひねりが入ることで帯の中に含まれる。帯がもっとも激しくねじれているところはエネルギー密度が最大になり、逆に、もっとも平らでねじれがない部分はエネルギー密度も最低になる。
もしの幅が長さに比例して広くなれば、エネルギー密度の存在する場所も移動し、その結果、形状も変化する。帯のが広いほど、ほとんど平らな「三角地帯」が帯上に形成され、これはがくしゃくしゃに丸められた状態と同じである。

メビウスの輪の中央に切れ目を入れていき一周させて開くと、全体がつながったまま長いひとつのループになる。

機械の回転用ベルトは、一度ひねってメビウスの帯状にすることで、偏った摩擦の影響を消去できるように工夫されているものがある。
また、特定の構造物に力が加わったときどこで裂けるかを予測することが可能になり、薬学における新薬開発モデルにも貢献している。

題材、フィクション

「メビウスの帯」は色々な作品で、モデルにされている。絵画彫刻などで数多く見られる。

ゲーム作品では『エースコンバット04 シャッタードスカイ』(PS2)の主人公部隊「第118戦術航空隊メビウス隊」のエンブレムのモチーフになっている。

関連タグ

数学 クラインの壺 無限ループ サイレントメビウス ストーンオーシャン

pixivに投稿された作品 pixivで「メビウスの輪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218759

コメント