ピクシブ百科事典

メンフクロウ

めんふくろう

フクロウ目メンフクロウ科メンフクロウ属の鳥の一種。
目次[非表示]

概要

ハート型の白い顔とつぶらな黒い目がとっても愛らしいフクロウ。完全な夜行性で、黒い目とハート型の顔は、闇夜でも良く見えるため、そして獲物のかすかな音でもキャッチできるようパラボラアンテナのように発達した顔盤(がんばん)によるものである。
ヨーロッパや南北アメリカ、オーストラリアなど、世界中に広く分布するが、残念ながら日本には野生ではいない。動物園や、一部ペットとして飼育されている個体もいる。
納屋や教会に巣を作ることから、英語ではBarn Owl(納屋のフクロウ)と呼ばれている。農作物を食い荒らすネズミを駆除してくれるので、ヨーロッパでは大事にされている。
寿命は飼育下で15〜20年。


フクロウ世界を舞台にしたキャスリン・ラスキーのファンタジー小説『ガフールの勇者たち』には、主人公を始めとして、メンフクロウ属による世界征服をもくろむ武装集団「純血団」の面々など、さまざまな種類のメンフクロウたちが登場する。

2010年秋に同作を原作にしたフルCGアニメ映画「ガフールの伝説」が公開された。
シロフクロウ、アフリカオオコノハズクの次に大ブレイクするのは彼らかもしれない?
(純血団による世界征服への布石らしいが、詳細は不明)

飼育

一応ペットとして飼えないこともなく、猛禽類等を取り扱うペットショップで10〜20万買うことは可能である。
しかし、こうした珍しいペット全般に言えることだが犬や猫に比べると手間や経費が非常にかかり、性質に関してもかなり勉強しないといけないことが多いため安易な衝動買いは絶対にしてはいけない
まず大きなハードルは餌で、普通のペットフードではダメで飼料用として売られているうずらやマウスの冷凍ものを解凍してほぐして与えなければならない。
そして猛禽類全般に言えることだが、力も強く鳴き声も結構やかましいため、住宅環境も恵まれた人でなくては飼えない。また獣医師も猛禽類に詳しい人が限られるため、動物病院へのアクセスも考慮すべきである。
比較的フクロウの中ではなつきやすいと言われているが縄張り意識も強いため、小さな子供や同居のペットに攻撃を加えることもあるので扱いには気をつけないといけない。

このように一般家庭での飼育には相当ハードルが高いが、それでも飼いたい、という人は事前によく勉強と貯金の上、獣医師や信頼出来るブリーダー、飼育仲間など相談できる人との関係も築いておくこと。

関連イラスト

メンフクロウわっさ~
barn owl2

pixivに投稿された作品 pixivで「メンフクロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121011

コメント