ピクシブ百科事典

メ・ビラン・ギ

めびらんぎ

特撮ドラマ「仮面ライダークウガ」に登場するグロンギ怪人。ピラニア種怪人。
目次[非表示]

「ゴラゲダ ヂグボ グバギ ザバサザ(お前たちが能無しだからだ)」

データ

身長/196cm
体重/188kg
登場話…EPISODE 12「恩師」、EPISODE 13「不審」、EPISODE14「前兆」

概要

ピラニアの能力を持つメ集団怪人水中を自在に移動する能力を持ち、鋭いキバについたカッターで、水上バスや川辺の人々を襲った。
嗅覚が非常に発達しており、臭いが大好き。
アゴ筋肉が異常に発達しており、1分間に約200回の速さでを開閉させ、鋭いキバで一瞬の内に人間を惨殺。また、キバの鋭さは、クウガタイタンフォームの身体(装甲ではない)にをつけるほどで、コンクリートをバリバリと噛み砕くこともできる。についたカッターマイティフォームやザインのボディを傷つけるほど鋭く、素早い動きから繰り出す切り裂き攻撃でクウガを追い詰めた。
性格はピラニアの怪人だけあって大変短気で、特にズ・ザイン・ダとは数回に渡って激しく衝突した。
日本語も一応話せるらしい。(劇中で「獲物ダァ!!」と言って人間を襲うシーンがある)
警察の公式発表では、未確認生命体第23号。

劇中行動

2000/3/25(日)、ザインが勝手にゲゲルを始めたせいで自分の番が遅延したことに逆切れし、クウガを殺そうとしていたザインに襲い掛かる(協力するふりをして二人でクウガを始末してから油断したところを殺せばいいのに、と突っ込むのは野暮である。だってあいつらグロンギだもん)。ザインを川に突き落とすと気が晴れたのかそのまま川を泳いで逃げ去っていった。

ザインがクウガに殺され、自分の番が来ると嬉々として2000/4/17(月)にゲゲルを開始。荒川を運行する水上バスを襲撃して着実に人数を稼ぎ(このときの描写はかなり真に迫っており今見てもかなり恐ろしい しかも乗客に幼い子供もいた。)、水中を潜行し獲物を捜した。
続いて釣り船を襲って釣り人を殺そうとするも、途中でに混ざったの匂いを察知しそちらに標的を切り替え、川岸の工事現場でたまたまケガしていた作業員に100回以上齧り付いて失血死させる。そこに駆けつけたクウガと戦闘になるも素早い動きでこれを翻弄、堅牢な装甲を持つタイタンフォームに変身したクウガになおも襲い掛かるが、一条薫刑事から警視庁で新開発されたガス弾を打ち込まれ、その悪臭に矢も盾もたまらず逃走する。

一条に銃弾をぶち込まれた脇腹を抱えて人間態になって悶え苦しむが、ズ・ゴオマ・グに侮辱されたことで憤激し再びゲゲルを開始。
一方警察では、ビランが非常に血の臭いに敏感なことを察知した警視庁が荒川に人工血液を散布することを決定。一条はモーターボートに乗って人工血液をばら撒き、ビランはまんまとこれに引っかかる。ビランは船上に上がり込んで一条を殺そうとするが、間一髪でクウガドラゴンフォームが乗り込み、三人はまとめて川に転落。ビランはクウガと壮絶な水中戦を繰り広げながらも逃走して川岸に跳びあがり、河川敷にいた未確認生命体に憧れる青年蝶野潤一を発見して襲い掛かる。話し合おうとする蝶野を無視し「獲物ダ!」と呟いて襲い掛かろうとするビランだったが、そこにようやく追いついたクウガに殴られて川に投げ落とされる。
最後はクウガと川で凄絶な泥仕合を行った果てに、近くにあった木の棒(川岸に突き立っていた棒をビランが間違えて斬り折ってしまった破片)をドラゴンロッドに変えられ、スプラッシュドラゴンをに打ち込まれてあえなく爆死した。

漫画版

ラ集団の戒めを破って勝手にゲゲルを開始。風紀を乱すということでラ・バルバ・デから見捨てられ、メ集団の中でも最も硬派なメ・ガドラ・ダに処刑が依頼される。
格上であるガドラに対しても土下座して謝るふりをして襲いかかるなどの下劣な手段に出るも、見透かされてしまい逃走。ほとぼりを覚ましたのちに改めて青年を川岸から襲おうとしたところでガドラにより粛正され爆死した。

派生作品

仮面ライダーディケイド』ではゴ・ベミウ・ギと共に究極の闇を復活させるためのゲゲルに挑戦するも、門矢士に妨害されて逃げ出す。その後怨恨を晴らすためなのかディケイドとクウガ(小野寺ユウスケ)に挑みかかるがクウガのマイティキックを受けて爆死した。
その後、解放されたン・ガミオ・ゼダに殺された通行人がビランに変身している。

外部リンク

Web archive「仮面ライダークウガ」公式サイト kuuga dimension GURONGI

関連項目

ライダー怪人 仮面ライダークウガ
仮面ライダーアマゾン:なんか似てる人

pixivに投稿された作品 pixivで「メ・ビラン・ギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 740

コメント