ピクシブ百科事典

モニカ・アウスバッハ

もにかあうすばっは

『ロマンシングサガ3』に登場する主人公の一人。 また、『エンペラーズサガ』、『インペリアルサガ』その他のゲームにも登場する。
目次[非表示]

概要

ロアーヌの侯爵であるミカエル。19歳。
兄と同じく容姿端麗で、ブロンドの髪と鮮やかなピンク色のが特徴。
(ゲーム中のドット絵も愛らしいが、公式イラストとの差異が結構多い)

カタリナを主人公にした場合を除きゲーム序盤で仲間になるが、貴族の娘であるためか技も覚えておらず、技量も低いので最初は足手まといになる事もあるが素早さは高く、根気よく育てることで才能を開花させ、戦闘時の攻撃の起点となるまでに
成長する(攻撃力自体は武器Lvで結構カバーできてしまうが、素早さは装備以外で上げる手段が無いので、得と言えば得)

たとえば…

  • 真っ先に敵陣に「ファイナルレター」で華麗に切り込むモニカ様。
  • 鍛えに鍛えた槍技「無双三段」で敵を打ち上げるモニカ様。
  • ピンチの仲間には、回復術で素早く治療を施すモニカ様。
  • 豪快に「マキ割りダイナミック」や「デッドリースピン」や「オービットボーラ」を決めるモニカ様。
  • 極めに極めた剣・大剣Lvの上で「分身剣」を容赦なく放つモニカ様。
  • 破壊するものに臆することなく「龍神烈火拳」を…(以下略)
など、プレイヤーの愛によってさまざまな姿を見せる。逆に言えば割と自由に育てることができるキャラでもある。閃き適正は小剣。攻撃適正としては小剣、弓、体術となる。通常攻撃が多い序盤は不得意と思える程に弱いが、武器Lvが上がっていくにつれて他の武器に劣らぬくらいに強くなる。弓に至っては命中の上昇も目立つ。

言葉遣いは礼儀正しく、淑やかなものが比較的多いが
時折活発な喋り方になったり、「まあ、○○オーラムですわ」など完全なお嬢様になることも。
要はあんま安定してない。
兄・ミカエルとの仲は良好ではあるが同じパーティーに入れることはごく一部の例外を除いて出来ない(モニカが主人公の場合のみビューネイ討伐イベント進行中にミカエルに話しかけると仲間にできる)。
また、ユリアンともパーティーの加入条件が少々特殊な扱いになっており
ユリアンが主人公の場合はプリンセスガードの勧誘を受けると一時的に。駆け落ちまで進むとそのまま仲間に入り続ける。勧誘を断ると他の主人公同様にビューネイ討伐イベントまで再会できないが、再会時に仲間に加えられる(駆け落ちイベントが発生する)チャンスがある。
酒場で別れるか、ミカエルに見つかる(モニカがいる状態で話しかける)と二度と仲間にならない(ちなみにモニカが主人公の時、ユリアンに駆け落ちを頼んだ後に酒場でユリアンと別れると彼は二度と戻ってこない。これは他の主人公でも同様)

エンディングはユリアンが最後までパーティにいる状態、もしくは駆け落ちを選んでいないと、ユリアンはミカエルから男爵の地位を与えられ、モニカは正式にユリアンとの仲をミカエルに認めてもらえる。

逆に駆け落ち後にユリアンをパーティから外しているとユリアンは無言のままその場を立ち去ってしまう(ミカエルに何を言われたかは不明)。そしてミカエルから再び嫁入りの話を持ち掛けられるが「私、まだ嫁に行く気はございません。それより、お兄様こそ早く結婚なさってください!!」と今度は自分の意思ではっきりと嫁入りを断り、逆に兄に結婚を催促するという展開になる。旅を通してモニカもはっきりと兄に対して自分の意思を口にできるくらい強かな女性へと成長した、ということだろう。

なお、エンペラーズサガのカードのテキストから覗えることだが、マスコンバットでの軍隊指揮もそれなりにできるようだ。

オリジナルキャラクターデザインは小林智美、リニューアルキャラクターデザインは倉花千夏の手により行われている。また、舞台版であるロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~ (サガステ)では山本ひかるが演じている。

関連イラスト

モニカ
祝20周年


モニカキック
ピドナの丘


ロマサガ3・モニカver2.01
<ロマサガ3>ポカポカ


関連タグ

ロマンシングサガ3 ユリアン・ノール ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ
カタリナ・ラウラン

pixivに投稿された作品 pixivで「モニカ・アウスバッハ」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135012

コメント