ピクシブ百科事典

モルボル

もるぼる

モルボルとは、RPG「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する敵モンスター。
目次[非表示]

概要

ファイナルファンタジーシリーズに登場するモンスター。『FF2』で初登場して以来、ほとんどのFFシリーズに登場する。大きさは大体人間の2倍程度の身長であることが多いが、作品によっては人間と同程度の大きさだったりする。

複数のを持ち、触手に覆われた醜悪な姿で体中粘液で覆われており、悪臭を放ち、大口でなんでも食べてしまう「食人植物」。その「臭い息」を嗅いだ者は、身体に毒・暗闇・沈黙・混乱など様々な異常を引き起こし、油断しているとあっという間に倒されてしまう。こんなんでも一応植物であるため弱点が属性に設定されていることが多い。

作品によっては「モルボル菌」と呼ばれる胞子状の寄生によって繁殖するという設定があり、他の生物がこれを植え付けられると体の自由を奪われた挙句、モルボルにされてしまう。

後世のイヴァリースでは食用とされている。

モルボルの種類

一般的なモルボル

くさい息でプレイヤーを困らせる凶悪モンスター。亜種に、オチューモルボルグレートなどがいる。作品によってはモルボルワースト、モルボルキングが登場する。

くさいいき

このモンスターの代表的な技。味方全体に一度に様々な状態異常を及ぼす効果があり、シリーズを通してプレイヤーを恐怖に陥れる鬼畜性能を誇る。

初登場のFF2では石化効果のみ(※)だったし、そもそもモルボルはこの技を使わない。せいぜいマヒ追加の通常攻撃だけしかしない、実は割と大人しい存在だったのである。ところが上位のモルボルグレートの通常攻撃が多数の追加効果を持っており、この特徴がFF4以降のくさいいきに引き継がれ、モルボルの得意技となったのである。
(※···石化のみというのはある意味、後発の作品のそれより恐ろしい。一発全滅がありうるのだから。)

代表的な効果は、蛙・豚・カッパ・小人・石化(徐々に石化)・混乱・バーサク・睡眠・毒・暗闇・沈黙・麻痺・ヘヴィ・バインド・スロウ・ストップ・オイルなどで、どの効果が付加されるかはシリーズ毎に異なるが、一挙に複数の効果を及ぼすというものがほとんど。

モルボルがこの技を使ってこない、あるいは操作不能に陥る状態異常をあらかじめ防御するアビリティなどをつけていれば安心して戦えるが、FF8のモルボルおよびFF10に登場するモルボルグレート、モルボルワーストは特に凶悪で、エンカウントすると必ず先制攻撃で「臭い息」を使用してくるという嫌がらせとしか思えない設定がついているためとても恐れられた。

味方全員が混乱・バーサク・毒状態になり、操作不能になって慌てている間に仲間内で殺し合いながら毒に侵され全滅する様はまさにトラウマである。

関連イラスト

100.モルボル
シロマ!後ろ!後ろ!
びじょとやじゅう
もるさん


関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ ゲームにおけるみんなのトラウマ一覧
触手 くさいいき モルボル菌
マルボロ

pixivに投稿された作品 pixivで「モルボル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 831589

コメント