ピクシブ百科事典

モーニングスター

もーにんぐすたー

打撃武器の一種。持ち手の先に棘鉄球があり、鎖で繋がれているもの(フレイル型)と直接繋がっているもの(メイス型)の二種類が存在する(またはそれらの鉄球部分そのものを呼ぶ)。
目次[非表示]

鎖で繋がれている物(フレイル型)

モーニングスター
無題



直接繋がっている物(メイス型)

ホイホイさん
パンヤ クー



概要

鉄球が星が光っているような形状である事から明けの明星-Morning Star-が名前の由来とされる。決して頭部を叩くと星が飛ぶからではない。
ドイツ読みでは『Morgenstern-モルゲンシュテルン-』。
上記のように2種類が存在しているが、ゲーム作品では主に柄と打撃部分を鎖で繋いだ鎖分銅の派生種と言えるフレイル型が登場する。
原形は棍棒に類するメイス型。

その重量と遠心力を利用する事から扱い辛いという欠点はあるものの、鉄球自身の質量とその威力を増す棘、また遠心力を乗せた一撃の破壊力は高く、直接的な殺傷能力は無くとも、その質量と運動エネルギーからくる衝撃で強固な板金鎧の上からでも骨折や内蔵破裂などのダメージを浸透させる。
またフレイル型の鎖部分の自在性は盾越しに、鉄球部分が盾の外枠を回り込んで攻撃できるという点でも優秀である(ただし、最悪自分の後頭部に直撃する扱いの難しさもある。ひと昔前の日本でいえば、ブルース・リーの真似をしようとしてヌンチャクで痛い目を見る状況)。
綺麗な名前とは裏腹にえげつない武器である。

本来は戦士、騎士が愛用する鈍器系武装だが、RPG等では(ゲームバランスの関係で)刃物の所持を禁止されている事の多い僧侶が使用する(ただし固定クラス制ではなくスキル制だとそういう制限は少ない)。
尤も現実世界の中世でも十字軍みたいな騎士兼僧侶は珍しくはなく、更には詭弁だが「僧侶として、流血沙汰は避ける」としてオド司教(第一回十字軍を興した人物)等に愛用されたらしい。
つまりRPGでよく突っ込まれる「僧侶は髭も剃れない」と言うネタに対しては「他者を傷つける目的でなければ問題ない」とされている。そう考えるとトゲも刺さらない程度の短かさ(場合によってはトゲではなくイボ)なのだろう。

また、敵キャラとして登場する巨人族や鬼族が、その腕力や恐ろしさを誇示するために使う事もある。
ドラゴンころしの登場後は巨大メイス的な剣が流行るようになってしまったが…。

凶悪な外見の武器にも関わらず、pixiv内では何故か美少女が(フレイル型・メイス型問わず)
これを持っている絵が描かれる事が多い。ギャップ萌えというものだろうか?

関連イラスト

ギャップ
モーニングスターもどき


【ロリ×武器】ぅゎょぅι゙ょ眼鏡
【誕生日】あずにゃんにモーニングスターを持たせてみた、



モーニングスターを使用するキャラクター


実在する商品


関連タグ

棍棒 武器
ハンマー メイス フレイル 鉄球 鎖分銅 ヨーヨー ガンダムハンマー はかいのてっきゅう

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「モーニングスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1076876

コメント