ピクシブ百科事典

ユグドラシル

ゆぐどらしる

北欧神話に登場する世界を支える大樹
目次[非表示]

ユグドラシルとは、北欧神話に出てくる幾つもの世界を支える大樹である。次元を超越して世界を繋ぐ文字通りの『世界樹』であり、北欧神話においてすべての世界はこの大樹の枝葉の上に存在するとされている。

概要

 混沌の時代からすべての世界を支える、北欧神話の土台というべきトネリコの大樹
 そのあまりの巨大さとスケールの大きさから世界樹の異称を持つ。

 そしてその名に違わず、混沌の氷原・ニブルヘイムから最上界たる神界・アースガルドを貫き、その枝葉で世界の土台を支えているという、世界の神話でも類を見ない壮大なスケールを持つ樹でもある。

ユグドラシルが支える世界


ユグドラシルに棲む生物

 ユグドラシルには、その幹や枝葉に多数の生物を宿している。

フレースヴェルグユグドラシルの頂・天の北端にたたずむ大。彼の羽ばたきが世界の風となって吹き渡っているという。ニーズヘッグとは犬猿の仲で、ラタトスクを通じて互いに罵り合っているという。
ラタトスクユグドラシルの幹を駆け回る栗鼠。世界間に情報を伝えるメッセンジャーでもある。
ニーズヘッグユグドラシルの根を齧っている、フヴェルゲルミルの泉に棲む(悪)。ラグナロクの後も生き残り、世界の終焉には死者をその翼に乗せて飛び去るとされる。
ダーイン、ドヴァリン、ドゥネイル、ドゥラスロールユグドラシルの樹皮を糧として生きる牡鹿たち

ユグドラシルと三つの

 ユグドラシルは三つの世界に根をおろしており、それぞれの根元に泉が湧いているとされる

ウルドの泉ミッドガルドの真下にある、運命の三女神が棲む泉
ミーミルの泉ヨツムヘイムにある、知恵の神ミーミルの棲む泉。この泉の水を飲むとあらゆる知恵を授かるとされ、オーディンは右目を対価にこれを飲んだとされる
フヴェルゲルミルの泉ニブルヘイムにある、ニーズヘッグの棲む泉。無数の毒蛇がひしめき合う醜悪な泉

テイルズシリーズ

TOPおよびTOSに登場する。
前者では「世界樹」であり、後者はキャラクター名である。
TOSのユグドラシルに関しては「ミトス」を参照。

ゼノギアス

作中に登場する潜砂艦の名前。2隻が存在する。
艦長はバルトロメイ・ファティマ

NARUTO

作中において、世界の始まりとなった大樹である『神樹』のモデルであるとされる。詳しくは『十尾』を参照。

関連タグ

生命の樹 世界樹 北欧神話 ユグドラシル・コーポレーション

pixivに投稿された作品 pixivで「ユグドラシル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1180372

コメント