ピクシブ百科事典

ユニオンフラッグオービットパッケージ

ゆにおんふらっぐおーびっとぱっけーじ

ユニオンフラッグオービットパッケージは、機動戦士ガンダム00に登場する、ユニオンフラッグの派生機である。
目次[非表示]

概要

機体番号:SVMS-01OP
背部フライトユニットをロケットエンジンに換装した宇宙型。『1st Season』第9話冒頭で、軌道ステーション近辺を哨戒していた。
『機動戦士ガンダム00F』にも登場。『2nd Season』の時点では、カタロンが運用しており、ユニオンリアルド宇宙型に比べて希少な機体とされる。

派生機

ユニオンフラッグオービットパッケージ(アストロワーク仕様)
機体番号:SVMS-01AW
オービットフラッグのコロニー作業仕様。腕部は作業用アームに変更され、手部が作業内容によって交換可能になっている。脚部は宇宙空間での作業用に可変式の大型アームが採用されていて、先端のクローにリニアスピアを内蔵している。
武装は「MLR-04 クロスファイア(XLR-04の改修・量産モデル)」が装備されており、射出用アタッチメントを追加することでマスドライバーに転用可能になっている。

ユニオンフラッグオービットパッケージ(コロニーガード仕様)
アストロワークフラッグを哨戒・戦闘用に武装強化した機体。巡航形態(クルーズポジション)での運用が基本となる。
アストロワークフラッグと同じ「MLR-04 クロスファイア」に加え、肩のマウントに120mmショートリニアキャノン、脚部関節のマウントにロケットミサイルランチャーを装備する。


ユニオンフラッグオービットパッケージ(刹那専用機)
コロニーガードフラッグに、各種GN粒子系武装を装備したカスタム機。疲弊したCBの再編や新型ガンダムが完成するまでの繋ぎとして用意される。変形機構に対応したGNソードII改や、ショートリニアキャノン、内蔵型リニアキャノン、ロケットランチャー、ソニックブレイド、リニアスピアなどの各種武装を装備している。
非太陽炉搭載機ながら、純粋種である刹那・F・セイエイが乗ることで侮れない戦闘力を発揮し、コロニー建設現場を視察中のマリナ・イスマイール達を襲撃した、コロニー公社過激派のGN-XIII3機を単機で撃破する。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00V A_wakening_of_the_Trailblazer
ユニオンフラッグ
刹那・F・セイエイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ユニオンフラッグオービットパッケージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 730

コメント