ピクシブ百科事典

ユピテル

ゆぴてる

ユピテルとはローマ神話における神々の王・天の父・雷神である。

ローマ神話主神などの天候を司る天空神
妻は結婚を司るユーノー。彼女もまた女神の中では最上位にある。

アルファベット表記はJuppiterもしくはJupiter。英語ではJupiterと表記されることが多くジュピターと発音される。原音を日本語で表記するなら「ユーピテル」となるが、日本においては長音を省略し「ユピテル」と書かれることが多い。
ユーピテルという名は Dyēus-pətēr(ディェーウ=パテル、父なるデウスが訛ったもので尊称を省いたヨーウェ(Jove)の名でも知られる。
北欧神話テュール、『リグ・ヴェーダ』のディアウスとは同じ起源を持つとされる。
とくにディアウスの異名「ディアウス・ピター」と「ディェーウ=パテル」はとてもよく似ている。

ギリシャ神話導入後
ゼウスほどスケベ親父ではないものの、神名の語源も同じで、雷神や主神であるといった特徴も共通していたため、ギリシャ神話が導入されると習合した。
後世にはゼウスの神話を語る際にもユピテルの語が使われるようになった。

ローマカピトリヌスの丘に祭られ、ローマの国家神の性格を帯びるようになり、「ユピテル・オプティムス・マクシムス(最善最大のユピテル)」とも呼ばれるようになった。

『ユピテル神』他『神』を名乗ったローマ皇帝

  • カリグラ(ユピテル神そのもの)
  • ドミティアヌス(神のような統治者)
  • ディオクレティアヌス(ヨウィウス、ユピテル神のローマ皇帝.〈四分統治の正帝〉)

【その他】
  • コンモドゥス(地上のヘラクレス)

  • 軍人皇帝(22人)(無敵太陽神のようなローマ皇帝)

関連項目

ローマ帝国
6月
教皇タロット大アルカナ)一部の版では教皇からユピテルに差し替えられている。

木星・・・英語名Jupiter

テルマエ・ロマエ 『ルシウス・モデストゥスのことをユピテルの仕業だと言っていた』

pixivに投稿された作品 pixivで「ユピテル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60511

コメント