ピクシブ百科事典

ユリアン・ミンツ

ゆりあんみんつ

田中芳樹原作の小説「銀河英雄伝説」に登場する自由惑星同盟サイドのキャラクター。
目次[非表示]

「貴様一人の命で、償えるものか!」

概要

cv:佐々木望

ヤン・ウェンリーの養子にして彼の家の一切の家事を取り仕切る少年。
戦争孤児であり、そういった境遇の子供を高級軍人の養子にする「トラバース法」の導きによってヤン・ウェンリーと出会った。
呼吸すら億劫なヤンが生存できていたのは彼の功績が大きい。
紅茶を入れる達人にして影の主人公。

学生のころから身体能力に優れ、スポーツ特待生として進学する道もあった(イゼルローン要塞移住直前にはブッシュ先生が強く勧めている)のだが養父であるヤンに憧れヤンの反対を宥めつつ軍に仕官した。
仕官後は知謀のヤン、陸戦のシェーンコップ、空戦のポプランと各分野の教師に恵まれた上に本人の素質もあり、全てをそつなくこなす優等生となった。だがそのどの分野においても師を超えることは出来ず器用貧乏な人物と評されている(とはいえ、対ガイエスブルグ要塞戦やバーミリオン会戦において敵の戦術を逸早く看破したり、参加した陸戦もなんやかやで生き延び単独でラインハルトと対等な会談の約束を取り付けたりと、その活躍・功績は決して器用貧乏と軽視できるものではない)。
ヤンに対する絶対的な信奉者の一人でもある。

同盟側の物語には、ユリアンの目を通してヤン・ウェンリーの思想や行動を見る、という側面もあり、その意味では同盟側の最も重要な人物ともいえる(その構造上必然的に物語中のヤンの人物像はユリアンの主観が多分に入り混じるが)。
ヤンの死後は、ヤンのような軍人になりたかったのではなくヤンの部下になりたかったという願望を自覚し一時期は軍人である意義を見失ってしまう。
だがヤンの後継者問題になった時、人間関係的にも人格的にもユリアン以外にヤンの後任たりえる人格者が居なかったことに加え、周囲からの強い要望・後押しもあってイゼルローン軍の総司令官に就任。当初はその器量を危ぶまれたが、就任後の初陣にて、ワーレン艦隊の撃退に成功。この功績から、イゼルローン住民の絶大な支持を得るに至った。
とはいえやはり先達のヤン・ウェンリーがあまりにも偉大であったためか何かにつけて比較や批判を被る立場に置かれ、結果的にかなりの心労を背負い込む事となった。

系譜

同盟建国以来の家系の生まれ。父は大尉であった。
母は亡命してきた帝国平民の出。その為、両親が亡くなった後に彼を引き取った祖母(父の母)からは「孫」ではなく「息子を奪った女の子供」として扱われていた。

人物像

両親に先立たれ祖母からも冷遇された過去を持っているが、普段はそういった影の部分はおくびにも出さない朗らかな性格の持ち主である。人当たりの良い性格もあってか曲者揃いなヤンの部下たちからも厚遇され、ヤン亡き後は彼らを繋ぎ止める接着剤の役割を担った。
戦術の天才ヤン・ウェンリーのようにずば抜けた才能は持たなかったが、冷静な判断力と適切な指導力によって人材を統率する能力の持ち主であったと言えるだろう。
また戦術方針を決める上でも「ヤンならどうするか?」といった彼の記憶するヤン・ウェンリーに習う場面も多かった。
ある意味において、彼は「一人の天才が成し得ることを数多の凡人が引き受ける」という”民主主義”の原点を体現した存在と言えなくもない。

ユリアンが会ったことのある人物


一流二流、好き嫌いは別にして、ユリアンは歴史を動かした人物にこれだけ会っている。同盟・帝国を通じてそんな貴重な経験をした人物はほかにいない。

関連イラスト

ユリアン・ミンツ
だいじに、


銀河英雄伝説
ぎんがのえいゆう



関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟
ヤン・ウェンリー フレデリカ・グリーンヒル カーテローゼ・フォン・クロイツェル

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリアン・ミンツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101720

コメント