ピクシブ百科事典

ヨシツネ

よしつね

ATLUSのRPG「女神転生」シリーズに登場する源義経をモデルとした悪魔。
目次[非表示]

概要

初出作品は『真・女神転生デビルサマナー』。種族は“英雄”で、レベル55以上の造魔と魔神ハチマンを合体させることで作成できる。
デザインは黒い烏帽子形兜に緋色の鎧具足を身につけ、太刀と脇差の二刀を手に持つ美青年である。
デビルサマナーでは、物理系特技を全て反射する防御相性や高い攻撃力、後述する専用スキル「はっそうとび」など尋常でない実力を誇る。
以上のデザインや能力から仲魔として愛好され、さらに後のシリーズ作品『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』ではイベント戦闘で登場し、『コドクノマレビト』でも活躍している。

スキル「はっそうとび(HASSO-BEAT)」

シリーズを通して“敵全体に八回連続攻撃”で、初出はヨシツネと同じく『真・女神転生デビルサマナー』。
表記は「八艘跳び」、「八双跳び」、「八艘飛び」などシリーズによって表記ゆれがある。
セガサターン版では単体物理攻撃スキルに匹敵する威力を備えていたことで猛威を振るい、後の「ソウルハッカーズ」では弱体化した。
しかし、『ペルソナ4』においてはヨシツネ自身が補助スキル「チャージ」(次の物理属性攻撃を二倍以上ダメージ)「ヒートライザ」(味方一人の全ステータス上昇)「ランダマイザ」(敵一体の全ステータス弱体化)を所持することが可能なことから、過去作をはるかに凌駕するバランスブレイカーと化している。
オマケにコミュ解禁ペルソナではないため、塔のコミュニティをMAXにしなくとも創れてしまう。
まあ、肝心の「八艘跳び」を習得するにはレベルを初期の75から83まで上げなければならないので、基本的にコミュMAXにしてから創ったほうが良いが。
ただし、PS2版ではランダマイザは修得条件がやや特殊すぎるため、修得を悩む或いは諦めてしまうプレイヤーもいる。
もっとも、無理にヨシツネにランダマイザ(ヒートライザ)を習得させなくても、ランダマイザ(ヒートライザ)使用ターンだけ別ペルソナに変更すれば良いだけなのだが。

また、PSVita版である『ペルソナ4ザ・ゴールデン』では、スキルカード(ポケモンのわざマシンのようなもの)で無理なく習得可能になった。
それどころか、直斗「ヒートライザ」を、千枝がその全体版である「ドラゴンハッスル」を習得するようになったので、より高い回転率で「八艘跳び」を放てるようになった。

キャーツネサーン!!

 

関連タグ

女神転生 源義経

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨシツネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162615

コメント