ピクシブ百科事典

ラクサス・ドレアー

らくさすどれあー

ラクサス・ドレアーとは、「FAIRY TAIL」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:小西克幸速水秀之(少年時代)

23歳。左胸下に紋章がある。好きなものは最強、嫌いなものは弱者。
S級魔導士。マカロフの実孫で、闇ギルド「大鴉の尻尾」のマスター・イワンを父に持つ。
幼少時は祖父を「じーじ」と呼ぶなど敬愛していたが、青年時から反抗的になり「マスターの座を譲れ」と度々迫るようになる。そして、「幽鬼の支配者」との一件や「妖精の尻尾」に対する周囲の反応、ガジルジュビアを受け入れるギルドの現状にしびれを切らし、収穫祭の直前に「バトル・オブ・フェアリーテイル」を開催、マスターの地位の簒奪を目論む。
常にヘッドフォンを付け、葉巻を吸っている。そのヘッドフォンにはサウンドポッドという魔導式音楽プレイヤーが繋がっている。好きな音楽のジャンルはロッククラシックを融合させたもの。

冷酷非道な言動と相手をバカにする態度のため、ナツエルザとは仲が悪く、ミラジェーンをはじめとする多くのギルドメンバーからも嫌われているが、それとは裏腹に仲間を想う純粋な心も秘めており、「妖精の法律」でマグノリアもろともギルドを壊滅せんとしたが、失敗に終わる(「妖精の法律」は「術者が敵と認識した者以外に効果がない」という性質があり、ラクサスがギルドのメンバーを敵と認識しきれていなかったことを暗に示す形となった)。

「バトル・オブ・フェアリーテイル」騒動終結後、マカロフから破門を言い渡されるが、昔と同じように祖父を「じーじ」と呼び、収穫祭においてナツやマカロフ達からのメッセージを受け取り、涙ながらにギルドを去っていった。
その後は放浪生活を送っていたが、マカロフの危機を感じ取りハデスとの決戦に乱入。一矢報いるも倒すには至らず、残った魔力をナツに貸し与え後を託す。
天狼島からの帰還後は、ギルダーツの配慮によりギルドに復帰した。放浪生活を送っていたこともあり、今までとは裏腹に人付き合いも良くなっており、ギルドメンバーとの交流も深くなって来ている。
大魔闘演武ではBチームとして出場。実際の描写はないが、滅竜魔導士のため、実は乗り物には弱いらしいことが判明する。

魔法

レイジングボルト
雷の滅竜魔法
子供のころは体が弱かった為、イワンにより体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込まれている。
雷竜の咆哮(らいりゅうのほうこう)
口から電撃を繰り出す。
雷竜方天戟(らいりゅうほうてんげき)
雷で方天戟を創り出し、敵に目がけて投げつける。

妖精の法律(フェアリーロウ)

関連タグ

FAIRYTAIL フェアリーテイル

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクサス・ドレアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276532

コメント