ピクシブ百科事典

ラクシャータ・チャウラー

らくしゃーたちゃうらー

「コードギアス 反逆のルルーシュ」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:倉田雅世
中華連邦・インド軍区出身の女性技術者。額のチャクラの化粧が特徴。キセルを愛用している。
当初は日本の反ブリタニア勢力の元締めである『キョウト』に協力していたが、後にそこからの紹介を経て黒の騎士団に所属することとなる。
第七世代相当の日本製ナイトメアフレーム紅蓮弐式』及び『月下』の開発者でもある。

人物像

外見的特徴も相俟ってエキゾチックな雰囲気を纏い、気だるさを感じさせる所作と少し間延びしたような独特な口調で喋る。
物事を自身が面白いと思うかそうでないかで判断して行動の指針を決める享楽的な性格で、黒の騎士団メンバーの中では唯一思想や理念といったものとは無縁の人物であり、黒の騎士団へ参加を決めた切っ掛けも『リーダーのゼロが面白そうだから』とは本人の弁。

技術者としては天才的な才能の持ち主であり、ナイトメアフレーム開発技術が全く培われていなかった日本において、第七世代相当の性能を持つ機体を短期間で完成させている。
また、輻射波動機構や飛翔滑走翼、ゲフィオンディスターバーなど、新技術を用いた特殊兵器を独自開発したり、多くの技術者がその扱いを持て余したドルイドシステムを効率的に運用する仕組みを完成させてみせるなど、多岐に渡りその高い技術力を発揮している。
また、アニメ作品の天才技術者にありがちな人をパーツ扱いするマッドサイエンティスト的な一面は無く、人としての常識や情はきちんと備えており、安全性を重視した設計を旨としている。
かつては、医療サイバネティックの分野で名高い著名な研究者であった。

過去、神聖ブリタニア帝国に留学していた経験を持ち、その当時在籍していたアカデミーでロイド・アスプルンドとは同級生、セシル・クルーミーとは先輩後輩同士の間柄だった。
特にロイドとは、その当時から技術力の研鑽を競い合うライバル同士でもあり、そう呼ぶようになった経緯は不明だが彼を『プリン伯爵』と呼んで敵視している。
お互いがお互いの手の内と開発した独自技術の内容を知り尽くしており、直接会うことはまず無くなった後も、戦場で彼らの兵器が性能差を競いぶつかり合うという形で対決が続いているなど、最早腐れ縁の域に達している。

関連イラスト

なぁにこっち見てんのよ
ラクシャータさん



関連タグ

コードギアス 褐色 おっぱい ロイド・アスプルンド ナイトメアフレーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクシャータ・チャウラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2863

コメント