ピクシブ百科事典

ラッキーマン

らっきーまん

漫画「とっても!ラッキーマン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CVは田中真弓

概要

追手内洋一が元祖ラッキーマンと合体し、変身した姿。
メキシコサラマンダーのようなすっとぼけた顔、胸の大吉マーク、頭に茶柱が立った湯飲み、福耳(実はピアス穴がある)、足の裏に書かれた「サイコー」が特徴。

実力はないが、ついてついてつきまくる宇宙一ラッキーな正義の味方。
パンチやキックはふにゃふにゃ、ビームはへろへろ。連載前の作品や連載初期はそうでもなかったが、威力のなさは変わりない。目先の欲に弱く、自分が危なくなるとすぐ敵に寝返る・・・と、お世辞にもカッコイイとは言えないヒーロー。しかし、幸運の星の力で、行動の一つ一つがラッキーへと繫がっていき、予測不能な展開を見せる。相手からすれば、自分の考えそのものがラッキーマンのラッキーに利用されることがしばしばあるため、これほど始末の悪い相手もそうそういないだろう。
ただし、幸運の星が雲で隠れてしまうと胸のマークが大凶になり、一歩も動けなくなってしまう。最終決戦においては幸運の星圏外と言う状況に陥っている。しかし、どんな苦境に陥っても最終的には必ずラッキーでなんとかなっており、ラッキーの力のほうが強いのかもしれない。
200年以上努力し続けた強者も、負け知らずの無敗のヒーローも、50億年に一度生まれるか生まれないかという天才も、圧倒的な力で宇宙征服を企んでいた男も、ラッキーマンと戦うと同レベルにまで落ちる。しかも全員後に味方になっている・・・。
最強議論にもたびたび顔を出し、『あらゆる作品のキャラクターの中で最強なのはラッキーマン』と言われることも。さすが師匠!
ただ、流石に最上位クラスになると宇宙を幸運の星ごと根本から改変できるレベルの怪物もゴロゴロしているため、ラッキーマンではどうしようもない可能性は高い。「勝率0%」ではラッキーも起こりようがないのだ。
逆に言えば勝率が0.0000000001%でもあればそれを強引に引いて勝ってしまうのがラッキーマンであるため、等身大ヒーローでは最強クラスなのは間違いないだろう。少なくともジャンプキャラの中では「孫悟空とどちらが強い?」と聞かれるレベルの実力者である。

しかし彼にも、大凶以外の(ある意味では真の)弱点がある。それは、ラッキーが幸運の星によって起こるため、幸運の星以上の賢さを持たれると、役に立たない事も。ラッキーが起こった瞬間を突かれ、直後の運的に無防備な所を倒された場面も。

外部出演

Jスターズビクトリーバーサスに出演、八代亜紀女史のOPもアニソンエディションで用意してもらっている。
原作のように強い味方に頑張ってもらうスタイル…かと思いきや、肉弾戦では一、二を争う性能の高さ。
その強さのキモはR1+□で出る範囲攻撃の茶柱サーベル。出が早く、範囲も広く、回転中は無敵。ヒットさせた後はラッキーマンが先に動けてレバー入れのコンボ始動が入り、強攻撃やR1+△などでの追撃もしやすい。
それ以外にも○で出るラッキービームはヒットすると両さんのロケット花火ランチャー同様コンビネーション攻撃を誘発、ホーミング性能も高い。
↑+○のラッキーパンチはへろへろだがこれもホーミング性能が高く、相手の攻撃を受け止めるとカウンターのキックが発動して大ダメージを与える。生当てだと基本コンボの始点にもできてしまえる。

…ここまで書くと強キャラと思われがちだが、攻撃を素振りする・ガードされると運気がどんどん下がっていき性能の低い「凶」モードに変化。
攻撃を外すと自滅行動が間に挿まれ、大きな隙を晒してしまう様になり(自滅行動自体にダメージは無し)、ラッキービームもポトリと落ちる。
運気を回復するにはR1+○で幸運の星の光を浴びたり(体力も微回復)、超必殺技「とどめのラッキービーム」を敵に当てる事(凶モードだと演出も威力もしょっぱくなっている)で回復する。

戦闘前の掛け合いでは意外に北斗勢とのモノが多かったりする。
一護との掛け合いではいつも通りだったり。
中の人が同じルフィとの掛け合いも用意させてもらっている。

運気によって背中のメッセージも変化しており、大吉だと「OKOK 全然大丈夫」、凶だと「もう ダメ」と表示される。

関連イラスト



関連タグ

とっても!ラッキーマン 追手内洋一 努力マン スーパースターマン ヒーロー師弟

他の記事言語

Lucky Man

pixivに投稿された作品 pixivで「ラッキーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1631498

コメント