ピクシブ百科事典

ラバーソール

らばーそーる

ラバーソールとは『ジョジョの奇妙な冒険』第3部の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ゴム底の(Rubber Sole)のこと。ロックパンクロカビリーファッションには欠かせない。
  2. ビートルズの6枚目のアルバム「ラバー・ソウル」(Rubber Soul)。
  3. ジョジョの奇妙な冒険の登場人物。↑が原典?

概要

「てめーおれのサイフを盗めると思ったのかッ このビチグソがァ~~~~っ! ヘドぶち吐きなッ!」
これがおれの本体のハンサム顔だ
「弱点は ねーといっとるだろーが 人の話きいてんのかァ この田ゴ作がァーーー」
「ドゥー・ユー・アンダスタンンンンドゥ!」

第3部「スターダストクルセイダース」に登場した敵キャラクター。
自らハンサムと自称する通りそこそこ端正な顔立ちだが、上記の台詞に代表されるように自惚れが強く、暴力的で下劣な性格で、相手を挑発する台詞も逐一下品。しかし追い込まれると弱気になり、降参したふりをして許しを請いながら、隙を見て不意打ちを喰らわせるなど、本質は卑劣な小悪党である。
DIOから承太郎を殺害すれば1億ドルを貰える契約を結んでおり、金銭で雇われている為、忠誠心はなく、DIOの事を呼び捨てしている。

シンガポールで、花京院典明に変装して空条承太郎に近づいた。
自身のスタンド「イエローテンパランス」のどんな衝撃も分散・吸収する柔軟さと高い防御力、さらに相手を食い尽くすまで離れない能力により、承太郎を追い詰めるが、承太郎のジョースター家に伝わる伝統的な戦い「逃げる」という奇策により、ケーブルカー内での戦闘中に水中へ引きずり込まれ、呼吸のために顔を出したところを殴り飛ばされる。
「重傷でもう戦えない」と降参し、「両右手の男」の情報を話しながら隙を窺い、排水溝を利用した不意打ちを喰らわせる事に成功するが、皮肉にも承太郎にも排水溝を利用され、完全に敗北。
恥も外聞もなく再度許しを請うも、承太郎には「もうてめーには何も言うことはねぇ、とても哀れすぎて何も言えねぇ」と吐き捨てられ、最後はスタープラチナのラッシュ追撃で顔面をボコボコにされて再起不能となった。
因みにオラオララッシュを喰らった記念すべき第1号である。

なおこの戦闘の間、本物の花京院はどこにいたのか原作では描写されていなかったが、TVアニメでは承太郎に置いて行かれた為、学生服のままプールサイドで日光浴をしていた事になっていた。

余談

  • 承太郎を不意打ちをかまして勝利を確信した時の台詞は「マイク・タイソン以上におれって幸運だと思わんかい~!?このタマナシヘナチンがァーっ」だが、格ゲー版(未来への遺産)では「マイク・タイソン以上に」が「ヘビー級ボクサー以上に」になっており、アニメ版では「マイク・タイソン以上に」が省略されている。
  • コブラチーム版のゲームでは、花京院ではなく再起不能になったはずの呪いのデーボやホテルの従業員に変装している。しかもすぐに正体を自分からバラすため、変身の意味がほとんど無い。 また、原作では承太郎が倒しているが、彼に有効な「ヒラメキ」攻撃はアヴドゥルが行う。


スタンド「イエローテンパランス(『黄の節制』)」

ドゥーユゥーアンダスタンンンンドゥ!


相手に同化し、肉を取り込む不定形のスタンド。詳細は当該記事へ。

担当声優

岸祐二(PS版格闘ゲーム、本体)
真殿光昭(PS版格闘ゲーム、偽花京院)
川田紳司(テレビアニメ版、本体)
平川大輔(テレビアニメ版、偽花京院)

関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 3部 スターダストクルセイダース これがおれの本体のハンサム顔だ スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ラバーソール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 613721

コメント