ピクシブ百科事典

ラブカス

らぶかす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.370
英語名 Luvdisc
ぶんるい ランデブーポケモン
タイプ みず
たかさ 0.6m
おもさ 8.7kg
とくせい すいすい


すいすい:天候が雨のとき、すばやさが2倍になる

概要

『ポケットモンスタールビーサファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。名前の由来は恐らく「ラブ(恋愛)+ディスカス(熱帯魚)」。また、深海魚であるラブカという魚も存在する。
ハートの形をしたの様な外見をしている。
熱帯の浅いに生息しており、サニーゴの枝を寝床にしている。繁殖シーズンになると多くのラブカスが集まってきて、海面がピンク色になるという。また、カップルを見つけると、後ろから付いてくる習性がある。
そのハート型の体は愛情のシンボルとされ、ラブカスを見つけたカップルは、永遠のが約束されると信じられている。その為好きな相手にラブカスを送る風習が残っている。
ピンク色で可愛らしい外見と、上記のような習性と言い伝えから、人気の高いポケモンである。
ただし、ポケモンバトルではまず使用されないであろうポケモンでもある(後述)

ゲーム上の特徴

対戦における性能は誇張抜きに評価しても尋常じゃない位弱い。

ステータスは「すばやさ」が高い部類に入り、とくせいを含めれば勝負できそうなくらいの速さを誇っている。
しかし高いのは「すばやさ」だけで、他は目を当てられないくらい壊滅的である。
もっとも、その素早さですら御三家の新たなるスターであるゲッコウガや、第4世代で最速の「すいすい」使いの座を奪い取ったフローゼル、自身より優秀な補助技を豊富に持つヒヤッキーに負けている。

その上、低種族値ポケモンにとって頼みの綱となる補助技すらもあまり恵まれてはいないなんとも微妙なラインナップで、すいすい持ちの中で比較してもヒンバスの方が優秀なため、雨天下でのサポートをしようにも進化前にすら劣りかねないという厳しさ。
ダブル・トリプルでは習得者の少ない癒しの波動や仲間づくりで少し希望が持てるが、シングルバトルだとせいぜいてんしのキッスで運ゲーに持ち込むくらいなので勝ち残る事は辛いだろう。
HGSS』においては貴重な先制技である「アクアジェット」をタマゴ技で、第5世代ではハイドロポンプを自力で習得可能となったが、攻撃力も特攻もカス同然のラブカスにとっては「焼け石に水」と言った状況である。

とにかくこのポケモンならではの戦法があまり存在せず、いくらでも他のポケモンで代用が出来てしまう点が一番辛いかもしれない。

水タイプ最底辺に位置する埋葬級の弱さであり、不遇ポケモンとして扱われやすいポケモンの中でも筆頭クラスとする声も多い。
「ラブ(愛)」がワードに含まれていながらゲーフリからの寵愛は微塵も受けている気がしない。
しかし、ポケモン廃人にとってラブカスが役立たずかと言えば、むしろ逆。

ゲーム内では野性のラブカスが時々持っている「ハートのウロコ」と呼ばれる貴重なアイテムを手に入れる為にプレイヤーに乱獲されまくっている。その為ラブカスの出現する地帯がどうなっているかはお察しください。
挙げ句の果てにはウロコが本体でラブカスはおまけなど呼ばれたり、ウロコの形状や名前とかけてラブ(ハートのウロコ)のないラブカスはただの"カス"と呼ばれることもある有様である。
このようなことも、ラブカスの不遇さを端的に表している。

ポケモンXYでは追い討ちをかけるようにボロのつりざおで確定で大量に釣れるようになってしまった
特性「おみとおし」のオーロットでハートのウロコを持っているか確認された上で、どろぼうでウロコを剥されるのが彼(彼女)の日課となってしまった…。
因みに、とある町で何とハガネールと交換できる。恐らく大半のプレイヤーにとってはラブカス=ハガネール引換券になっている…かもしれない。

もし新作で進化するようなら差別化や強化して欲しい、そうでなくとも次の世代でこそは他と差別化出来るより強力な技を覚えるようになって欲しいと願うプレイヤーも恐らく存在する…はず。
ポケモンBWママンボウに進化すると期待されていたが、その期待は見事裏切られてしまう事となる。ママンボウ自体も少々扱いが難しいポケモンだが。


主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

ラブカス



関連タグ

RSE ポケモン一覧 不遇ポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「ラブカス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 291700

コメント