ピクシブ百科事典

ラルトス

らるとす

ラルトスとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.280
ぶんるいきもちポケモン
タイプ エスパー /フェアリー: (第6世代より)
たかさ0.4m
おもさ6.6kg
とくせいシンクロ / トレース/テレパシー(隠れ特性)


※シンクロ:自分が「どく」「まひ」「やけど」状態になったとき、相手も同じ状態になる。(バトル時)
手持ちの先頭にいるとき、同じ性格の野生のポケモンと出会いやすくなる。(フィールド時)
※トレース:対戦相手と同じ特性になる。ただし、一部の特性(「トレース」や「バトルスイッチ」など)はトレースできない。
※テレパシー:味方の技のダメージを受けない。

他言語版の名称

英語 Ralts
イタリア語Ralts
スペイン語Ralts
フランス語Tarsal
ドイツ語 Trasla


進化

ラルトスキルリア(Lv.20)→ サーナイト(Lv.30)/エルレイド(「めざめいし」を使う・♂限定)

ラルトス系統



概要

服の裾を引きずった幼児のような外観で、おかっぱ頭のような緑色の頭部が目を隠している。
一見腰から下の全体が足に見えるが、足跡自体はそれらを含まない小さな丸い物なので、キルリア・サーナイトの腰にあるヒラヒラの部分を長すぎて引きずっているだけと考えられる。
頭部のツノで相手の感情を読み取ることができる。
隠れている目は公式イラストでは見ることができないが、ポケモンカード等で確認することができる。顔つき自体ははキルリア・サーナイトと同じような感じ。
第6世代では図鑑で下から覗き込むようにすると見ることができる他、技を使う時のモーションでも見え隠れする。
生息数が少ないのか人目を避けるのか、野生でもなかなか遭遇することができない。
その生態は人間の明るい気持ちに反応するという事以外特によくわかっていない。

また、第6世代から自身のタイプにフェアリータイプが追加された。
こんな小さい身体ながら、ドラゴンタイプのわざをシャットアウトするのだから恐ろしい。

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』およびリメイク版では、ミツルのパートナーとして活躍する。

326+
【pkmn】 がんばれ緑組!



性能

元々戦闘をするタイプではないので攻撃技はあまりなく、覚えるにしても低火力の技ばかり。
そして基礎ステータスも全体的に低めで伸びもあまりよくないので鍛えるのは少々骨。
「なきごえ」や「かげぶんしん」でダメージを抑えつつ「ねんりき」などで競り勝ちに行くか、
或は顔見せだけしてあとは他のポケモンにどうにかしてもらうという方法になりがち。
繰り返すが元々戦闘をするタイプではないのだ。故に弱い。
ドラゴンタイプの技を無効にするとは言え、
序盤はドラゴンタイプの技に当たる機会は滅多になく、ほぼ死に長所と化している。
成長しキルリアに進化すると徐々に頭角を見せ始め…ることもなく、1進化のポケモンとしては極端に弱い。
その弱さたるや、大体スボミーとかメリープと同じぐらいである。
(だからこそミツルがどうやってラルトスだけでキンセツシティまでたどり着いたという謎がある。しかも、初期状態では「なきごえ」しか使えない)

それでも大事に育て続けサーナイトに進化した時こそ、きっと心強いパートナーになってくれるだろう。
このように大器晩成型のポケモンで、愛情をこめて育ててやるとしっかり応えてくれるのだ。
こういう意味ではミツルのパートナーとしてふさわしいポケモンなのだろう。
ORASではちょっと結末が変わってしまったが…)

厳選廃人御用達

その捕まえやすさとシンクロの特性から、出現させるポケモンの性格を任意にコントロールできる存在でもある。伝説ポケモンの厳選には、もはや必須と言っていいメンバーだろう。
トレーナーも人それぞれではあるが、無事に理想個体をゲットできた暁には、厳選を手伝ってくれたラルトスへの感謝も忘れないでほしい。

関連イラスト

ラルトス
ラルトス



関連タグ

ポケモン一覧 エスパータイプ フェアリータイプ
ポケモン RSE

pixivに投稿された作品 pixivで「ラルトス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1262162

コメント