ピクシブ百科事典

リック・ディアス

りっくでぃあす

リック・ディアス(RICK-DIAS)とは、TVアニメ『機動戦士Zガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

やってみるさ!

機体データ

型式番号RMS-099(MSA-099)
頭頂高18.7m
全備重量54.7t
出力1,833KW
推力74,800kg


概要

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの士官用量産型モビルスーツ
主なパイロットはクワトロ・バジーナアムロ・レイエマ・シーンアポリー・ベイロベルトなど。

開発には「ガンダム開発計画」に関わっていた「クラブ・ワークス」と「第二研究事業部」が携わっており、開発当初はエゥーゴの指導者であるブレックス・フォーラによってガンマガンダムと名付けられていたが、その外見がガンダムとは似ても似つかぬ物であった為、ガンダムを知るクワトロ・バジーナの提案によって宇宙用の機体を意味する「リック」と、バーソロミュー・ディアスの「ディアス」を組み合わせて「リック・ディアス」と命名された(バーソロミュー・ディアスは喜望峰の発見者であり、そこにはエゥーゴの活動が折り返し地点に到達したことを示す意味合いが含まれていた)。

基本設計は、旧ジオン系技術者が多く関わっていたガンダム試作2号機をベースにしており、これにクワトロの要望やアクシズからもたらされた新素材「ガンダリウムγ」、アナハイム社独自のムーバブルフレームが組み合わさったことにより本機は完成した。特にガンダリウムγの採用は本体重量の軽量化と大型ジェネレーター採用を可能とし、機体の性能向上の一助となったものの、これによって胸部スペースが圧迫され、コックピットは頭部に移動する事になった。

装甲はガンダリウムγの他、チョバム・アーマー、スペースド・アーマー、リアクティブ・アーマーなど戦車に用いられている装甲が使用されている(これはデザイナーの永野護氏の趣味が取り入れられている為でもある)。
また、背部ライトレーザーラックにマウントされているランダム・バインダーは推進器とAMBAC可動肢を兼ねるものであり、取り外して質量武器やシールドとして使用可能。

カラーリングに関しては当初、一般機は黒、クワトロ機は赤い機体と区別されていたが、クワトロの活躍が評判となりそれにあやかり、偽装の意味合いも含めて赤いカラーリングが制式塗装として改められた。
他にも白と青、黄色のトリコロールで塗装されたデルフォイ所属機や、純白に塗装されたアスナ・エルマリート機などのカラーバリエーションが存在する。

余談だが、同時期にティターンズへ配備されたマラサイと出力と推力がほぼ同一であり、一部の資料ではマラサイは本機の仕様を変更した機体としているが詳細は不明(漫画『機動戦士Ζガンダム Define』では、ティターンズ用新型機の開発主任が本機の開発データを盗用して開発したコピー機と設定されている)。

武装

バルカン・ファランクス

頭部コクピットの上部に装備された55mm機関砲。実在するMk.15 ファランクスとの関係は不明。

ビーム・サーベル

出力は0.4MW。背面のライトレーザーラック下部に1本を装備。
エゥーゴ用モビルスーツの標準装備であり、同型のものをネモ百式が装備している。

ビーム・ピストル

型式番号BP-L-86。出力は2.8MWで装弾数は18発。不使用時はライトレーザーラックにマウントされる(ラックに装備したままでも対後方・対空用として使用できる)。Eパックは百式ガンダムMk-ⅢZプラスのものと同じスネイルタイプを使用する。

300mmクレイバズーカ

型式番号AE/ZIM.C-BAZ-531。マガジンはカートリッジ式で、装弾数は5発。
元々はゲリラ用に使用される粘着瑠弾などの特殊弾頭を運用するために開発されていたが、通常弾や散弾などの各種弾頭を運用出来る汎用性を持ち合わせる。
ちなみに開発元のAE/ZIM社は、旧ジオン公国のツィマッド社がアナハイム社に吸収合併されて誕生した企業である。

この他に指の付け根部分にトリモチやバルーンダミーを射出する機構(『Ζガンダム Define』では手甲に内臓されている)を有する他、連邦規格の武装も運用できるらしくガルバルディβのビームライフルやジムⅡ・ネモのビームライフルを装備している機体も確認できる。

バリエーション

プロトタイプリック・ディアス

M-MSVに登場。エゥーゴの試作型MSで、リック・ディアスの前身にあたる機体。
型式番号RX-098 (RX-98)。
当初開発はアナハイムによって独自に行われていたが、開発期間とコストの低減のためアナハイムで請負生産している地球連邦軍のMSのムーバブルフレームを基本構造としている。そのため搭載するジェネレーターに制限が生じ、出力不足に陥っていた。しかし、エゥーゴから新素材ガンダリウムγの技術が導入されることとなり、それらの問題は解決。それに伴い開発プロジェクト名はγガンダム計画に改められることとなった。
なお、コックピット自体はリック・ディアスと違い完全に胴体の中に納まっている。
また、ハイパービームサーベルを試験的に装備しているのも特徴である。

ディジェ

カラバの試作型陸戦用MS。アムロ・レイ専用のワンオフ機。
詳細はディジェを参照。

シュツルム・ディアス

機動戦士ガンダムΖΖに登場するアナハイム製の量産型モビルスーツ。
リック・ディアスの強襲用強化型であり、グリプス戦役後ジオン出身者がネオ・ジオンに帰属した際に持ち出した機体が運用されている。
詳細はシュツルム・ディアスを参照。

カノーネ・ディアス(カノネ・ディアス)

ペイロードの広いリック・ディアスを中距離支援用に改造した機体。
近藤和久による漫画版「機動戦士Ζガンダム」(B-CLUB)に登場。作中ではアポリーが搭乗した。
背部バックパックをキャノン砲付きのものに換装しており、背部バックパックの換装に伴い、ビームピストル及びウエポンラックは無くなっているが、バインダーについての説明は無い。

リック・ディアスⅡ

Ζ-MSVに登場。型式番号SA-099-2。
グリプス戦役後期におけるMSの著しい性能向上に対応する為に開発された機体。出力強化によりΖΖガンダムが装備するメガ・ビームライフルの試作品を携行可能となっている。試作機が1機が完成したのみでそれ以降の開発は行われず、実戦投入もされていない。
リック・ディアス改とも呼ばれ、ガンダムタイプの頭部も用意されていたとされている。

リックディアス・シュトゥッツアー

「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」に登場。
ジオン軍出身パイロットガブリエル・ゾラに与えられたリック・ディアスに、ゾラがエゥーゴ参加前に搭乗していたリックドム・シュトゥツアーの装備を参考に試作された増加装備を施した機体。
開発当初は増加装甲や追加オプションによる重量増が機動性を犠牲にしてしまう[シュトゥッツァー]系MS共通の弱点を解決できずにいたが、後に追加されたロング・シールドブースターを併用することにより機動性を強化・向上させることに成功し、さらに巡航形態にすることも可能になった。ただし、リック・ディアス本体に可変機構はないため、[シュトゥッツァー]ユニットのバインダーを左右に展開し、ロング・シールドブースターを背中に装着させる。
本来はガンダムタイプのフェイスガードも用意されていたが、ゾラはそれを使わず、ワイヤーカッターを追加しただけの通常頭部を使い続けた。
また、メガ・バズーカ・ランチャーを装備する案も存在していた。

スーパーディアス

ゲーム「GGENERATION GATHER BEAT2」に登場。型式番号RMS-099S+D Defenser。
スーパーガンダムのGディフェンサーと同様の強化パーツであるDディフェンサーを、装備した機体。
リック・ディアス本体はDディフェンサー装備の為の改修が行われており、マウントラッチなどの増設が行われている。
Ζ計画の副産物として生まれた機体であり、難航する可変MSの開発に対して、万一可変機の開発が挫折した場合の保険として、可変機構を持たずとも可変機並の高機動性を確保すべく、開発が進められた。Dディフェンサーを装備した状態であれば、可変機並の機動力を発揮することが可能である。

リック・ディアス(デルフォイ隊仕様)

「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者」に登場。
サラミス改級「デルフォイ」に配備されたリック・ディアスのマイナーチェンジタイプ。
ガンダム[ケストレル]と同様のカラーリングが施されている他、ダクトやスラスターの追加などの改修が行われている。
また、一般機では通常背部に二基備えられているバインダーが両腕にも二基装備されており、機動力・防御力の向上に一役買っている。
武装は一般機と変わらないが、ジムⅡネモ用のビーム・ライフルを携行する事もある。

余談

「機動戦士Zガンダム」劇中において最初に画面に登場したMSであり、旧作に登場したMSの意匠を残すガンダムMk-ⅡジムⅡハイザック等とは明らかに異なるデザインが「新世代のMSの出現」を視聴者に印象付けた。ちなみに本機は(外伝、ゲーム作品等は除く)本編シリーズの中で唯一、シャアとアムロが共通して乗った機体でもある。

イタリアセリエAACミランに所属するイタリア人FWのフィリッポ・インザーギは、一番好きなMSに本機を挙げている。

関連イラスト

リックディアス
リックディアス 量産機


リックディアス
リックディアス



関連項目

機動戦士Zガンダム
エゥーゴ ネオ・ジオン
クワトロ・バジーナ エマ・シーン アムロ・レイ
ガンダム試作2号機 ドム 百式 エプシィガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「リック・ディアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91179

コメント