ピクシブ百科事典

リバ

りば

BL作品において攻め・受けを固定しないこと。「リバーシブル」の略。
目次[非表示]

腐向け成人向けの要素を含むので閲覧注意

リバとは

2つとも英語のReversibleに由来する。⇒リバーシブル
本項では概要にあるが前者について解説をする。

好き・嫌いがはっきりと分かれる嗜好なので、
リバ作品を投稿するときはタグ注意書きをしっかりとするほうが望ましい。

リバの大原則

攻め受けかはあくまで性行為における役割で決まるので、リバとは性行為においてお互いどちらも役割も果たしているのが基本である。

別軸リバと同軸リバ

リバの主な解釈として【別軸リバ】と【同軸リバ】の2つがある。現状別軸リバの方が多いと言われている。

別軸リバ

「ABだけどBAも読む」
「かくのはABだけどBAも読む」
「ABだけど○○さんのBAは読む」
「ABもBAもどっちも読む」
「AB本(話)もBA本(話)もどっちもかく」
「AB・BAどっちも萌え語りOK」
などは別軸リバと定義される。
同軸リバや受け攻め固定・右固定からすればどっちつかずの中途半端なため、別名「なんちゃってリバ」とも言われている。

同軸リバ

一つの世界においてリバ嗜好なこと。
解りやすくいえば「ジャンケンで今夜の上下を決める」といったことが成立する世界観。
別名「ガチリバ」。

迷走するリバの定義・解釈

同軸リバ・別軸リバの他にも
・「ABなのかBAなのか、性的な意味で受け攻めがどうしても決められない」
・「肉体的にはABだが精神的にはBA」
という解釈でリバという言葉を使う人も少なからずいる。

このようにジャンルや人によってリバの解釈は様々で、現状女性向け全体でリバについて確立・統一した定義・解釈はない。
コミックマーケットや赤ブーブー社主催のCOMICCITYなど大規模イベントでリバ配置がないのも、ジャンルによってリバの使われ方が異なるため、運営側で適切な配置ができないからである。

リバ作品のタグについて

ジャンルや投稿者の解釈が様々である為、「リバ」タグがマイナス検索の機能を果たせていないのが現状である。

主な「リバ作品」タグ使用例

キャラAとキャラBのリバ作品に使用すると仮定して、主に下記のタグの使用がなされている。

  1. AB・BAの2つのカプタグを併記
  2. ABA(or BAB)タグ
  3. キャラA・キャラB・タグの3つを併記
  4. ジャンル独自のリバ作品タグ

1・2の使用例については、AB・BAどちらのタグ検索でもひっかかるので逆カプを苦手とする閲覧者には迷惑になる場合がある。また、どちらのタグもひっかかる為に「閲覧数稼ぎ」と閲覧者側が解釈する場合もある。

ABA・BABの違いについてだが――
  • ABA:基本ABでBAも成立しているカップリング
  • BAB:基本BAでABも成立しているカップリング
とされている。「語感・語呂がいい」という理由で考えなしにABA(BAB)タグを使用するとややこしいことになるので注意が必要である。
また、ジャンルによっては「ABAとはキャラクターAとキャラクターBで成立しているカップリング全てを指す」と解釈されていたりと、こちらの表記法についてもジャンルによって解釈が様々に存在している。

リバが苦手な人だっているんだよ!

カップリングっていうのは!
リバが…苦手な人だっているんだよ!!!


攻めの受け描写・受けの攻め描写が苦手――リバが苦手という人もいることを頭の片隅に入れておいてください。

ちなみに海外では

欧米など英語圏の腐女子は「好きなキャラ同士が愛し合ってさえいれば受け攻めは問わない」というリバ精神の人のほうが圧倒的に多く、英語で書かれたslashなどは、性行為が始まるまでどちらが受け攻めかは殆ど判らない。またリバであることが多い。
役割分担を明確に固定したがる日本の腐女子は、世界的に見ると実は少数派だと言える。

余談

同じ同性愛を扱うジャンルである百合は基本的にリバである事が多く、受け攻めはあまり重要視されなかったりする。

関連タグ

リバーシブル スラッシュ
固定単一・・・リバの対義語に当たるがこちらも定義が曖昧である

pixivに投稿された作品 pixivで「リバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2779337

コメント