ピクシブ百科事典

リボンほむら

りぼんほむら

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物・暁美ほむらの個別タグ。
目次[非表示]

ネタバレ注意。
















概要

に等しき存在へ生まれ変わった鹿目まどかとの別れ際、まどかとの思い出を忘れない約束の証として彼女の赤いリボンがほむらに託された。
新たに構成された世界でのほむらはまどかの記憶を唯一失わず、彼女のリボンに結び、新たな魔法少女としてキュウべえと共に魔女に代わる存在「魔獣」との戦いに明け暮れている。
まどかが抜けた世界の空席を埋める形で、まどかが本来獲得するはずであった能力を継承したため、武器が砂時計の盾ではなく黒いになっている。
リボンではじまり、リボンで終わるアニメであった。
なお、後述の叛逆の物語の描写から、二本のリボンを一つに結んで使用している模様。

ファンの間ではメガネ+三つ編みヘアの頃のほむら⇒「メガほむ」に倣い、「リボほむ」と略して呼ばれることが多い。

小説版においては終盤の展開こそアニメとほぼ同一であったが、最後のまどかのモノローグでは「鹿目まどか」という意識体の心が潰れないのは、ほむらがまどかを記憶してくれてるおかげということが判明した。
これこそまさしく相互依存の関係であると言えよう。

ちなみに漫画版第3巻では…

「叛逆の物語」にて

劇場版「叛逆の物語」のネタバレ注意。
















しかしそんなほむらの心も、戦いを続けていくうちに、疲弊しボロボロになっていった。
まどかに会えない寂しさが募り、それを誰にも分かってもらえず、しまいには最初からまどかなどいなかったのではないか・あのループは自分の思い込みが捏造した記憶だったのではないかと思いそうになってしまった彼女のソウルジェムは、遂に魔女化寸前まで濁ってしまう。
そしてこれに目をつけたキュゥべえは、ほむらのソウルジェムを干渉遮断フィールドに隔離し、「円環の理の影響下にないソウルジェムが、どのような結末を迎えるのか」を調べるための実験に踏み切る。
そしてこの実験が引き金となって、誰一人予想できなかった結果を招くことになり……

新房監督からは「TVアニメ版と劇場版は別物で、TVアニメ版は完結している」と明言されているので、リボンほむらが好きだった方々はこれを心に留めることをオススメする。
TVアニメ版では「順当に三人で戦い続け、長い時間をかけてまどかへの想いを発散させていき、キュゥべえとも良好な関係を保った上で、最期はまどかの元へ還った」などと考えた方が、三年弱なされてきた二次創作を潰さないで済むだろう。
「劇場版ではほむらの翼が黒くなった理由が明かされる」とコメントされていたが、これと実際の劇場版の内容を照らし合わせれば、「翼が濁っていた時点でソウルジェムも濁っており、限界が近かった」と考えられなくもない。

尚、上記の小説版での設定は円環の理のカバン持ちなどの設定により半ば否定された。

関連イラスト

ほむほむ
りぼんほむほむ



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら 鹿目まどか 
わたしの、最高の友達 女神まどか ほむほむ まどか教 ほむら、うしろうしろ 生存組
最強フォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「リボンほむら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6258254

コメント