ピクシブ百科事典

リヴィオ

なきむしりゔぃお

漫画版『トライガン』(マキシマム終盤)に登場する、ウルフウッドの弟分。ヴァッシュの二代目相棒。

『ヤケクソで始めて血を吐きながら身につけた外道の技と体。
何かを守るために使えるなんてのは存外痛快なもんです』

通り名は「リヴィオ・ザ・ダブルファング」。
ニコラス・D・ウルフウッドとは教会の孤児院で同じ釜の飯を食った先輩後輩的な仲。
しかも偶然同じ殺戮技術者養成組織『ミカエルの眼』で、入違いに同じ師匠に師事していた腐れ縁
ヴァッシュ用殺戮集団GUNG-HO-GUNSにおいても最強クラスで作中最上位級の存在。

ミカ眼リヴィオ(アルトアート




登場時は冷徹空虚な亡霊の如き無表情キャラだったが、素の性格は若干腰が低くてどん臭い。
ウルフウッドより数世代先の人外の回復力・戦闘力を生み出すための改造手術を受けている。

心臓の風穴も指や顔面の欠損も、全身が肉塊同然に吹き飛ぼうと、上半身と下半身が皮一枚で繋がった状態だろうが、数瞬で完全再生する驚異のタフネス、そしてガンホーガンズ最強のエレンディラ(レガート並の戦闘力身体能力を持つオカマ)にも迫る身体能力を持つ。

その能力による物理限界を超えた移動能力は、兄貴分のウルフウッドでも反応が困難な程の速度。
またその膂力から繰り出される蹴り(ポケットに手を突っ込み、無造作に)は最上級サイボーグを一撃で粉々にし、素手で、発射されたミサイルの軌道を反対にする事すら可能。
また、もう一つの人格として残忍かつ圧倒的な戦闘能力を持つラズロを宿す。

才能面ではラズロ、ウルフウッドに劣るとされ、彼に追随する部下たちもリヴィオではなくラズロの圧倒的な力に忠誠を誓っている。
それゆえ、彼の力は努力と執念の塊であるとされる。実際彼が部下たちのような「ラズロの付属品」ではなく、「ミカエルの眼最強の実力者の片割れ」として正式にGUNG-HO-GUNSのナンバーを得たことを考えれば、その凄まじさが分かるだろう。
また彼が血を吐く努力で手に入れた驚異的な身体能力は、肉体を共有するラズロの実力向上にも大いに寄与しており、それに関してはラズロも不器用ながらリヴィオに感謝している様子。

俺達は積んできた「二人」で この俺の最強 即ち それはお前の最強だ!

物語終盤、ラズロをも圧倒するエレンディラを前に遂にリヴィオとラズロは互いに認め合い、人格は統合、ラズロの才能とリヴィオの執念を併せ持ち、エレンディラを圧倒した。

武器は前後に向いた二つの銃身が銃把でZ型に連結した機関銃(作中描写で大口径対物ライフルも顔負けの破壊力と貫通力を持つ)『二重牙(ダブルファング)』×2。

最終戦で完全武装した全軍団規模の憲兵兵全てを真正面から相手取り、己は傷一つ負わず、そして誰一人殺さず、完全無力化させるなどの活躍を見せた。

関連タグ

GUNG-HO-GUNS
ラズロ

pixivに投稿された作品 pixivで「リヴィオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59099

コメント