ピクシブ百科事典

リーネ

りーね

リーネとは、人名。主に以下の人物を指す。
目次[非表示]
  1. アニメ『ストライクウィッチーズ』の登場人物リネット・ビショップ愛称
  2. ゲーム『クロノトリガー』の登場人物。
  3. ゲーム『ドラゴンクエストX』の登場人物。

リーネ(クロノトリガー)

中世(A.D.600)の時代に登場するガルディア王国の王妃。マールの祖先にあたる。
彼女が大臣に化けたモンスターに誘拐され生命の危機にさらされたことで、子孫であるマールの存在が消えかけるが、カエルクロノルッカの王妃奪還によりその危機を逃れる。

マールの祖先ということもあり外見がそっくりで、夫であるガルディア21世も彼女と王妃の区別がつかなかった。またカエルとは旧知の仲であり、それぞれ表立っては見せないが互いに慕っている描写が見られる。また、特定のエンディングではカエルと結婚することになる。

彼女の名前に肖った「リーネ広場」「リーネの」が後世に作られている。

関連項目

クロノトリガー
マール カエル

リーネ(ドラゴンクエストX)

リーネたん


ウェナ大陸、ヴェリナード城下町でアクセサリー合成屋を営むウェディの女性。特にストーリーに絡むなどの活躍を持たない一般NPCにすぎないのだが、ドラゴンクエストXのプレイヤーの中には彼女こそが真のラスボスと認識している者も少なくない。というのも、彼女の元でのみ行うことができるアクセサリー合成こそが、ドラゴンクエストXバージョン1.4の時点でもっとも攻略難度の高いコンテンツといえるためだ。

アクセサリー合成とは、同じアクセサリーを二つ以上用意し、それらをリーネに合成してもらうことでランダムに新しい能力をプラスするコンテンツである。この「ランダムに」という部分がくせもので、入手難易度が非常に高いアクセサリーを強化しようとしても、「でっきた~♪」という彼女の明るい声とともに渡される「しゅび+1」「おしゃれ+1」「HP+1」などの誤差ともいえないほど有用性の低い合成結果の数々。そして積み重なるゴミアクセサリーの山をみて、いつしかプレイヤーはリーネを、ひいてはウェディ種族全体にすら憎しみを抱くようになる。…というのは言い過ぎでもなんでもなく、実際にプレイヤーからの不満の声が募った結果、2013年6月22日、ニコニコ生放送の公式放送にてこの「リーネ合成問題」が大きく取り上げられ、開発内部で彼女自身をボスにするのはどうか、といった迷案が出るほどの騒ぎになっているのが明らかにされた。
そんな彼女は今日も楽しそうに合成屋を営み、数多くのプレイヤーに最大の強敵として立ちはだかっている。

関連項目

覚醒リーネ
ドラゴンクエストX
ウェディ(DQ10)

コメント