ピクシブ百科事典

リーリエ(ポケモン)

りーりえ

リーリエとは、『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

他言語版の名称

英語 Lillie
イタリア語Lylia
スペイン語Lylia
フランス語Lilie
ドイツ語 Lilly
韓国語릴리에
中国語莉莉艾


概要

ゲーム「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場するキャラクター。
名前の由来はドイツ語で百合の花を意味する「Lilie」と思われる。
主人公と同じくらいの年齢の少女(身長は彼女の方が高め)で、ククイ博士の助手。
読書好きで、彼女の部屋にも本が沢山ある。

ポケモンが傷つくことを嫌い、バトルでポケモンを戦わせるのはあまり好きではない。
当然、野生のポケモンと戦わせるためのポケモンもいないため、旅の最中は虫除けスプレーが欠かせない。
その他にも、主人公のポケモンを回復させるための道具も大量に持ち歩いている。

リリィタウンの奥深くで主人公と出会って以降、行く先々で手持ちポケモンを回復するなど、サポートをしてくれる。

物語の重大な鍵を握る存在。そのポジションはこの物語の主人公を自称する某空族を連想させる。
主人公が到着する3ヶ月前に浜辺で倒れていたところを、空間研究者バーネット博士に保護され、以降バーネット博士の夫であるククイ博士のもとで助手として過ごすようになった。
自分を助けてくれた博士夫妻のことは両親のように慕っている。

方向感覚に自信がないらしく、「(目的の建物は)街の中にあるから迷わない」「目的地を店の人に聞いたらすぐそこだった」といった旨の会話がある。

研究所のロフトが自室で、ピッピにんぎょうやコスメが置いてあるなど、年相応のかわいらしい趣味を持つ。
ロフトにはリーリエの日記が置いてあるが、キラキラした鍵で閉じられており、読むことはできない。
しかし、キラキラ好きのヤミカラスがじっと日記をみており、いつか壊されてしまうかも…?

なお、そのロフトではリーリエのソファベッドで寝ることも可能だったりする。

「…… …… …… …… …… …… リーリエが 使っている ソファベッド……」by主人公

容姿

リーリエ


雪のように白い肌と淡い金髪

服装は白いノースリーブワンピースサマードレスという声も)に白のつば広帽子という、いかにも「お嬢様」らしいもの。
ハワイモチーフのアローラ地方よりも、フランスモチーフのカロス地方を思わせる気品ある佇まいである(実際、出身はアローラではない別の地方だった)。
これは母親がコーディネートしたものらしい。

素性

その正体は、エーテル財団の代表ルザミーネの娘スカル団の用心棒をしているグラジオ2年前に出奔した実兄である(エーテル兄妹も参照)。

父の失踪により歪んでしまった母の野望を止めるため、物語の冒頭で「ほしぐもちゃん」を助け出して逃亡しククイ博士のもとに身を寄せていた。
少々ミスマッチな印象の大きなスポーツバッグを肩から提げ、ほしぐもちゃんをこの中に隠し、主人公やククイ博士等、信頼のおける人間にしか明かさないようにしていた。

島巡りに挑戦する主人公の旅に同行し、その過程でほしぐもちゃんを元の世界に帰す方法を模索していく。
当初は控えめで自己主張が乏しかったが、次第に自分の意思を強く見せるようになる。

主人公がスカル団のアジトに向かった際エーテルハウスに留まっていたが、ハウたちを傷つけないようプルメリに交渉して捕まり、エーテルパラダイスに連れ戻されてしまう。
エーテル財団本部での事件後にはイメージチェンジを果たし、ウルトラスペースに消えた母を追う手がかりをつかむためポニ島にある大試練発祥の聖地までそのまま同伴する。

一連の事件の終息後、主人公に覚醒した「ほしぐもちゃん」を託し、自身はルザミーネの治療に尽力することを決める。

主人公がアローラの初代チャンピオンとなり、リリィタウンでお祝いした際は、初めて出会った戦の遺跡に赴きカプ・コケコとのバトルを見守った。

翌日、母の後遺症を回復させる手がかりを掴む目的も含め、トレーナーになるべくカントー地方へと船で旅立つ。
いつか再びアローラにやって来ることを告げて…。

尚、エンディング後リーリエとは一切会うことができなくなる。これを嘆く人が続出しており「リーリエショック」「リーリエロス」などと呼ばれている。
ちなみにククイ博士の研究所にあるリーリエの日記が読めるようになっており、エーテルパラダイスから脱出し主人公に出会うまでの経緯が書かれている。

また いつか…


みんなにあえてよかった

いつか、きっと


あなたにあえてよかった

アニメのリーリエ

CV:真堂圭

ポケモンスクールの生徒で、サトシのクラスメイトの一人。

アニメシリーズ「サン&ムーン」における6代目メインヒロインであり、マオスイレンと共に同シリーズのヒロインとして纏められる。

マオとスイレンはゲーム版ではキャプテン(歴代シリーズでいうジムリーダー的存在)であるため、ゲームの女主人公ジムリーダー以外の登場人物がヒロインになるのはリーリエが初となる。

人物

一人称は「わたくし」。
基本的に丁寧語で話すが、自宅(後述)の使用人など身内の人間に対してはより砕けた口調を使う。

ゲームとは異なりククイ博士の助手ではないため、彼の研究所にも居候しておらず、ほしぐもちゃん入りバッグも装備していない(ほしぐもちゃんがリーリエの元に来るかも不明)。
またスカートのデザインもゲームと若干異なり、白と水色のパーツに分かれている。
また、実家から出奔はしていないが、母親・兄の二人とは別居状態にあるらしい。ちなみにその二人はまだ登場していないものの、第7話で写真で姿が描かれており、今後の登場が期待されている。

ロケット団達からは「シャレオツ帽子のジャリガール」と呼ばれている。

勤勉で本をよく読み、ポケモンの知識に関しては誰よりも詳しい。
授業でも積極的に手を挙げて発言しており、マオ考案のポケモンフーズのレシピにバランスを良くする工夫を加えたこともある。

またポケモンバトルに対する抵抗感もないようで、カプ・コケコとのバトル中のサトシに助言したり(2話)、彼のバトル好きな性格を理解して自宅敷地内のバトルフィールドを提供したりしている(8話)。
アローラロコンが手持ちとなった14話では、地面に向かってこなゆきを指示しロケット団の追走を一時しのぐなどトレーナーとしてのセンスの高さを見せている。

弱点

ポケモンに触れることが全くできず、近づいただけでも条件反射で避けてしまい、不意打ちで触れられた時は硬直してしまう。
ポケモンに驚いた際にはもれなく顔芸を披露しており、歴代ヒロインはおろかアニポケ全体で見てもハイレベルなものを晒してしまったこともある(4話他)。

自宅の写真姿からもわかる通り、幼少期は元々普通にポケモンに触れる事が出来ていたのだが、
8話の執事であるジェイムズから、一時期母親といた別の屋敷から帰ってきてから全く触れなくなったことが明かされる。彼女自身もなぜ触れなくなったのか自分でもわからないと言っている事からも、当時の記憶が曖昧になっているようで、今後の伏線になっていると思われる。

一方で周囲からこの弱点を指摘されると、「触れます!論理的結論として、わたくしがその気になりさえすれば……」とややムキになって反論する。
本人曰く、「ポケモンは大好きです!……学びの対象としては」とのこと。
実際、彼女は触れないなりにマオへの助言や自宅の設備、ポケフーズなどポケモンに心を配っており、部屋にはポケモンのぬいぐるみを多数所持している事から好きと言うのが嘘ではないことは確かである。

上述のリアクション芸や天然気味の行動から、ネタキャラ化し始めている気配さえしている。

リーリエ 秘密兵器


海上でフィールドワークが行われた5話に至っては、ライドポケモンや釣り上げるポケモンとの接触に備え、秘密兵器と称する潜水服のようなスーツ(上イラスト)を纏って現れたほど。
尚、この時彼女が使用していたルアーはピッピの形状で、ミロカロスをヒットさせるも逃げられてしまった。気密性が高いのか、休憩時間ではメットを外しハンカチで汗を拭き取っており、相当内部が暑いことがわかる。

8話終盤でサトシたちの後押しもあり、世話係となったポケモンのタマゴには触れるようになった。
そして14話にて、そのタマゴから孵ったアローラロコンが初めてのパートナーポケモンとなり、卵の時から名付けていた「シロン」で呼ぶ事になる。
最初はやはり触れずにいたが、何とか絆を深めようと自宅への帰りがてらにマラサダドーナツをご馳走してコミュニケーションをとろうとしており、そして強奪を企むロケット団三人組からシロンを守ったことをきっかけについに触れるようになる。

ただし、現時点で触れるのはこのシロンのみ。完全に克服するためにはまだまだ時間がかかりそうである。また、シロンからは懐かれてしまうあまり、こなゆきで凍らされてしまう事も…。
ちなみに、オーキド校長が預かっていたタマゴからは、通常のロコンが生まれており、リーリエの持つアローラロコンのシロンとは対照的となっている。

自宅

アニメでは、ククイ博士宅に居候しているのはリーリエではなくサトシであり、ロフト部分も彼の自室となっている。
このため「アニメのリーリエはどこに住んでいるのか」と話題になっていたが、8話で自宅がとてつもなく大きな屋敷だと判明。
ハウオリシティの郊外にあり、ここからポケモンスクールまでリムジンの送迎で通っている。

リーリエに配慮し、屋敷内にはポケモンを入れないようにしているとのこと。
一方で彼女が離れた場所から観察できるよう、中庭に遊具が設置されており、屋敷周辺に住む野生のポケモンたちが遊びに来る。
また敷地内には、ポケモンバトル用のフィールドも備わっている。
自室もかなり広く豪華。勉強家の彼女らしく、ポケモンに関する本がギッシリと並んだ大きな本棚があり、別の棚の上にはポケモンのぬいぐるみ(中にはピッピ人形の姿も)が複数飾られている。

家族

8話にて、母親と兄がいることが判明。写真の中のそれぞれの容姿はゲームと一致しており、同一人物と見てよさそうである。
母親は上述の「別の屋敷」に留まって仕事をしており、兄もまた別の場所にいるらしい。

また、ゲーム本編には登場しないアニメオリジナルキャラの執事ジェイムズや、運転手・メイドなどが屋敷で働いている。

手持ちポケモン

リーリエ


前述の弱点のため、クラスの中では唯一手持ちポケモンがいなかった。ただし、リーリエ自身はずっとパートナーのポケモンを内心欲していた様で、シロンがパートナーになった際は、素直に喜んでいる。

8話にて、マオの提案により、オーキド校長から預かった「ラナキラマウンテンで発見された」タマゴの面倒を見る係を引き受ける。
13話では時折発光しており、終盤でついに孵化を果たしアローラロコンが生まれた。続く14話にてリーリエのパートナーとなり、タマゴの時の呼び名である「シロン」がそのままニックネームとなる。

現時点で判明している技は「こなゆき」。

アニメのキービジュアルでは、リーリエの傍にアローラロコンの姿が確認できる。
更にOP「アローラ!!」の映像の中で、光輝くポケモンのタマゴらしきものを受け取るシーンがあることから、タマゴの中身がアローラロコンであることは予想されていた。

余談

  • 声を担当する真堂圭は、アニポケの前シリーズ(XY)でセレナのライバルキャラ・ミルフィの2代目CVを務めている。真堂氏は、最初はマオ役に応募しており、マオ役の上田麗奈氏とスイレン役の菊地瞳氏はリーリエ役に応募していたという。
  • ポケモンに驚いた時の(表情豊かな)反応は、むしタイプを前にした時の初代ヒロイン・カスミを思わせる。


関連イラスト

リーリエ
リーリエは天使


リーリエ&がんばリーリエ
リーリエ


リーリエ
Hello & Goodbye



関連動画



関連タグ

ポケモンSM(ゲーム)
リーリエ
リーリエ(トレーナー)←先に作成された記事
がんばリーリエ
もう一人の主人公

ルザミーネ グラジオ エーテル兄妹
ハウ(トレーナー) ククイ博士 バーネット博士
アセロラ(ポケモン) ハプウ

サン&ムーン(アニメ)
アローラ組 アローラガールズ

サトシ(アニポケ) ピカチュウ アローラロコン
カキ(トレーナー) マオ(トレーナー) スイレン(トレーナー) マーマネ

カップリング
♂主リエヨウリエ) ♀主リエミヅリリ) ハウリエ
サトリエ

その他
NBWにおけるED後のロスト繋がり。こちらは続編にて、ロストする事無くほぼ毎回会う事が可能。
ハンサム…こちらはBW及びXYクリア後のイベント終了後にロストするが、サンムーンではロストしない。

金髪 金髪ロング 姫カット 三つ編み
白ワンピース ノースリーブワンピース サマードレス つば広帽子 ピクチャーハット

pixivに投稿された作品 pixivで「リーリエ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7962376

コメント