ピクシブ百科事典

ルシウス・マルフォイ

るしうすまるふぉい

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

演:ジェイソン・アイザックス
CV:諸角憲一(吹き替え)/大塚芳忠(ゲーム)

概要

1954年生まれ。
ドラコ・マルフォイの父親。純血魔法族の名家・マルフォイ家の当主。
魔法省に多大な寄付を施し、ウィルトシャーに屋敷を構える大金持ち。純血主義者。

ナルシッサ・マルフォイと息子ドラコを溺愛している。
しかしそれはあくまで待遇面においてであり、躾や教育に関しては厳しく、息子を遠方のダームストラング専門学校に入学させようとしたり、マグル出身であるハーマイオニー・グレンジャーに成績で劣った息子の言い訳を「お前が恥じ入って然るべき」と一蹴した。
アズカバンに収監された際ドラコが深い怒りを抱いたことから、厳格な父親ではあってもドラコからも愛されていた模様。

ホグワーツ魔法魔術学校在学中はマルフォイ家の例に漏れず、スリザリン寮所属。
5年生時は監督生を任されるなど模範的な生徒だった模様。得意科目などは判明していない。
またヴォルデモート卿支持者の死喰い人で、失墜するまではその中でもリーダー的存在であった。参加時期は不明。神秘部の戦いで倒れた古参のノットをあっさりと切り捨てていることから、彼よりも古参である可能性が高い。だが必ずしもヴォルデモートに忠実というわけではなく、立場を私的な目的に利用することも多く、ヴォルデモート失踪後は協力を強制されたと言ってアルバス・ダンブルドアの側に真っ先に帰参した。ヴォルデモートの復活後はそのことを責められた。
とかく、地位に執着し失うことを恐れる性格であるらしく、前述の露骨な寝返りのほかリドルの日記の破壊の原因を作ったことがヴォルデモートに知れて失墜した後も捕えたハリー・ポッターを差し出して復権を図ったり、ベラトリックス・レストレンジと言い争ったり、ホグワーツの戦いへの参戦を願い出たりと地位のために積極的に活動する。
最終的にはホグワーツの戦いに参加しなかったこととナルシッサの保身によって寝返った格好になり、ヴォルデモートの死後も破滅することはなかった。

能力

死の呪文を習得している、高級な杖を持つ(ただし、ハリーやヴォルデモートの杖に比べればランクが落ちるらしく、ダンブルドアには「哀れな棒きれ」呼ばわりされた)など、魔法の実力も立場相応に高い様子だが、映画版では押されている場面しか登場していない。
2作目でドビー、5作目でシリウス・ブラック、7作目でハリーと、3回も吹き飛ばされたり、失墜後はフェンリール・グレイバックから意気地がないと罵られる等、ヴォルデモートに次ぐ地位にいたとは思えない扱いとなっている。

だが原作ではベラトリックス・レストレンジの放った呪文を強引に屈折させる技を披露する。『ハリー・ポッター』世界での呪文は、基本的に一方通行で呪文を止めるには反対呪文で相殺するか防御呪文で弾くかで処理され、呪文を捻じ曲げるという魔法は作中でルシウスしか行っていない神業である。

関連タグ

ハリポタ 親世代 死喰い人 ルシナル 
ドラコ・マルフォイ ナルシッサ・マルフォイ マルフォイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルシウス・マルフォイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389576

コメント