ピクシブ百科事典

ルドウィッグ

るどうぃっぐ

「スーパーマリオ」シリーズに登場するキャラクター。コクッパのひとり。
目次[非表示]

任天堂マリオシリーズに登場するキャラクター。

説明

コクッパ7人衆の一人。英語名はLudwig von Koopa。
7兄弟の長男で、リーダー的存在であるらしい。
なお、現在のコクッパ達はクッパの子供ではなく部下扱いになっている。

ルドウィッグ今昔


ふさふさで左右に拡がるような青いロングヘアーで、口の中央には出っ歯のような牙が1本生えている。
ただし、マリオ3やスーパーマリオワールドのドット絵では肌の色がやや濃く、髪の毛も白かった。
甲羅の色は初期は緑だったが、ワールドのドット絵では黄色、New以降は髪色に合わせて青になっている。外見のリニューアルに合わせて体型もやや小柄になった。

初期はロイモートンのように地震攻撃が得意だったが、体型の小柄化からかその後はほとんど使わなくなった。
踏ん張りジャンプも得意とするなど、基礎戦闘能力が高い事と多彩な攻撃パターンを持つなどからコクッパの中では最強を誇る。
しかし、「ヨッシーのロードハンティング」では、メカの操縦はやや苦手らしいという一面を見せる。
初登場時とNewシリーズのコクッパ登場作品の全てで7番手を務める。ワールドとマリルイRPGでは登場順こそ真ん中の4番手だったが、片や他のコクッパと全く攻撃パターンが被っておらず後のスマブラでのクッパの攻撃も多くを模倣しており、片やステータスがぶっちぎりで高い。

【コクッパ】ルドウィッグ


マリオカート8では「目立ちたがりの悪役ヒーロー」というキャッチコピーを引っさげて登場。中量級。
キャラ選択時に戦隊ヒーローのようなポーズを決め、ジャンプアクションでやたらと格好つける。
また今作より声優の変更により声が以前より高くなり、ボイスのあまりのハイテンションさに驚いたプレイヤーも少なくはない。

スマブラ3DS/WiiUでは、他のコクッパと同様、クッパJr.の色替えの1つとして参戦。
上記のロードハンティングではメカの操縦は得意ではなかったはずだが、クッパクラウンを華麗に乗りこなして相手と戦う(こればかりは色替えとしての参戦である為、ある意味仕方がない部分もあるが)。

名前の由来はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ただし、英語圏で名付けられたため「Ludwig」を英語読みしたルドウィッグになっている。
また、この名前から音楽好きという設定が付けられていることも多い。
声優は、NewマリオWii以降はマイク・ヴォーン、マリカ8ではデイヴィッド・J・ゴールドファーブが担当。


性格

初期はコクッパ達に公式からの明確な性格付けはほとんど無く、説明書等に僅かにセリフがある程度で、攻略本や漫画等でも独自の個性付けが行われていたため媒体によってブレがあった。
リニューアル後は新たに性格付けが行われ、実際にゲーム内で明確にセリフを発したのはマリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIXからである。
以降の作品では同作での性格付けや口調がベースとなっている。

初期作品

イエーイ!のってるかい。攻撃的で過激な仲間が増えてオイラもうれしいぜ。ベイビー。
実を言うと他にもっと仲間がいるんだけど、そいつはマリオにはナイショだぜ。
(「スーパーマリオブラザーズ3」より)

ルドウィッグ(旧バージョン)



マリオ3初登場時の説明書では、上記のように一人称が「オイラ」で、「イエーイ!」「ベイビー」とお調子者的な台詞だったためネタにされることがある。

しかし、このテンションの高い口調は黒歴史化してしまったのかその後はほぼ反映されておらず、
アドバンス4のカードe+では一人称が「オレ」に変わってテンションが落ち着き、やや凛々しくなっている。
 オレのほんとうの強さがしりたいなら ちゃんとさがせよな!
 (「スーパーマリオアドバンス4」カードe+より)

後期作品

そして、スマブラ3DSのフィギュアの説明文ではなんと一人称が「ワタシ」になっており、偉そうなしゃべり方をする。
こちらでは大人びたナマイキな性格で、目立ちたがり屋だとされ、一番の頭脳派と言われている。
年月の経過とともにキャラが結構ぶれているものの、最年長のリーダーとして落ち着いて来たのかもしれない。
……と思いきや、実際はリーダー格というのは本人の思い込みらしく、当の仲間達からは「え?リーダーだったの?」「そんなの聞いたことない」「誰も認めていないってば」などと散々な言われようだった。

リニューアル後は台詞が付くようになってからは良くも悪くもお茶目で残念な部分が見えるようになった。

マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIXではマリオへの二人称は「オマエ」。プライドも実力も高く、台詞は話し相手が敵味方問わず上から目線のものがほとんど。ラリーと共に行動しており、2回戦闘する。登場早々土管に彼自身が詰まり出られなくなっており、ラリーに謝っている描写がある。その後も自分の指示をロイに訂正されたり、レミー、イギー、モートン(とラリー)に前述の自称リーダーいじりをされ取り乱すなどどこか憎めない部分を垣間見せている。

ペーパーマリオカラースプラッシュではマリオへの二人称が「キミ」に変わり、偉そうな部分は変わらないが口調も優しくなった。実はマリオに憧れていたらしい。突貫工事で作り上げたハリボテの船に「スーパー・ルドウィッグ・グレートラーニング・ヴァーリアス号(略してスーパー・ルド号)」という名前を付けていたり、7人の中で唯一自分の必殺技にも名前を付けていたりする。
また、ルド号に乗り込んでいるガボンの台詞に「かつやくして みんなのリーダーになるんだ!」というものがあることから、前作で他のメンバーにリーダーを認めて貰えなかったルドウィッグ自身の本音なのではという意見もある。


余談

海外アニメ版での名前はKooky Von Koopa(クーキー・ヴォン・クッパ)で、クレイジーで甘党(資料によっては甘い物と揚げ物以外は一切口にしないらしい)なマッドサイエンティストというキャラ付け。自室でもある研究室でクッパの悪事を手助けするための道具などの発明をしている。またボサッとした頭に拍車がかかっている。

コクッパの中で唯一初手に回った事が無い。

関連イラスト

亀さんlog
ルドウィッグ



関連タグ

クッパ コクッパ ラリー モートン ウェンディ イギー ロイ レミー

pixivに投稿された作品 pixivで「ルドウィッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388563

コメント