ピクシブ百科事典

ルーチェ

るーちぇ

ルーチェは、自動車の車名、あるいは漫画のキャラクターの名前。
目次[非表示]

1.イタリア語で「」の意味。3.の名称の由来もここから。
2.「家庭教師ヒットマンREBORN!」の登場人物の一人。→ルーチェ(リボーン)
3.マツダ(←東洋工業)がかつて製造・販売していた乗用車。本項で説明。

マツダの乗用車について

かがやき なめらかに


1966年から1991年にかけて(ただしタクシー・教習車としては1995年まで)製造、販売されていた。初代はトヨペットコロナやダットサンブルーバード、2代目はトヨペットコロナマークⅡや日産ローレル、3代目(イラストの車がそれ。ちなみに前期型)から最終5代目まではトヨペットクラウンや日産セドリック(およびプリンスグロリア)と同じ車格だった。

また、すべての代にロータリーエンジン搭載車が設定されていた。特に初代のロータリーエンジン搭載車は、ルーチェ・ロータリークーペという名称であり、実はコスモと並ぶマツダの最高級車種として設定されたものだった。

海外へは(2代目以降)マツダ929の名前で売られていた。

エピソード

初代に関しては、輸出先のヨーロッパでは売れ行きが良かったが、日本市場では、当時のマツダのセールス力のせいか、あまり売れたとは言い難かった。この「海外では評判良いけど日本では・・・・・・」のイメージは、その後のマツダ車の多くが抱えた悩みと言える。

上記のルーチェ・ロータリークーペだが、当時としては珍しいフロントエンジン・フロントドライブ(FF)を採用したが、実はこの時の本来のルーチェは、フロントエンジン・リアドライブ(FR)を採用していた。
この状態は、2014年3月現在のトヨタのラインナップに例えれば、FFのプレミオアリオン)とFRの86を同じ名前で売っているようなものであった。もっとも、のちにそのトヨタでは5代目カローラ(および4代目スプリンター)やコロナ(7代目と8代目の併売)やカリーナ(3代目と4代目の併売)で実施しており、さらにはいすゞジェミニ(初代と2代目の併売)でも行われた。

マツダ ルーチェ・ロータリークーペ


だが、1969年に追加されたこの車種、1970年に製造を打ち切ってしまった(が、販売は1972年まで続いたという)。

3代目に関しては、もともとは2代目の上級車種という扱いで、「ルーチェ・レガート」と名乗っていた。また、セダンと4ドア・ハードトップが設定されていた。ところが、当時の運輸省(現在の国土交通省)から、「あんたその車『ルーチェ』という名前でウチに申請してましたけど・・・・・・。え?『ルーチェ・レガート』!?聞いてないよー!」と因縁をつけられてしまう。結果、1978年に2代目はバンを残して廃止されてしまった。なお、バンに関しては1979年に3代目に移行している。

それでも歴代を通してマツダ協賛の刑事アクション・2時間サスペンス・特撮ヒーローもの等といったテレビドラマで劇用車(主にパトカーや犯人車等)として多用され、クラウン・セドリック・グロリアにも劣らぬ存在感に各々の作品のファンには鮮烈な印象を残していった。

4代目のボディを「再利用」し、小型タクシー用として製造・販売されたのが、カスタムキャブという車種である。1989年から1995年まで製造・販売が行われた。

1979年、1980年および1984年のプロ野球日本シリーズMVPには、本来の副賞であるトヨペットクラウンではなく、なぜかこれが贈られた。

関連イラスト

ルーチェAP・1.8GL(LA2VS)
ルーチェ・2.0SG-X(LA4MS)
MAZDA LUCE ROTARY TURBO
マツダ ルーチェ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーチェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149246

コメント