ピクシブ百科事典

レイストーム

れいすとーむ

タイトーが1996年に業務用作品として発表したシューティングゲーム。
目次[非表示]

概要

1996年に稼動を開始したタイトー業務用シューティングゲームで、ゲームアーツの『シルフィード』等でも取り入れられている後方俯瞰視点が特徴。
前作『レイフォース』では、ラスタースクロール等を用いた奥行きのある背景や演出が取り入れられていたが、3Dポリゴンによる表現を取り入れた事でより立体的な演出が可能となった。
従来は低高度(地上)のに対してしか使用できなかったロックオンレーザーも同高度の敵へのロックオンが可能になり、1箇所にロックオンを集中させる事で成立する強力なハイパーレーザーも加わった。
しかしながら、後方俯瞰視点の特性上、地上の敵から放たれる敵弾がどの高度で攻撃判定を持つのかが把握しづらく、自機に移動させた時にX軸の中央へと引き戻されるような慣性が働く事もあり、ただでさえ高い難易度を更に引き上げてしまっている。
また、ノーミス状態が長く続く・アイテムを取得する等の行為で難易度のランクが上昇していくが、ミスをする事でしかランクを下げる手段が無いにも関わらずエクステンド1UP)の要素が一切無い点もファンの間で賛否両論に分かれている。

ストーリー

地球人類が恒星間航行を実現して100年あまりが経過し、植民惑星をオリオン腕全域まで延ばした時代の物語。
地球政府、特に植民惑星の統治目的で設立された地球/太陽系連合軍の軍事力に物を言わせた圧制に反発した急進的植民惑星諸国は、セシリア星系第二惑星「セラフィム」の第二衛星「セシリア」を拠点に「セシリア連合」を組織し、反逆を開始。
地球および地球に賛同していた植民惑星を僅か24時間で武力制圧、そして「地球」の破壊を宣言した。

一方、セシリアから亡命してきた「バルカ機関」はセシリア星系でサルベージされたオーバーテクノロジー「LAY」を基に、開発中の最新鋭機「R-GRAY」全13機を使用したセシリア制圧作戦 OPERATION "RAYSTORM" を発動する。

ゲームシステム

自機

家庭用移植版で新たに追加された機体も含む)
本作ではショットやロックオンレーザーの性能が異なる自機を選択可能。
ショット・ロックオンレーザーの発射を個別のボタンで行い、スペシャルアタックを両方のボタンを同時押しする事で発動するマニュアル操作とショット・ロックオンレーザーの発射を1つのボタンで兼用し、もう1つのボタンでスペシャルアタックを発動するオート操作を選択する事になる。(R-GRAY 0とR-GEARはマニュアル操作のみ)

R-GRAY 1

攻撃手段は『レイフォース』の自機・X-RAYを踏襲しており、機体後部から放たれる長く尾を引くレーザーで敵を攻撃する。
ロックオンレーザー強化アイテムを取り続ける事で最大8箇所までロックオン可能で、得点倍率は最大で128倍。
ショットは直線状に連射するタイプだが、パワーアップを重ねると広角攻撃が可能になる。

R-GRAY 2

ロックオンレーザーは状のレーザーがロックした敵を連鎖的に攻撃。
ロックオンレーザーが画面内に残っている間は他の敵に追加でロックをかける事も可能。
最大16箇所までロックオン可能で、得点倍率も最大で256倍となっている。
ショットは断続的に放たれるレーザーで、自機を左右に移動させる事で残像が発生する。

R-GRAY 0

家庭用移植版でのみ使用可能な機体。
外見や攻撃手段はR-GRAY 1とほぼ同等だが、ロックオンによる得点倍率がR-GRAY2よりも高い。
『レイストームHD』では外見が『レイフォース』の自機・X-RAYそのものとなり、ショットが前方集中タイプに改められ、ショットやロックオンレーザー、自機爆発時の効果音も同作のものが挿入されるようになった。
ハイパーレーザー、スペシャルアタックが使えない点は相変わらずだが、攻撃力・移動スピードは従来よりも向上している。

R-GEAR

『レイストームHD』で新たに加わった機体。
バルカ機関がR-GRAYシリーズ開発に着手する以前に製造していたという設定で、ロックオンレーザーの代わりに機体両サイドに搭載しているGEARと呼ばれるビットを使用した攻撃を行う。
ショットは敵を追尾するホーミングミサイルだが、発射速度は遅め。
スペシャルアタックはアンリミテッドモードと呼ばれ、機体にバリアを張る事で一定時間無敵となり、この間はロックオンゲージが減らなくなり、移動スピードも大幅にアップする。
ただし、ハイパーレーザーは使用不可能となっている。

ロックオンレーザー

自機の前方に表示された照準を敵に重ねてロックオンし、ボタンを押すと捕捉した敵に対して追尾性のあるレーザーを発射し、撃破する。前作では自機より低高度にいる敵しかロックオンできなかったが、本作では同高度の敵に対してもロックオンが可能となった。また、ステージクリア後のリザルト画面ではロックオンレーザーで敵を撃破した回数に応じてボーナスが加算されるので、スコアを狙う上では必然的に使用頻度も上がる。『レイストームHD』でのみ使用可能なR-GEARはこれまでの機体とは異なり、ロックオンの手順もショットボタンを押したままにして機体前方の照準を展開し、敵をロックオンする『蒼穹紅蓮隊』のN.A.L.S.に似た方式となっている。

ハイパーレーザー

ロックオンを1箇所に集中させる事で発動。着弾地点に爆風が発生し、付近の敵にダメージを与える。ただし、R-GRAY 0とR-GEARは使用不可能。

スペシャルアタック

画面左上のSPECIALゲージを消費する事で発動。R-GRAY 0以外の機体が使用可能。爆風を伴うレーザーを乱射して広範囲を攻撃する。消費したゲージはロックオンで敵を撃破する事で徐々に蓄積されていく。『レイストームHD』で追加されたR-GEARはバリアを展開して一定時間無敵状態となり、移動スピードがアップする。

家庭用移植版

プレイステーション

業務用基盤がPSとの互換性を持っていた事もあり、スペック上再現が困難な点を除けば十分な移植度となっている。また、アーケード版の移植のみならず敵の配置や攻撃パターンを変更し、新たな敵やBGM、演出等を加えたエクストラモード、13機のみのR-GRAYで全ステージ制覇を目指すストーリー上のシチュエーションを再現した13機モードが用意されている。(コンティニュー不可)この13機モードに限り、家庭用オリジナル機体のR-GRAY 0が使用可能で、ハイパーレーザーやスペシャルアタックが使えない代わりにロックオンレーザーの得点倍率が他の機体より高めに設定されている。現在ではPSストアにてゲームアーカイブスとして販売されている。

SIMPLE1500シリーズ Vol.75 THE ダブルシューティング

PS用ソフトとして発売された『レイクライシス』とのカップリング版。容量の都合か内容に若干の変更があり、アレンジBGM(ノイタンツMIX)等が削除されている。

タイトーメモリーズ下巻

PS2用ソフト『タイトーメモリーズ下巻』に収録。PS版をベースとしているが、「過去に発売されたアーケードゲームの移植」というコンセプトからか、プレイできるのはアーケードモードのみとなっている。

セガサターン

前作『レイフォース』が家庭用ゲームへの移植に当たり諸般の事情で『レイヤーセクション』と改題されたため、それを踏まえてタイトル『レイヤーセクションⅡ』となっている。
移植を手がけたのは前作で移植を担当したビングでは無くメディアクエスト
R-GRAY 0が通常のモードでも使用可能になり、ステージ間にはオリジナルのムービーが挿入されるなどPS版には無い要素があるものの、3Dグラフィック描画能力に劣るSSで本作を再現するにはやはり無理があったようで、プレイ中には著しい処理落ちが発生したり、や爆風などの半透明のオブジェクトがメッシュで表現されていたりする。

Windows版

サイバーフロントから発売されたPS版をベースにしたPC移植版で、高解像度表示に対応。
WindowsXPで動作するが、最近のグラフィックボードやドライバを使用した環境での動作は保障されていない。

PS3/XBOX360

PS移植版をベースにHD画質に対応させたダウンロード専売ソフト。
正式なタイトル名は『レイストームHD』で、2010年に発売された。
経営難に陥ったタイトーが2006年にスクウェア・エニックスに吸収されたため、発売元はスクエニからとなっている。

ゲームモードや仕様はPS版に準じているが、トロフィー/実績機能やオンラインランキングへの対応、ロックオンレーザーの代わりにビットによる攻撃を行う新たな自機・R-GEARの追加等が行われている。
また、R-GRAY 0はカラーリングが『レイフォース』の自機・X-RAYと同様になり、武装もそれに準じた仕様に改められている。

外部リンク

レイストームHD 紹介<自動でムービーが流れます。音量注意>
ゲームアーカイブス版 紹介

関連タグ

STG タイトー レイシリーズ レイフォース レイクライシス R-GRAY
ペンドラゴン ウェルキンゲトリクス ゼノビア ハンニバル ガイセリック アラリック スパルタカス ユグドラシル
コトブキヤ

pixivに投稿された作品 pixivで「レイストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12255

コメント