ピクシブ百科事典

レイラ・プリズムリバー

れいらぷりずむりばー

レイラ・プリズムリバーとは東方Projectの登場キャラクターである。
目次[非表示]

レイラ・プリズムリバーは、公式な絵やセリフは存在せず、設定上のみ存在するキャラクターである。設定が記されているのは東方妖々夢の『キャラ設定.txt』、そして『ZUN氏よりの回答メール』内の「レイラ・プリズムリバーの詳細設定」への回答のふたつ。
公式な絵が存在しない以上、当記事で紹介しているイラストを含めた容姿は全て想像図なので注意が必要である。
タグではレイラと略名で付くことが多い。ただし、同名キャラが多いので、検索時はフルネームか「東方 レイラ」などにする必要がある。

原作の設定

実の姉を模し、騒霊ポルターガイスト)のプリズムリバー三姉妹ルナサ・プリズムリバーメルラン・プリズムリバーリリカ・プリズムリバー)を生み出した人間の少女。外の世界にかつて存在していた人間の姉妹・プリズムリバー四姉妹の四女で、貿易商であり貴族である富豪のプリズムリバー伯爵の娘である。さびしがり屋な少女であったらしい。当時レイラはまだ幼く、幻想郷の外の世界で伯爵や三人の姉らとともに生活していた。しかしプリズムリバー伯爵が東洋(幻想郷)のマジックアイテムを偶然入手してきた事により、そのアイテムが原因となってプリズムリバー一家の崩壊を引き起こしてしまい、四姉妹は家族を失った。
身寄りが無くなった四姉妹だが、三人の姉はそれぞれ別の家庭に引き取られていった。彼女達がその後どういう生活を送ったのかは不明。だがレイラは家族の思い出がある屋敷から離れられず、そこに住み続けた。やがてレイラは、一家を崩壊させる原因となったマジックアイテムの力も借りて、最大限の力を以って姉達の姿を模した騒霊(ポルターガイスト)を生み出し、その後プリズムリバー邸はレイラ達ごと幻想郷へ消えた。騒霊達は最初は幻聴や幻影でしかなかったが、そのうちレイラと会話出来るようになり、次第に実体や自我を持ったようである。その為、レイラ一人では幻想郷での生活は困難だったであろうが、騒霊達に助けられる事でその困難を乗り切っていった。そして、レイラは幻想郷で天寿を全うした。
レイラの死後、騒霊三姉妹たちは創造主であり存在の拠り所であったレイラが居なくなった事により消える筈だっただが、何故か消える事無くこの世に残った。その後三姉妹は「騒霊らしく騒がしくやっていこう」との幻想郷住人らしい考え方から、楽器演奏を習得し演奏隊を始め、それを現在まで続けている。
花映塚リリカストーリーでの映姫のセリフから、騒霊三姉妹が消えない理由は既にこの世に亡いレイラの存在によるところも大きいようである。また映姫は「貴方達の拠り所は貴方達を生んだ人間。そして、その人間はもう居ない」と発言しているが。ここで言われる「人間」が恐らくレイラの事だと思われる。
稗田阿求は「騒霊は少女が使える大魔法の一つとも言われている」と書いていた。レイラが独力で三姉妹を生み出したのだとしたら、マジックアイテムの補助もあるとはいえ、彼女は大魔法使いになっていたことが推測される。

二次創作

容姿

前述したように、東方project公式作品においてZUN氏や他絵師によって描かれたイラストは未だ存在しない。その為、二次創作でレイラが描かれる場合は絵師のオリジナルデザインという事になる。

レイラ・プリズムリバー


絵師個人のオリジナルとはいってもある程度の方向性は存在する。髪は緑色のロングヘア、服は青・紫などで描かれることが多い。このような方向性が出来上がった背景には、他の姉たちの見た目と被らないような容姿にするためではないかという理由が推測される。

レイラ・プリズムリバーさんからのお便りです


当然ながら、ここで挙げたような特徴を持たなかったり、また違った特徴を持ったレイラのイラストが描かれることもある。

扱い

公式的な記述において「天寿を全うした」と明記されているため、必然的に回想や過去話といった形での扱いが多い。
幻想郷に来る前は一家離散の悲劇のヒロインであり、幻想郷に来た後も寿命による騒霊達との別れが既に起こっている、という設定を踏まえ、シリアスな話が描かれる傾向にあるようだ。
また公式的な記述とは一見すると矛盾するが、東方時封城など、生存説を取り入れたものも幾つか存在している。

騒霊三姉妹の楽器演奏や服装に関して

上述の設定でも触れられているが、騒霊の「プリズムリバー三姉妹」と、実在した「レイラの姉達」は無関係の別の存在である。強いて言えば「作られる際のモデルになった」という関係があるくらいである。
実際のプリズムリバー四姉妹は音楽に精通していた訳ではなく、「ヴァイオリンやピアノをたしなみ程度にはやっていたかもしれない」程度であったらしい。
また、騒霊三姉妹の元となったレイラの姉達は「今のようなおかしな格好」はしていなかったらしい。人間のプリズムリバー四姉妹は元々貴族の令嬢姉妹であったので、レイラ含め四人とも普段着はお嬢様然としたものであり、現在の三人が着ているような服装は持っていたかどうかから怪しいかもしれない。
そのような事情から、騒霊のプリズムリバー三姉妹が現在のような楽器演奏の技術や格好に落ち着いたのはいずれもレイラの没後、演奏隊を結成してからのことであることが推測される。
ちなみに神主によると騒霊三姉妹は演奏隊結成後「とある理由」で冥界に通っていたらしいが、これはレイラに会いに行っていたと解釈することもできるかもしれない。

関連イラスト

「お姉ちゃん」
それはしとしと雨降る
レイラ・プリズムリバー
レイラです


関連タグ

レイラ
ルナサ・プリズムリバー メルラン・プリズムリバー リリカ・プリズムリバー
ルナサ メルラン リリカ ポルターガイスト 騒霊
プリズムリバー三姉妹 プリズムリバー四姉妹 プリズムリバー 虹川 虹川三姉妹 虹川四姉妹

pixivに投稿された作品 pixivで「レイラ・プリズムリバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137698

コメント