ピクシブ百科事典

レイヴン(ギルティギア)

れいゔん

ギルティギアシリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

格闘ゲームでは現在ストーリーと最新作Xrd -REVELATOR-にのみ、続編のギルティギア2ではプレイヤーキャラとして登場する。
声優は坂野茂安元洋貴(2以降)。

プロフィール

身長181cm
血液型A型
出身地ドイツ
年齢本人も覚えていない
生年月日3月28日
大切なもの殺意を感じさせてくれる人 新しい発見、発明をしてくれる人
嫌いなもの何も愛することが出来ない自分
欲しいもの生きた証
所属「あの男」側近


概要

「あの男」の3人の側近の内の1人。
何故か何をしようが絶対に死なない体を持ち、彼を知る者からは「不死の病」とも呼ばれる。塵と化しても蘇るらしい。
一見穏やかだが、時折ハイテンションになる変態的な性格。紳士ではない。
「あの男」に忠誠を誓っており、同じく側近の1人であり暴走気味のイノとは互いに反目しあっている。

1000年以上前のドイツのごく普通の家庭に産まれ、徴兵されて兵士になる。
優秀な戦士として数々の武功をあげるも、ある夜部隊は奇襲を受けレイヴンも殺されてしまう。
が、直後に不可思議な夢のようなものを見た後に生き返った。この時よりレイヴンは不死の存在となる。
その後は死ぬ事のない人生を送るうちに完全に生きる事に飽き、「死」や「死ぬほどの痛み」を渇望するようになった。

一言で言えばドM
大ダメージを受けると「ンギモヂイィ!!」と叫ぶ大変に気持ち悪いキャラ。
ファンからも「変態」「M」「ンギモヂイィ!!」などと呼ばれている。

最新作GGXrdR家庭版にも参戦。
性能面では、必殺技「ここにされたい」の発動中に攻撃を受けると専用のゲージがたまり、各種攻撃が強化されるといういかにもな性能をしている。
そして上記のドMぶりはグラフィック・演出の強化もあり悪化しており、一撃必殺ではアヘ顔を晒して「いいぞ!」「必ず仕留めろ、必ずだ!」と喜ぶなど大変気持ち悪い。
挙句の果てに刺激的絶命拳では目をキュピーンと光らせ、無闇に良い声を発しつつにやけながらこちらを見るという凄まじいリアクションで、新規・古参を問わず多くのファンの腹筋をDESTROYEDした。
あるキャラの一撃必殺では(1つを除いて)シリアスだが。

ただしストーリー上では冷静で忠実な性格をしており、格闘ゲーム部分とはまるで別人である。
恐らく戦闘になるとテンションが高まり変態的な趣味が現れるのだろう。

外見・服装

XrdRとGG2では服装のデザインが大きく異なっている。

マゾヒスティックな野郎


GG2では左目にコインの付いた仮面を装着し、ボディースーツのようなぴっちりとした衣装にマントを羽織っている。XXまでと一線を画すデザインの多いGG2キャラたちの中でも、性格と合わせてキワモノぶりが引き立っている。

レイヴン・ギルティギア


Xrdでは素顔での登場で、黒いローブを羽織ったスタイリッシュなデザインに一新された。
黒をベースに白・赤・シアンブルーでカラーが構成され、GG2でのアーミーグリーンに灰色の不気味な色合いから大きく変更が入っている。
ズボンもゆったりとしたものに変わっているが、華奢な体格とぬらぬらと動く腕の動きから、キワモノな性格の片鱗が覗いている。
また真横から見ると、頭の杭がちょうどカラスの嘴ようになり、そこを意識してかフードの耳に当たる部分に目の紋様が施されている。

特徴的なのは頭蓋を貫通する杭のような物体。
これは昔「これで頭を貫けば死ぬかも」と自分で打ちつけたもの。

武器

針を使った戦い方をする。特に相手の動きを封じる技が得意。
使い魔としてはその名の通りカラスを使役するが、耐久力が異常に低いためほぼ使い所が無い。

Xrdでも基本武装は針だが、そこに加えて腕は通常キャラより若干長くよく伸びる。

その他

GGXXのストーリーモードでアクセル=ロウとの関連性を匂わせる演出があり、一時期は「アクセルのなれの果てか?」ともファンの間で騒がれたが、結局は石渡氏自ら大きな関連性はないと否定している。

関連イラスト

レイヴン
GG詰



関連タグ

ギルティギア 「あの男」 I-NO ジャック・オー
マゾヒスト 変態

pixivに投稿された作品 pixivで「レイヴン(ギルティギア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70787

コメント