ピクシブ百科事典

レイ・ペンバー

れいぺんばー

レイ・ペンバーとは、漫画『DEATHNOTE』、及びそれを原作とする作品のキャラクター。

概要

アニメ版CV:石川英郎/実写映画版俳優:細川茂樹/ドラマ版俳優:尚玄

1974年12月31日生
山羊座
身長180cm
体重69kg
血液型O型
好きな物は「ナオミ」、嫌いなものは「残業」。
日系アメリカ人のFBI捜査官。元同僚である南空ナオミと婚約している。

キラ事件の捜査のため日本に入国したFBI捜査官の一人。
捜査本部の内部情報を得ていることをキラが示したことで、日本警察関係者を疑ったLからFBI長官が依頼を受けて派遣された。捜査本部長の家族である夜神家などの内偵調査にあたる。

犯罪者やそれに類する悪人以外で月に殺された最初の人物。最初に月が殺害しようとしたのはLであるが替え玉だったため未遂。キラに敵対し、その目的を妨げる人間は悪と同じく排除するという、月の信条を改めて明確にしたキーマンとも言える。

密かに夜神月を尾行するが、死神リュークに見られたことで月に知られ、殺害される。真面目な高校生にすぎない月をキラ事件とは無関係と感じており、凶悪事件に巻き込まれた際月や被害者らを守るためFBIの身分証を出してしまう。その後も即時報告を上げることはなく、妹の監視までは不要と判断して内偵を打ち切る。
デスノートに操られキラと直接接触しており、月の脅迫によって「目にした人間を全て殺せる」と思い込み、不可解な要求に従う。
この結果、潜入中の捜査官全員が同じ行動を取って死亡する。
一般市民が殺されるのを見過ごせない正義感の強い人物だが、常識的で固定観念が強く、思慮の浅い面が多い。  
死の間際にキラの正体を知る。

実写映画版での名前は「レイ・イワマツ」
ドラマ版ではレイ・ペンバーは偽名であり、本名は「Mark Dwellton」とされている他、設定も異なる。
原作では月が米訛りを指摘するシーンがあるが、映像化作品では流暢な日本語になっている。

関連タグ

DEATHNOTE 南空ナオミ

pixivに投稿された作品 pixivで「レイ・ペンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2681

コメント